音楽好きの世迷い言
The melody at night, with you
歪んだギターとアナログの相性
2017-06-28-Wed  CATEGORY: 雑多な話題
自分が住んでいる街に古本屋があると嬉しくなる。


ブックオフでなく、頑固ジジイがグラシン紙を丁寧に巻いた本をキレイに並べているような昔ながらの店だと最高だ。買う気もないのに冷やかしで古本の独特の匂いを嗅ぎたくなる。でも勿論、もっといいのは中古レコード屋があることだ。


我が街には一軒だけレコード屋がある。活気に欠ける商店街の端っこで、白髪に白ヒゲの仙人みたいなオヤジが、レコードと共にカビ臭いエアコンに吹かれながらほぼ年中無休で店を開いている。淀んだ小川の溜まりのように在庫の入れ替えが少ないが、それでも思い出して数ヶ月に一度足を運んでしまう。どんなにレコードの回転が悪くても、大量の音盤を前にすると何時間でも過ごすことができる。


この日の収穫はこちら。

joe1

joe2

Joe Satriani 『FLYING IN A BLUE DREAM』 (1989)

サトリアーニの3rdアルバム。DG付き、USオリジナル。Discogsでは安く大量に売られているが、そう言えばあまり見かけないなと思い購入。500円であった。おそらく殆ど聴かれていない盤で、インナー付き、ピカピカだった。「Flying in a blue dream」はサトリアーニで一番好きな曲だ。まさに不確かな夢の中を飛んでいくような浮遊感のある甘いメロディとエッジの効いたサウンドでのレガートプレイが絶妙。この歪んだギタートーンにはアナログが似合うだろうと思ったら、予想通りクラシックの室内楽をレコードで聴いているような心地良い音色!この曲のライヴは1997年のG3ライヴのものが最高だと思うが、このオリジナルのスタジオVer.も素晴らしい。

サトリアーニのトーンは、そのレガートなプレイのせいも手伝ってホールズワース(R.I.P.)によく似ている。ただ、(確かこの当時はディストーションにコンパクトエフェクターを使ってるせいか)若干チープな感じがするのが惜しい。彼はテクニカル系ギターインストの先駆者だが、気が付けばもう還暦だ。弟子のスティーヴ・ヴァイよりテクニックでは数段落ちると思うが、計算し尽くされた曲の出来が最高だ。直感的なフレージングが多かったテクニカルギタリスト爆発期の80年代後半にあって、理論を上手くプレイに活かしてると思う。

shoscello

もう1枚はラフマニノフとショスタコーヴィチのチェロソナタという嬉しいカップリング。ヒナステラのピアノソナタ第1番を録音しているアルベルト・ポルトゥヘイスのピアノとギネス・ジョージのチェロ。これが、世界一のショスタコHP、工藤さんのリストに載っていない盤なのだ(こんなことは初めてだ)。チェロもまたアナログと相性が良いし、隠れた名盤かと淡い期待を抱いて買ってみたが、これがガッカリ。そう甘くはなかった。とにかくチェロが力不足で、ピッチが合っていない上に音色も良くない。ピアノはそこそこ聴けただけに、ちょっと惜しかった。カデンツァなどのサイトによると、どうやらこの盤はCD化されているようだ。


というわけで、1勝1敗。きっとまた数ヶ月後に、宝物が落ちていないかと通ってしまうのだ。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
10周年記念
2017-06-25-Sun  CATEGORY: 雑多な話題
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
ページトップへ
ブログ開設10周年〜OK Computer 20周年〜
2017-06-25-Sun  CATEGORY: 雑多な話題
おかげさまで、拙ブログを開設し今日でちょうど10年が経った。


