音楽好きの世迷い言
The melody at night, with you
最近聴いている音楽 vol.46〜ベンジャミン・グロヴナー『Homages』〜
2017-01-30-Mon  CATEGORY: 雑多な話題
ベンジャミン・グロヴナー(Benjamin Grosvenor)の昨年出た比較的新譜。





曲はバッハ=ブゾーニ/シャコンヌ、メンデルスゾーン/前奏曲とフーガ第1番・第5番、フランク/前奏曲、コラールとフーガ、ショパン/舟歌、リスト/ヴェネツィアとナポリ。これもシャコンヌ以外は2回しか聴いていないが、短くサラッと書いてしまう。


勿論、シャコンヌが目当てで買ったのだが、14:06という演奏時間に一抹の不安を覚える(私の基準からするとやや遅い)。それは的中、ひと言で表すなら私と波長が合わない。私はオピッツやレーゼルのように整って格調高い演奏が好みで、ロマンに振れている演奏は苦手なのだが、グローヴナーは残念ながら後者のタイプに分類されそうだ。まず、録音が風呂場系でジャブジャブしてる。鉄製の螺旋階段の上で弾いているピアノを最下部で聴くような感じ(残響で音が濁りまくり)。技巧のキレは文句がないのだが、変奏ごとのテンポの揺れや、急速部分の前後でのロマン派的なタメや見栄の切り方が残念。ラスト直前では一部右手をオクターヴ上げて弾いてる?・・・勿論質は高く、決して悪い演奏ではないのだが、彼のデビュー盤を聴いて大きな期待をしているほうとしては肩透かしかも。少なくとも、比較対象となりそうな同系統のガヴリリュク盤ほどの感銘は受けなかった。というわけで、読者の方で私と同じ嗜好をお持ちの方はこれだけ目当てで買われるのは注意が必要と思われる。


続くメンデルスゾーンの前奏曲とフーガ、恥ずかしながら初めて聴いた。どこかで聴いたような旋律だったりするプレリュードの後を受け、フーガでカッチリ引き締めていて面白い。フランクは私の大好きな前奏曲、フーガと変奏曲でないのが極めて残念だが、これも(曲への感度が高いわけではないが)良い演奏。ラヴェルの「夜のガスパール」で見せたキレと凄みがある。ただし、録音のせいなのか、ここまで雰囲気というか曲想が似ているものの連続な気がする(まぁ変奏曲のシャコンヌから始まって、前奏曲〜フーガの連続だから当然だけど)。ショパンの舟歌、これは抜群の出来。やはり彼にはこういう比較的自由に歌える曲が合っている。最後のリストも秀逸。トリを飾るのは昨日書いたガヴリリュクとの「タランテラ」対決、演奏時間はグロヴナーの方が約30秒ほど短い。この段階ではどっちがどうと軍配を上げられそうにはない。これからじっくり聴き込んで比較するのが楽しみだ。


いつも思うのだけれど、音楽のこんな味わい方はクラシック特有だ。ほんとに楽しいのだけれど、ロックの友人達は理解してくれるだろうか。評論家気取りかとバカにされそうだ。まさにpersonalな意味でクラシックは評論家的に楽しめればいいと思っている。つらつらと書いたが、ガヴリリュク盤共々、若手の技巧派好きならオススメである。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
最近聴いている音楽 vol.45〜ガヴリリュクのブラームス/リスト〜
2017-01-29-Sun  CATEGORY: 雑多な話題
ヴォンドラチェクのHMV抱き合わせをぼちぼち聴いている(エリコンの残りもまだ聴いていないのに笑)。


1枚目はガヴリリュクのブラームス/リスト集。曲はブラームスのパガニーニ変奏曲第1・2巻、リストのコンソレーション第3番、メフィストワルツ第1番、トリスタンとイゾルデより「イゾルデの愛の死」、死の舞踏(サン=サーンス-リスト-ホロヴィッツ)、タランテラ。まだ2回ほど聴いただけだが、書いてしまう。


ブラパガは彼の一体何回目の録音なんだ?と思うほどだが(多分3回目)、勿論悪くない。しかし、テーマや一部の緩徐変奏でやたらとテンポを落とすなど、年齢とともに濃ゆい演奏になっている(第13変奏は遅すぎ?)のはちと残念な感じ。第1巻最終変奏もスピード感はいまひとつ。第2巻の方はやたらと力強さが目立ち、気合いを感じる。「慰め」第3番はその濃い語り口が良い方向に作用している。期待のメフィストワルツは11:25でやや遅め。前半は所々のタメが多めなのがややかったるいものの、勢いと迫力はかなり期待通り。歌う部分のセンスの良さが失われていないのがイイ。例の跳躍部分も合格。kyushimaさん評価で言えば○以上○-◎以下は堅そうだ。イゾルデも音楽性で勝負してる。重低音の迫力もなかなかで、語り口との対比が巧みである。死の舞踏は2度目の録音でオハコだけあって、歌には気品と余裕まで感じる(ちなみに、演奏時間は前回よりなんと50秒ほども短い!)。タランテラは浜コンで演っていたそうだがコンクールCDには未収録だったので、一般向けにはようやく手に入ったか。これが今回一番価値があるように思う。


