音楽好きの世迷い言
The melody at night, with you
the Anthony Wilson trio 『our gang』 音源聴き比べ
2016-02-20-Sat  CATEGORY: 音源聴き比べ
本日は私の最も好きなジャズギタリストの1人である、アンソニー・ウィルソンのリーダー作品を音源聴き比べとともにご紹介。

the Anthony Wilson trio / our gang


Anthony2

1. Our Gang
2. Chitlins Con Carne
3. Britta's Blues
4. Time Flies
5. Road Trip
6. Luck Be A Lady
7. I Want You (She's So Heavy)
8. Prelude To A Kiss

Anthony Wison:Guitar
Joe Bagg:Hammond B-3
Mark Ferber:Drums
(2000年録音)

彼に興味を持ったのは、ダイアナ・クラールの名盤ライヴ『Live in Paris 』を聴いて、1曲目の「I Love Being Here With You」の知的で練られたソロ、そして7曲目の「Devil May Care」での、絶妙なグルーヴに乗せた信じられないほどドラマチックな名演(勿論耳コピした)に、雷に打たれたような衝撃を受けたからでした(Amazonのレビューを見ると皆さん同じ感想を抱かれてるようです)。私は知りませんでしたが、ジェラルド・ウィルソンというジャズ・オーケストラの生き字引(だった)アーティストの息子だそうです。どおりでトリオ作品の他はビックバンドものが多いと思いました。

ところで、以前ダイアナ・クラールのサポートギタリストは超絶技巧のラッセル・マローンが務めていました。ウェス・モンゴメリーとジョージ・ベンソンを足して2で割ったようなマローンも私は好きですが、アンソニー・ウィルソンを聴いてからというもの、彼の知的でsensitiveなソロと、そして何より素晴らしいギタートーンに完全にやられてしまいました。

Anthony1

ジャズギター・ファン垂涎のナチュラルフィニッシュの1958年製Gibson Byrdland(あのコンディションでフルオリジナルなら200万以上??)で紡ぎだされるそのトーンは、音の輪郭が明晰でありながら尖ったところが全くなく、時にはクラシックギターのナイロン弦を思わせるような美しい透明感としなやかな弦の弾力を帯びた驚異的な音色です。往年のジャズギターレジェンド、例えばケニー・バレルなどの音色は、私にはナチュラルすぎて「カシカシペシペシ」と乾いて聴こえて苦手なのですが、ウィルソンの音はどこまでも柔らかく陰影に富んで深みがあり、熟成された極上の赤ワインを思わせます(現在、彼はメインギターを超高級ギターのモンテレオーネに替えているようです。後述する『Savivity』の時点で、録音で使用しているとのこと)。


さてこのアルバム。正直なところを言うと、この後同じメンバーで2005年に出した『Savivity』のほうがトリオとして成熟し、各々のソロの出来も良いかもしれません(THE DIGのジャズギター・ディスクガイドでもギタリスト兼ライターの山中氏によって『Savivity』の方が取り上げられている)。しかしながら私は、オープニングを飾るウィルソンのオリジナル「Our Gang」の、まさに「魂を撫で回す」かのようなギターを聴くだけでも十分にこのアルバムの価値があると思います。曲のテーマ自体は、(ド忘れしましたが)ジャレットが演ってるスタンダードとケーデンス部分が似てて「どっかで聴いた感」があるのですが、それにしても取っ付きやすく美しいメロディ。ソロでは派手な速弾きに走ることなく、知的かつ洗練された音使いで熟成されたギタートーンをこれでもかと聴かせます。


それにしても、ため息が出るほど本当に美しいトーン...!


先ほど引き合いに出したバレル作のギタースタンダードである2曲目「チトリンズ・コン・カルネ」は重心が後ろに乗ったリズム感が聴きもの。バレルの名演との聴き比べも楽しい。3、4曲目はウィルソンのオリジナル。「Britta's Blues」は美しいバラード。ブルージーなフレーズも泥臭くなく洗練されているのが特徴。「Time Flies」はスピーディでドラムの妙技が目立つ。ウィルソンは音数を増やしながらも、構成の巧みさを保ったソロ。5曲目「Road Trip」はオルガンのジョー・バグの曲。印象的な転調と取っ付きやすいテーマが非凡な作曲センスを感じさせます。ギターの音色とオルガンの響きのなんと見事に合うことか。。シナトラで有名な6曲目「Luck Be A Lady」は実に控えめなギターの独奏から始まりますが、リズミカルなテーマに入ると一転、明るいノリに変貌。ソロは伸びやかで音の跳躍が多く、さらにはオルガンソロの時のギターのバッキングが実にオイシイ。7曲目、意表を突いたビートルズ「I Want You (She's So Heavy)」は気だるくブルージーなアレンジ。3分過ぎからの曲調が変わるところはドラムのエイトっぽいビートで弾きまくる感じ。オルガンはハーモニックマイナー系を織り交ぜてるのかエキゾチックなフレーズを連発。10分近い演奏でけっこう満腹...。ラストのスタンダード「Prelude To A Kiss」は繊細なフレーズを連発。オルガンとドラムをよく聴きながら抑えたプレイ。少し物足りない余韻を残してアルバムは終わります。一聴すると地味ですが、聴くたびに味わい深さに気付かされる渋ーい1枚。