この10年間、色々なことがあった。結婚・出産・マイホーム。あとは老いて死にゆくだけだと思ったが、まさかの退職・転職。人生分からないものだ。自分が絡んだ件でヤフーのトップに2回ニュースが載り、サイバー警察5人に囲まれたり、職場に検察官が「証人として裁判に出てくれ」と事情聴取に来たりすることになるとは夢にも思っていなかった(ちなみに私はどれも被害者である)。そんなアンラッキーな人生の傍らにいつも音楽があった。給料はレコードと楽器とライヴにつぎ込み、嫁は音楽つながりで音楽に携わっているのを捕まえたし、親しい友人はほとんど皆音楽好きだ。きっとそれだけはこれからも変わらないだろう。


そんなブログ10周年、私の最も好きな作品の一つであるRADIOHEADの『OK COMPUTER』が20周年を迎えた。先日書いたように諸々のセットを注文したが、Amazonからは予想通りまだ届く気配がない。もし限定のブルー・ヴィニル盤が買えなかったらどうしようと不安に思っていたところ、ユニオンのブログで「極少量入荷!」と書かれていたので、もしやと思い発売日の金曜に新宿へ向かった。新宿本館の1F新品と6Fインディ・オルタナ館では予想通り売り切れだったが、諦めの悪い私はレコードストア5Fに一縷の望みをかけて向かうと、果たして1枚壁にかかっていた。アマゾンからも無事に届いたらダブってしまうが、その時は売るなり友人に譲るなりすればいい。

okcom.jpg

(実は6月16日22日深夜に渋谷タワレコが世界最速発売していたらしい。このニュースリリース日は20年前のUKでの発売日だ)
※ 勘違いを訂正

とりあえずシュリンクを残したまま中からLPのみを取り出し、ひとまず1枚目の1曲目「Air Bag」から5曲目「Let Down」まで聴く。良い。何百回聴いても良い。今更このアルバムのレビューを世界に一つ追加するなぞ不必要だが、ゆえに何を書いても罪には問われないだろう。

1曲目の「Air Bag」からして凄い。東洋的というか中東的というか、およそロックのスケールにはない音階で奏でられる印象的なメロディが、ツッかえたようなリズムを叩き出すドラムに乗る。安直に8分で刻まないダブなベース、きらめくアルペジオとUKロックの教科書のような歪みギター(AメロはひたすらコードがAだ)、うごめく未発見の生命体のような、大胆緻密なバンドアンサンブルを聴かせている。第2曲「Paranoid Android」はレディオヘッドを代表する名曲。やたらとWikiが詳しいのもむべなるかな。それにしても、なんてプログレなんだろうと思う。ジャンルとしてでなく、曲として実にプログレッシヴだ。そして、難曲である。wikiでWeezerがコピーしているのを知ったが、流石に上手い


5曲目の「Let Down」、この曲は何度か話題にしているが、「レット・ダウンをシングルEPで聴きたいな」と思っていたところに、吉祥寺コピスHMVで珍しいものが出ているのを見つけた。

LetEP

「ジュークボックス専用」だという45回転7インチ盤で、カップリングは「カーマ・ポリス」だ。Discogsによると、US版しか存在しないようなのが玉にキズだが(原産国原理主義)、そもそもシングルカットされていない「レット・ダウン」のアナログ7インチはこれしか存在しないらしい。Discogsでも複数売られており、珍しいものではないようだが買ってみた。45回転なので濃密なサウンドを期待したが、それよりは薄い盤が歪んでいて音揺れが気になる。それに耳をつむれば悪い音ではない、気がする。

ブルー・ヴィニル盤に話を戻す。カラーレコードは音が良くないという先入観があったが、今のところ聴く限りでは質感がしっとりとして実にいい。塩化ビニルの色の違いによる音質についてはこのページが興味深い。また、製品も実に丁寧なプレスで、歪みやノイズが皆無。我が家のプレーヤーで針を落とす音すら出ないのは「アタリ」な証拠だ。アマゾンからはまだ通常のブラック・ヴィニル盤もCD2種も届いていないし、97年UKオリジナルとの聴き比べなんて野暮なことは今日はしないでおこう。余計なことを考えずに楽しみたい。