というわけで、30歳半ばに近付きつつあるガヴリリュクだが、ブラームスではやや年齢相応の変化も感じられたものの、後半のリスト集は期待通りに近い出来でやはり要チェックなピアニストであることを再確認した次第。あとは、新しいレパートリーを聴かせてくれれば尚嬉しい(ショパンのソナタを待っている笑)。


追伸:どうやら2月にソコロフの今まで未発売だったラフマニノフ3番が正規発売で出るらしく、非常に楽しみ。早速ヴォンドラーチェクの対抗馬足りうるか?期待したい。

前回の岡田盤(passはいつものピアニスト頭4文字)
http://14.gigafile.nu/0205-a891f26fb839a0b22656561102a1ef56
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
最近聴いている音楽 vol.44〜岡田博美・第2回日本国際音楽コンクールライヴ〜
2017-01-29-Sun  CATEGORY: 雑多な話題
忙しくてちょっと間が空いてしまった。



財布の紐が緩んだ年末年始前後に購入した盤を順次聴いている。あまりに大量にあるので全部「聴いた」と言えるまで3ヶ月はかかりそうだ(なぜかこの冬はロックをメインで買っていたが・・・)。今日はそんな中でもレコードを取り上げる。


okadasolo


岡田博美『IMCJ イン ライブ』と題されたアルバムで、以前紹介したレコードのソロ部門の録音である。今時、こんなレコードを喜んで買うのは私くらいなものなのだろうか、ヤフオクで帯付き美品が500円であった。


収録曲はラヴェル/夜のガスパール、間宮芳生/ディフェレンシアス、バルトーク/ピアノソナタ、シマノフスキ/メトープである。岡田博美はブラームスのパガニーニ変奏曲やこの「夜のガスパール」など、コンクール挑戦時代のレパートリーである名うての難曲を後年スタジオ録音していないのが残念。そんなわけで興味深く聴かせてもらった。


ラヴェルは予想通りメチャクチャ巧い。ほとんどミスらしいミスもない。全体的にテンポが速い。5:30/5:43/8:34であるから、特に「オンディーヌ」の速さは際立っている(私の手持ち盤で最短)。急速部分が猛烈に速いというよりは、淡々と進む感じで体感的にはそれほどでもない。緩徐部分を早歩きで通り過ぎる感じ。「スカルボ」も鮮やかだが、名演数多のこの曲にあって、細部の精度ではコンクールライヴということを考えると少々部が悪いか。マズいのが「絞首台」で、この曲はとにかくシュフのコンサートでの空前絶後の名演が記憶にあるだけに、この味気なさは頂けない。しかし、とんでもないテクニシャンだと思う。


間宮芳生の「ディフェレンシアス」はコンクール委嘱作品。詳しくコメントできないが、打撃系っぽい面白さもあって意外と聴ける。バルトークのソナタはあまり聴かない曲なのでこれも苦しい感想になるが、岡田氏の「熱っぽいところ」が聴ける面白い演奏。最後のシマノフスキ、これが非常に良い演奏で、楽譜の風景の不破さんが書かれているシマノフスキのソナタの話を思い出した(このレアなCD、探して見つけて買ったが音が悪く、音源だけ取り込んで手放してしまった。ちなみに岡田氏は第3番を弾いている)。


まあ兎にも角にも、埋もれさせるには惜しい演奏である。これもお年玉行きかな(10周年記念継続中なので、年始以外でも蔵出し予定)。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
最近聴いている音楽 vol.43〜ラトルBPOブラームス交響曲全集ダイレクトカッティングLP到着〜
2017-01-21-Sat  CATEGORY: 雑多な話題
今日は4歳の息子を連れて下北沢へ。


電車が大好きな彼が井の頭線に乗りたいと言ったので、出かけて来た。勿論、私の目的はユニオンである。着いてスマホでyoutubeのウルトラマンを見せている間に(そんなことしちゃイカン)、レコードとCDを漁る。年末年始、財布の紐を緩めすぎてカードの支払いがえらいことになっているため、かなり自重して手元に残ったのはスティーヴン・スティルスの1st数百円(汗)。。他にずっと探していたダイアナ・クラールの『Live in Paris』の初期LPが9000円弱(ユニオンでは初めて見た)、マイルスの『Kind of Blue』オリジナル盤ステレオDGがジャケ痛みのため16000円弱(!!)などというかなりのお買い得価格で(ちなみに茶水駅前店で同フルオリのカインドオブブルーを見たが6万円(!!)over)、思わず手を伸ばしかけたが歯を食いしばって自制した。下北は土地柄ゆえかクラシックを売る人が少ないらしく、店の隅にあるクラ棚は閑散としている。帰りはマックでアプリのクーポンを使ってチキンナゲットを食べさせ、「ママには内緒だぞ」とユニオンの件を口止めをした(速攻でバラされたが)。