ウィルソンのギタープレイの特徴はロックやブルース、ボサノヴァなどの様々なジャンルを内包し、ジャズを基調としながらもトータルな音楽性として聴かせるところにあると思います。それぞれの色が目立つことなく調和を感じさせる演奏と言ったらよいでしょうか。例えば、彼の他のトリオ作品に『JACK OF HEARTS』というアルバムの中の6曲目に「VIDA PERDIDA ACABOU」という曲があるのですが、なんというかポップでカントリーちっくなアルペジオをテーマに据えつつもなぜだか不思議とジャジーに進んでいき、アブストラクトな短いオブリを挟んで実に心地良く曲が閉じられます。是非聴いてみて頂きたい1曲です。彼の奏でる音楽には、ジャズを幹としつつもあらゆるジャンルを枝葉として伸びる一本の木のような、豊かな音楽性と統一感とがあるのです。「分かりにくい」とか「渋すぎる」と感じる人がいても当然ですが、私はたまらなく好きです。そんな彼を支えるメンバーの演奏も秀逸。オルガンのジョー・バグは自分の役所をわかっているというか、出すぎず出なさすぎずトリオとしての音の厚みも考えたプレイ。良いオルガニストだと思います。ドラムのマーク・フェーバーと組んでリーダー作を出しているようなので、今度聴いてみたい。



さて、それでは音源聴き比べに参りましょう。


① 輸入盤CD(GRV1008-2)
始めに聴いた彼のリーダー作がコレだった。一発で極上の音色と曲の良さにやられたのは上に書いたが、そもそもの録音も良い!ややギターが小さいかなとも思うが、オルガンの音が実によく録られていてジョー・バグのセンスの良いソロが堪能できる。このGroove Noteというレーベルは音質にこだわってるらしく、律儀に録音マイクなどの機材までもクレジットされており、CDでも十分に満足できる音質である。

② ハイブリッドSACD(GRV1008-3)
SACDプレーヤーを購入してからというもの、手持ちの愛聴盤のSACD盤を検索する日々を送っていたところ、この作品がヒットしすぐにポチった。届いてすぐに聴いたが、正直CDを聴いた時との差はそれほど感じなかった(それほど元の録音が良い)。ところが、聴き比べしようとCD→SACDと続けて聴くと全然違う!誰でも判る音の「彫り」の克明さ。SACDと比べると、CDはギターがパサついて高音がうるさく聴こえるようになってしまった。SACDは上にも書いたようにギターの音色が時折「クラシックギターか」と思うほどの透明感と柔らかさ・しなやかさを備え、太くウォームで手の指の動きまで見えるようだ。判別容易なドラムはそもそものリアルさが段違いで、ハモンドオルガンは豊かな音の厚みが全然違う。音の分離も素晴らしい。断然SACDが良い。


③ LP(GRV1008-1)
シリアルナンバーは700番台で、若干後ろのプレスになるのだろうか。針を落とすと出だしの1音からしてCD・SACDとは別物の表現である。デジタルメディアが「各楽器の音のリアルさ」でもって演奏を伝える表現なのに対し、アナログは「音全体の塊りとして演奏を聴かせる」表現である。悪く言えば音の分離が甘いが、ギターが「ギター」、オルガンが「オルガン」として聴こえるのではなく、ひとカタマリの演奏の中での「ギター」あるいは「オルガン」として聴こえる。マスタリングやミックスの違いがあるのかどうかは判らないが、レコードを聴いた後でSACDを聴くと、ややドラムのスネアがうるさく大きすぎるように聴こえる。ちなみに4曲目の「Time Flies」と5曲目「Road Trip」は贅沢な45回転の片面1曲で、さらに音質が良い。上の評価と逆になるが、レコードを聴くとSACDの音の分離の良さは良し悪しかも。レコードは極めて耳馴染みが良く、聴き疲れしない。CDは音のパサ付きが、そしてSACDは音の細部がリアルすぎるため、若干聴き疲れする。それでもトータルとしてSACDの方が良い。