さて、10周年を機に、これからは音楽以外のフツーのこともブログらしく書いてみようと思う。別に政治的な主張や高邁な文章を載せようというつもりはないので、これからも読者の方にお読み頂ければ幸いである。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
一瞬の煌めき~Keith Crossが残した2作品~
2017-06-17-Sat  CATEGORY: ロック・ポピュラー音盤紹介
私は学生時代からプログレを細々と断続的に聴き続けているのだが、ここ数年は特にフォーク寄りの作品も聴くようになった。今回はその中で無人島行きスーツケースへ新たに収めることとなった1枚をご紹介する。


T.2. 『IT'LL ALL WORK OUT OF BOOMLAND』


1970年、イギリスのDeccaから出たハードロックバンド、T.2.のデビュー盤である(再発SHM-CDではT.2と表記されているが、ここではジャケに忠実にT.2.と表記する)。


ブリティッシュ・プログレ・ハードの系列に連なるこのアルバムは、サイケとブルースを基調にしつつも、暗く陰りのあるいかにも英国然としたハード・ロックを聴かせてくれる1枚だ。アンダーグラウンドの匂い立つような(良い意味で)B級感のあふれる内容となっている。メンバーはトリオ編成で、リーダーでドラムとリード・ヴォーカルのピーター・ダントン、ベースとコーラスのバーナード・ジンクス、そしてギター、キーボードにコーラスのキース・クロスだ。


1曲目「IN CIRCLES」、出だしからキース・クロスの不愛想なリフに乗せた歪んだギターの音色が全開で、思わず身を乗り出す。当時の写真を見ると、P-90をマウントしたレスポールを使っているのだろうか、独特の抜けが良くも太い音色がたまらなく魅力的。曲はダントンの筆によると思われるが、地下的ブリティッシュ・ハードロックでありながら随所にプログレ的な展開を見せる。トリオ編成でも薄くならない音響のアレンジに加え、執拗な反復、静と動の対比が見事だ。ダントンのドラムも手数が多めでなかなか演奏力がある。


クロスのギターはクリームなどの影響を見せつつ、よく言えばシンプル、悪く言えばやや単純稚拙なフレージングもあるものの、演奏は実に堂々としたものだ。トレモロピッキングによるハーモナイズド・チョーキングや、ブルージー過ぎないフレーズは個人的にかなりのツボである。勢いと指に任せた速弾きも悪くない。ネット上の情報を信じるなら、なんとこの時17歳。当時教則本も少なかったであろう中で、ディミニッシュを駆け上がるリフ、フィードバック奏法によるノイズやクリーントーンでのカッティングなどなど、時折洗練された音使いを聴かせる。重ねて書くが、ギターの歪みのセンスが良い!彼はメロトロンも担当しているようだから、クラシックピアノの素養があるのかもしれない(ポッと出の17歳がこれだけのギターに加えてキーボードまで弾けるというのはそれくらいしか思いつかない)。


この後、T.2.は解散。90年代に入って評価の高まりを受けてクロス抜きで再結成する。音源を出すが、不参加のキース・クロスの動向は杳として知れない。




彼は何者なんだろうか。




ティーンながら抜群のギターを奏でる彼は、T.2.解散後の1972年に1枚のアルバムを同じくDeccaから出す。そこではT.2.で聴かせたハードなギターとはまるで違う、別人のように老成されたプログレッシヴ・フォークを聴かせるのだ。そしてこのアルバムこそが、私にとって無人島行きの新たな1枚である。


Keith Cross & Peter Ross 『Bored Civilians』


keithcross


寒々とした街角を歩く2人の男を写したジャケットが郷愁を誘うが、それにたがわぬ、そしてそれ以上に洗練されたプログレッシヴ・フォークの傑作である。


キース・クロスの相棒はSSWのピーター・ロス。彼の曲はボブ・ディランの影響を感じさせ、アメリカ音楽的な「キャッチーさ」を内包しつつも厳然たるブリティッシュ・フォークとして踏みとどまっているのは、やはりキースの深い思索を感じる作曲センスによるだろう。