さて、本日以前記事を書いたラトルのブラームス交響曲全集のダイレクトカッティングのレコードが到着した。


dan2


実は受け取るまで一筋縄では行かず、ベルリンフィルの担当者から「間違ったものを送ってしまったので、最初の方は受け取り拒否して欲しい」とメールが来ていたのだ。何度も「正しいのはどちらか、どういう違いがあるのか」と返事を書いたのに、その一切返信が来ない(まったく海外の連中と来たら・・・)。その上、ほぼ同時に届いた2箱は全く同じ外見である。よくわからない国際消印?を郵便局の窓口でなんども確認し(間違った方を開けると返送してもらえない)、意を決して受け取った。Steely Danやノヴァエスの時もそうだが、私はなぜかこういう目によく遭う。しかも、先に届いた方は関税??がかからなかったのに、受け取った方は1500円も追加で料金を取られた。非常に納得がいかないが、トータルで67500円ほどで買えて28500円近く浮いたのでまあよしとしよう。これでしばらく5桁のレコードは買えそうにない。。。嫁に見つかると「それは投資でしょ?値上がりするんだから、売っちゃダメよ」と言われ永久に聴けそうにないので、ひとまずノートPCを買ったときの段ボールに隠した(笑)


rat


とりあえず、レコードプレーヤー周りをこのレコードを再生するのに相応しいものにするまで(せめてカートリッジは替えたい)、未開封で保存することにした。お世話になっているリアル友人クラシック仲間にはハイレゾで録音してそのうちプレゼントしようかとも考えている。つい最近、尊敬する超大物クラHP管理人の方から2年以上前にmessengerで申請を頂いていたことに今頃気付き(なんて失礼!)、ようやく繋がった(やはりリアルでも物凄い方でした・・・)のでお贈りしようかしら。



ところで、先日の記事に頂いたコメント欄にも書いたが、題名のない音楽会の「超絶技巧のピアノ曲」特集は凄かった。森下唯氏アルカン『鉄道』(!!!)と福間洸太朗氏によるバラキエフ『イスラメイ』には夫婦で釘付けになった。


特に、森下氏の鉄道は、過去のどの録音よりも素晴らしい。「鉄の塊りが・・・」とコメントが入った場面の、剥離した両手で超高速で跳躍を繰り返す箇所は見ていて戦慄が走った。。。早速youtubeに動画が上がっていたが、すぐ消されそうなのでリンクは貼らない。福間氏のイスラメイも(やや優等生的だが)実に正確で素晴らしい演奏であった。日本人ピアニストは最近ほとんどマークしていなかったが、本当に驚いた。私はアルカンはあまり追いかけていないのだけれども、まともな録音はほぼアムランだけ(『イソップの饗宴』はIgor Romaの方が好き)という状況に風穴を開けたのではないだろうか。兎も角、ピアニストの技巧は新時代に入って来ているのかもしれない。これからは海外だけでなく、日本も逃さずチェックしなければいけないと痛感した。


それにしても−−−−この人の知性というか物の見方、考え方というのは凄い。佐村河内守の例の騒動についてブログ記事を書かれているのだが、これ以上何も付け加えることはないし、引けることもない、という完璧な論評だと思う(筑駒→芸大という時点で常人ではないわけだが・・・)。


少し前のブログでゲスの話題についての見解を書いた。我が青春のCHAGE AND ASKAも、あの騒動の後は複雑な気持ちでいっぱいだが、それでも彼らの書いた名曲は私の中で些かの輝きも失ってはいない。


要するに、音楽はpersonalなものでよいのではないかと思う。


アイドルが歌おうが三大テノールが歌おうがカラオケの巧いおっさんが歌おうが、素晴らしいものは素晴らしいし、好きなものは好きでいいのではないかと。クラシックのコンサートではなく、うちの子の幼稚園の音楽会を喜んで聴きに行くのはまさにそれが理由だろう。


Joyce Hattoの盗作事件では背筋が凍ったが、私が提起したVictorのショパン名曲100のソナタ第3番の『ブーニンと見せかけてティエンポの演奏事件』は誰も同意してくれないのでちょっと不安である(私の耳がおかしいのだろうか・・・それとも気のせいなのか)。レコード会社がそういうことをしたら信用を失うと思うのだが・・・。