満足度をCDが90点とすると、SACDは98点、LPは95点(Steely Danの時と同じ点数基準ではありません。あくまでこのアルバム限定の話)。SACDはハイブリッド盤であるので、断然こちらを薦めます。アマゾンによると、4月に新譜が出るらしいです。フォーマットはLPとCDとmp3の3つがすでに予約受付として出ていますが、SACDやハイレゾはどうなんだろう・・・出来れば、部屋聴き用のLPと外出時用のmp3の2つで勘弁して欲しいな(苦笑)


そのうち、彼のリーダー作品ディスコグラフィーを書く予定・・・
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
Steely Dan 『Two against nature』 音源聴き比べ
2016-02-11-Thu  CATEGORY: 音源聴き比べ
以前から音源(メディア)の違いによる音質の違いが気になっており、最近の記事で書いたようにドノホー、カツァリス、クライバーンのメディアによる(あるいはCD化・DVD化等による)音の違いで色々考えさせられたので、思い切ってクラシック以外の話題をメインに書いてみます。記念すべき第1回目は、スティーリーダン『トゥ・アゲインスト・ネイチャー』です(ここからはメモ書きをそのまま貼付けるので突然文体が変わります)。




2000年当時、大変話題となった20年ぶりの新譜。今や16年も前の作品となり、語り尽くされたのは間違いない。そんなわけで、今回は音質の比較をしつつも全く個人的な思い入れを中心に書かせて頂こうと思う。


twoaga

①国内盤CD
このアルバムも、過去の作品群の例に漏れず驚異的な高音質である。クリアなギターのカッティング、どうしようもなくグルーヴしてるドラム、ホーンセクションの音のバランス等々、聴くたびに驚かされる。さらには名を連ねるスタジオ・ミュージシャンだけでご飯3杯はイケる豪華さ!カッティング世界一だと勝手に思ってるポール・ジャクソンJr.が8曲目「Nagative girl」のみの参加だったり(冒頭のスライドを絡めたフレーズが彼か?)、ベーシストのはずのウィル・リーはなぜかパーカッションのみを担当しているなど(ソロアルバムで披露しているらしいが)、聴き所満載である。私が最初に聴いたのはユニオンで買った数百円の国内盤中古CDだが、それだけで十分に満足できる音質である。

②LP(EU press)
DiscogsによるとEUのみのUnofficialリリースとあり、どういう経緯でこのレコードがプレスされたのか分からない。かなりのレア盤で3万円overとなっているが、日本では通販ショップだと1万over、ユニオンで出ると1万けっこう手前くらいで、どうやら海外の方で人気が高い模様。肝心の音質、当然と言えばそれまでだが、CDとほとんど同じに聴こえる。

正直音質的に大枚はたいてこのレコードを探す必要は全くないが、個人的にこれを入手した理由はただ一つ。私がSteely Danで最も好きな曲のひとつである、最終トラック「West of Hollywood」の、延々と続くクリス・ポッターの凄まじいサックス・ソロを是非ともアナログで聴きたかったのだ。この曲を聴いた時は本当にビックリした。『Aja』でのショーターのサックスソロを思い起こさせるような、素晴らしいtakeだと思う。当時30歳手前のポッターの、コンテンポラリーを基調としながらも歌心のあるブロウが炸裂している。彼は1991位のモンク・コンペティションでジョシュア・レッドマン、エリック・アレキサンダーに次いで3位だったが、個人的にはその2人以上によく聴いており、ちょっとBob Berg的な渋みというか、苦みを含んだ音色がたまらない。超絶技巧ギタリストのアダム・ロジャースと組んで出してる盤は特に愛聴している。ポッターは94年の日本ツアーにも参加しているそうだが、20年振りのこの新譜に、並みいるベテランの中でポッターを起用して超長尺のソロを任せたベッカーとフェイゲンは流石の慧眼である。サックスをやる友人にポッターの吹いた「All the things you are」の譜面を見せてもらったことがあるが、スゴすぎてtranscribeする気にもなれなかった記憶がある。

しかししかしこの曲で本当にスゴいのは、派手なフィルインをほとんど入れず、ねちっこくシンプルな8ビートだけで心地よいグルーヴを醸し出しているSonny Emory(ex. Earth, Wind & Fire)のドラムではなかろうか。ネット上では「地味」というコメントも見かけたが、むしろ私はこのような演奏を評価したい。