1曲目、ロスの「THE LAST OCEAN RIDER」、美しいアコギのストロークで幕を上げる。エモーショナルなヴォーカルが曲を進めるが、バンドが入ってくると単なるフォークソングではない姿を見せる。エレキギターのブルージーな挨拶代わりの短いソロを挟んで、アコギのアルペジオに導かれるように程良い疾走感のフォーク・ロックが始まるのだ。重ねられるギターがどこまでも美しい。2曲目、アルバムタイトルのクロスによる「BORED CIVILIANS」。ジャケットそのままの、寂しげなアコースティックの音色。3曲目はサンディ・デニーも書いたフォザリンゲイ「PEACE TO THE END」、なぜかこれがEPとしてシングルカットされているようだ。ポップで作品の中ではやや浮いている感もあるが、豊かな彩りを加えているとも言える。2人のヴォーカルは判別しかねるが(ネット上によるとクリーンで透明感のある方がキース・クロスらしい)、どちらもなかなか上手く味わい深い。

前半のハイライトは4曲目、クロスの「STORY TO A FRIEND」。コンガなどのパーカッションも交えつつ、後ろに重心の乗った軽快なビートでロスがハスキーでソウルフルに歌い上げたなら、それはもはやブラック・フィーリングすら感じさせる。T.2.でも聴かれた静と動の対比はここでも巧みで、気が付くとCaravanのジミー・ヘイスティングスのフルートと心地よいシンセに手を引かれながら駆け出していくさまは、カンタベリー・ミュージックの最良のエッセンスが抽出されているとも言えるだろう。これは最もプログレッシヴな1曲。5曲目のロス「LOVING YOU TAKES SO LONG」はそのまま現代のUKチャートを駆け上がりそうな(そして米国的歌メロを備えた)名曲。ロスはこれを切なく切なく歌い上げる。45年前とは思えない、古さを微塵も感じさせない曲の完成度だ。6曲目のクロス「PASTELS」はフォーキーで幾重にも重なったコーラスが美しい。ビートルズ的なエヴァーグリーン感にすら溢れている。アコギのアルペジオもT.2.からは想像も付かないsensibleなもの。7曲目、ロスの「THE DEAD SALUTE」は、どこかカントリーな雰囲気が漂う明るい曲。8曲目、クロスの「BO RADLEY」は美しいピアノの伴奏が印象的なバラード。胸が熱くなる。


ラストの共作「FLY HOME」はこれがフォークアルバムだということを今一度思い出させてくれるギターのストロークで始まり、2人のヴォーカルは抒情的なメロディを紡いでいく。やがてストリングスが加わり、霧がかった明け方の街をそっと去っていくような、そんな静かな美しさに満ちている。再発CDのボーナストラック2曲は、これまたかぶと虫的なUKソング。その高すぎるクオリティに不勉強な私は「誰かのヒット曲のカバーなのか??」とすら思ってしまう。こちらは韓国盤も出ているようだ(BIG PINKなど韓国はフォーク再発にアツい)。


多彩なゲストも光っており、ベースはNick Lowe、エルトン・ジョンのバンドやプロコル・ハルムにも参加したDee Murray。ドラムはSteve ChapmanかTony Carr。Sid Gardnerはベースとキーボード、Jenny Masonはコーラス。Lea Nicholsonはマイク・オールドフィールドもその作品に参加しているヴォーカリスト。ナザレスにも在籍したBilly Rankinはギターでの参加のようだが、当時13歳??しかもチェロを学んでいたというから、ストリングスでの参加が彼か。Tony Sharpはオックスフォード大でも教鞭を取ったオルガニスト??Andy SneddonはEast of Edenにも参加したベーシスト。Chirissie Stewartはベーシスト(やたらベースが多いな)。Brian Coleは1972年に亡くなったアメリカ人ベーシストと出てくるので不明。プロデュースはPeter Sames、60年代半ばからプロデューサーとして活躍した人らしい。アレンジと指揮はTony Sharpが担当しているとある。Googleで調べただけなので、詳細をご存じの方はご教示頂けると幸いだ。