などなど、つらつらと要領を得ないことを書いて最近聴いている音楽についてひと言も触れていないが、ついにヴォンドラチェクが入荷したようなので、近々まとめて内容のあるものをお書きするということでお許し願いたい。


ページトップへ  トラックバック0 コメント2
最近聴いている音楽 vol.42〜スルタノフのショパン〜
2017-01-17-Tue  CATEGORY: 雑多な話題
もう閉店してしまったが、秋葉原の石丸楽器のクラシックコーナーは新譜販売店としては恐ろしく充実していた。


そこではスルタノフやマツーエフのSacrambow盤が常時販売されていたので「いつでも買える」という安心感があったのと、スルタノフには先入観があって購入を先送りしてきた。そのうちにサクランボウ盤は見かけなくなったが、その後オクタヴィアレコードが権利を買ってスルタノフの録音は2枚組になって無事再発されたようだ。


今回、ユニオンで見つけたそのSacrambow盤を聴いた(石丸楽器を思い出して切なくなった。尚、同じ演奏であるのでユニオン等では「伝説の日本ライヴ」と銘打たれた2枚組の方を買われますように)。概ね2年後のチャイコフスキー・コンクールでの演奏と(当然ではあるが)同じである。しかしながら、コンクールの緊張感とは違い、ショパンコンクールで最高位後の大人気の中での来日ライヴということもあり、程よいリラックス感とサービス精神とが相まって、彼としては非常にバランスが取れた演奏となっているように思う。第1楽章がテンポ速めなのは私好みだし、第3楽章の歌い方など実に叙情的で素晴らしい。終楽章のタメやルバートなど、もったいぶった感じは勿論あるが、気合い入り過ぎのチャイコンほどでないし、何より弾き飛ばすような荒さがなく細部の完成度が高めなのが嬉しい(そのせいか終楽章はやや遅めの4分42秒)。よって、チャイコンを○に下げさせて頂いた(勿論これも悪くはないしいい演奏)。


私は1989年のクライバーン・コンクールでのショパンのソナタ第3番は所有していないが、kyushimaさんのレビューを見ると、新たに入手する必要はなさそうだ(笑)。ちなみに1995年のショパン・コンクールでのソナタはyoutubeで見ることができる。終楽章のみ視聴したが、なんと演奏タイムは5分17秒という、彼としては異例な遅さで、「スルタノフでもショパンコンクール仕様で演奏するのだなァ」と思ってしまった(あまり速く弾くと審査員の印象が悪いと考えたのだろう。アクの強さは変わらずテンポだけ遅いので個人的にはイマイチ)。同コンクールのCDは一度も見たことがないので相当なレア盤だと思うが(スルタノフの応援HPにもそう書いてある)、この動画を見る限りこの盤も探す必要はなさそうである。


合わせて、終楽章の切れ味の鋭さでタメを張るポゴレリチのFKM盤も聴き直した。時に柔らかく流麗な音運びと歌い方を聴かせるスルタノフに比して、ポゴレリチは時として聴き手を緊張感の渦に巻き込む突き放したような解釈を見せる。これは2番では成功していたが、曲想的に3番ではどうなのかという気もしてきた。以前評価を○に下げたが、それを改めて再確認した。今後はアリアCDさんに入会して、Lucky Ball盤を入手するかどうかが目下の検討事項である(笑)。


もう一つ、私が比較的近年のスタジオ録音を高く評価しているフリッターの2000年ショパンコンクールライヴを久しぶりに聴いた。新盤では勿体ぶった遅さが気になって☆は付かなかったが、聴き直してみるとこちらは「もっとテンポを上げてくれたら・・・」という欲求不満を解消する演奏である。具体的には8'39"/2'46"/8'48"/5'05"という演奏時間で(実際には1トラックにまとまっているので私が計算したため誤差はある)、極めて私好みであった。とにかく詩情に溢れ、コンクールの緊張感にも負けずにライヴならではの躍動感があって活き活きとしていて、これほどまでに隅から隅まで音楽的に充実している演奏も珍しい。初めてこれを聴いた時は技巧の物足りなさやミス、さらには咳払いなどのオーディエンスノイズが気になったのでを付けた覚えがあるのだが、この度評価をに大幅アップさせて頂いた。このような行為は私として汗顔の至りであるが、どうかお許し願いたい。このCD、当時15年ぶりにユンディ・リがショパコンを制覇して話題になったため、第2位の彼女のCDはあまり見かけないが、探される価値は十分にあると思う(maxellレーベルでレアだがユニオンでは1000円を切る価格で半年に1度程度見かけているので諦めてはいけない。尚、東京都の方なら文京区立図書館で借りることができる)。

ページトップへ  トラックバック0 コメント2
<< 2017/03 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


余白 Copyright © 2005 The melody at night, with you. all rights reserved.