音楽好きの世迷い言
The melody at night, with you
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
岡田博美のデビュー盤
2012-06-04-Mon  CATEGORY: 廃盤再発推進委員会
今回は私が日本のアムランと勝手に思ってる(アムランの方が年下ですが)岡田博美のデビュー盤?のリスト集をご紹介。曲は3つの演奏会用練習曲、ペトラルカのソネット第104番、指摘で宗教的な調べより第3曲孤独の中の神の祝福、2つの演奏会用練習曲です。1988年、ロンドンEMIアビーロードスタジオでの録音で、当時30歳頃の演奏ということになります。


岡田博美


これは岡田博美が最初に出したCDと思われるのですが、本人のホームページのディスコグラフィーには記載がなく(レーベルの問題?)、ヤフオクやAmazonの中古でも見かけない状況が続いています(ちなみに彼の音源としての最初の盤は第2回日本国際音楽コンクールのLPだと思われます)。


内容は彼らしい洗練された技巧が全開で、どこまでもスマート。反面、シリアスさや重厚さに欠けるきらいがあるというか、軽量級というわけではないのですが、もう少し輝かしく力強い和音や音色の変化が欲しいところです。また、音楽性の面でも深みというか、もう1段踏み込んだ表現が足りない感じ。日本人は(例えば横山幸雄もそうですが)テクニックは凄いのに歌心に欠けるテクニシャンが多いような気がします(その意味では、2003年のエリザベート5位の松本和将などは、珍しく非常に音楽性にも優れているタイプで、個人的にお気に入りです)。しかし、(ライナーにも書かれてますが)日本人でこれだけのスマートなリストを弾ける人はそうそういないでしょう。


第1番悲しみは落ち着いた雰囲気の中、甘美な旋律を奏でる部分でも、ややモノクロームなピアノの音色が引き締まった印象を与えています。第2番軽やかさでは絹のヴェールを纏ったかのような滑らかさ極まる指回り。リストというよりショパン的演奏。第3番ため息も同様。ペトラルカのソネットは数多の競合盤と比較して、響きの美しさや力強さには欠けるものの、続く孤独の中の神の祝福では、スタティックとさえ言える表現の中から旋律が静々と湧き出てくるような美しさがあります。このようなヴィルトゥオジティを全く感じさせない洗練されたLisztのアルバムは、ある意味とても貴重かも(個人的にはそこにこの盤の最大の価値を感じています)。


この中で特に素晴らしいのは、トリを飾る小人の踊り。いかにも彼向きの選曲でこれを最後に持ってきたのも納得の出来の極めて鮮やかかつ流麗な指回りで、細部の精緻さではあのクズミンの演奏よりも上かも(単に演奏の方向性の問題かもしれませんが)。個人的に同曲のベストの演奏だと思ってます(ちなみに演奏時間は2:47)。


岡田氏の録音ではアルベニスのイベリア、ベートーヴェンのハンマークラヴィーア、それにシマノフスキのソナタをよく聴きます(録音が悪いのが残念)。前述した第2回の日本国際のLPではブラームスのパガニーニ変奏曲とプロコフィエフのコンチェルト2番を弾いており、長いこと探してるのですが出てきません(この第2回のヴァイオリン部門のLPは先日見かけたのですが・・・)。


最近は年齢からか技巧の衰えも感じさせる彼ですが、テクニック的に全盛期と思われるこの盤は是非再発して欲しいと思います。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 The melody at night, with you. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。