2枚に共通しているのは、Deccaだからなのか録音が良いということだ。どちらもアナログで聴きたい音質である。しかし、2枚ともアナログは高い。恐ろしく高い。特に、「Bored~」の方は「幻の名盤叢書」でも2つ星のレア盤であり、状態良好のものはDiscogsで€800以上からというありさまだ。ごく最近ebayでユニオンにあるものより状態の良いの盤が出たが、やはり手が出せない価格までアッという間に昇ってしまった。


17歳でのT.2.、そして多彩なゲストの中でも19歳ながら老練たる作曲センスを見せつけたこの「Bored Civilians」。Keith Cross、1953年生まれだという彼は、存命ならば今どこで何をしているのだろう?これらの傑作を世に出した後、彼はどうしていたのだろう?

10代の終わりに眩いばかりの煌めきを放つ2枚のアルバムを残して、彼は歴史の狭間に埋もれてしまった。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
最近聴いている音楽 vol.57~リストのパガニーニ超絶再び~
2017-06-17-Sat  CATEGORY: 雑多な話題
フィリペツの衝撃冷めやらぬところにまたリストのパガニーニ超絶が1枚出た。Capriccioから、ヴォイチェフ・ヴァレチェクというポーランド人ピアニストによる演奏である。


ペトロフ盤の世界記録に迫ろうかというフィリペツ盤の後だけに耳が厳しくなってしまうのは予想できたが、とりあえずNMLで流し聴きする。


案の定、これがこの曲集における平均的な「上出来」なんだろうな、と思う。


健闘はしている。もう手放してしまった大井盤とどちらが上かは比較できないが(HDDライブラリのどこかに埋もれているはずだ)、まずまず頑張って音にしている。第1番は出だしの上昇下降音型からして「アレ?」と引っかかる最後の1音への間や音ギレの悪さはある。繰り返されるトレモロもややお疲れのご様子。それによりサビ(というのか?)の同音連打の高揚感はやや薄め。そして微妙に音が被っているような気もして編集を感じさせなくもない。違稿の方は曲のせいかさらに面白みがない。第2番は音はしっかり鳴っているが足取りが相当重いか。足首に重りを付けて踊っているバレリーナのようだ。それは第3番でも顕著である。前2曲よりもあからさまに苦しさが伝わってくるというか、技巧の限界が見えてくる。一言で言うなら爽快感に欠ける。とにかく一部が安全運転を通り越して遅すぎ、ソロソロと忍び足で弾き進めるようなところもある。これはダメだ。


最難関の第4番、これもスローモーションの演技を見るような出来。ちょっと聴いていて辛くなってくる(当然曲が悪いのだが…)。さらに難しい伝説の第2稿は意外と聴けたがやはりペトロフ(とフィリペツ)がいかにバケモノかということを教えてくれる演奏。第5番も同様。自動車教習所の仮免許取り立てのような安全運転だ。フィリペツよりは数段(2段階以上?)テクは落ちる感じ。第2稿も同様。第6番は華々しく攻めてくれれば印象がいいのだが、音の迫力はなかなか良いもののテンポの面でもう少しぶっちぎって欲しいところ(特にフィナーレ)。フィリペツの襲い掛かる猛獣のような戦慄の演奏の前では分が悪すぎたか。


というわけで、これはNMLどまりになりそうな1枚。しかし、健闘は十分に称えたい(尚、大練習曲の方もこの3割増しほどの出来であった)。
ページトップへ  トラックバック0 コメント3
<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005 The melody at night, with you. all rights reserved.