さて、随分と横道にそれたが、期待したサックスのゴリゴリ感はそれほどでもないが音質的には(この曲に関しては)満足である。CDだと「ブオ」という感じだが、アナログだと「ヴォオ」とより生っぽく臨場感が増す。いや、高い金を出して買ったので私の脳内がそう思いたいように聴いているだけなのかもしれない。我ながらレコードバカというか、なんというか・・・。ただし、やはりレコード内周に近付くにつれてやや歪みっぽくなってくる感は否めない。この曲がB面最終曲なので致し方ないことではあるが。アナログの空気感はCDを軽く上回るが、音質差には数十倍の価格差ほどは勿論無い。


③DVD-AUDIO
レコードを見つけて満足していたが、いつかはハイレゾに手を出そうかと思っていた。が、ある時ユニオンでふとDVDオーディオ盤を見つけてしまった。価格は4000円弱ほどだったろうか。ちょっと迷って、アマゾンでは入手困難なことと、どうやらハイレゾ音源と同じbit数・サンプリングレートであることを確認し、同音源だったとしたらハイレゾの方が安いし・・・と迷ったのだが、ええいと思い切って買ってみた。

再生はノートPCで試みる。私はWinとMacの両刀使いなのだが、最近買ったWinノートPCではなぜかfoober2000にDVDオーディオ再生用のASIOが上手く入れられず、Macで再生することに。しかーし、MacBookに標準で入っているDVD再生ソフトを使うと音量が均一化してしまう現象が起こって困っていたところ、愛読しているgeppamenさんのブログにもちょうど同様の事例が書いてあり、VLCを使うと良いとのこと。元々入れていたVLCを追加updateしてようやく無事に鳴らすことができたので(それでも所々でなぜか音量が小さくなるような気がするが)、DenonのSACD&USB-DACプレーヤーに繋いで再生。


これが素晴らしい。100点のさらに上があるような、素晴らしい音質!


国内盤CDが95点、LPが98点とすると、DVD-AUDIOは110点くらいありそうな感じだ。聴き慣れた1曲目の「Gaslighting Abbie」のクリアーなギターのカッティングは、まさに目の前で鳴っているようだ。全ての楽器にリアリティがありながら、全体のバランスが絶妙なためそれぞれの楽器が声高に主張することなく、聴き進めていくにつれ「こんな音が鳴っていたのか!」という感激に身が震える思いがする。ヴォーカルは喉の振動までが伝わるようで、音の聴き比べで分かりやすいシンバルの音の伸びは過去最高に美しいさざ波を立て、タイトなスネアの音色は膨らみがちなバンドアンサンブルを的確に引き締めている。音には私より遥かにうるさい嫁も「明らかに違うわね」と漏らす。余談だが、彼女はHDtracksで買って落としたロリンズのサキコロを「薄い!」と一刀両断した女だ(ハイレゾの名誉のために言っておくと、マイルスの『カインドオブブルー』にはそんなことは言わなかった)。

もう一度書くが、最も驚いたのはギターの音色だ。ピアノとギターが我が家にはあるので(サックスもあるが)、生音を聴く機会が最も多い楽器なわけだが、これまで何千回と鳴らしてきたギター&アンプの「まさにそこで鳴っている感」に近いものがスピーカーから聴こえてきた。こんな素晴らしい音楽ソフト体験は今までにしたことがない。Steely Danの音質へのこだわりには完全にやられてしまった。。

そして、大いなる期待を持って最終曲のサックスソロを聴く。正直アレ?と思う。音の彫りのキメの細かさはアナログを優に上回るのだが、どうもガヅンと身体にぶつかってくる感じがしない。心地良い音の塊りを全身で浴びるような、そんな快感が、期待したほどではなかった。もしやと思って続けてレコードを聴くと「コレコレ、この感じ!」と妙に納得してしまう。以前から書いているように、サックスやチェロなどの弦管楽器は、リアルな再現度よりもアナログの空気感が優位なのかもしれない。完全に私の先入観なのかもしれないが・・・。レコードはある種の「デフォルメされた音」だと思っているので、ハイレゾの「リアルな音」が常に良いとは限らないという一例をサキコロに続いて見た気がする(オーディオユニオンの店員さんによると、「結局ハイレゾはマスタリングするエンジニアの腕ですよ、腕」とのことだが)。


とまあ、色々好き放題書いたが、全体としては圧倒的にDVD-AUDIOの音質が良い。今度気が向いたらハイレゾの方も聴いてみようかと思う(が、ホントにDVD-AUDIOと全く同じ音だったら泣ける)。

次回もジャンルにこだわらずに書く予定・・・
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


余白 Copyright © 2005 The melody at night, with you. all rights reserved.