音楽好きの世迷い言
The melody at night, with you
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
第6回 浜松国際ピアノコンクール 2006 vol.2
2007-11-20-Tue  CATEGORY: 音盤紹介
引き続き2枚目の感想を。


まずは第2位だったセルゲイ・クズネツォフによるプロコフィエフのコンチェルト第3番。ネットで観たときはイマイチ音が出ていないかなと思っていたのですが、意外や意外、バリバリ弾ききっています。第1楽章は特に力強さに加えて流麗な音運びも見せており、終楽章のスピード感もかなりのもの。惜しむらくは少々ミスが散見されるところと、もう一押しの個性が無いことでしょうか。それでも、ライヴでこの完成度はなかなかのものです(今回も録音の良さがここでも上手く働いているように思います。ちなみに、この曲のマイベストはブロンフマン、バルト、ペトロフ(LP)辺りです)。続いて、ラフマニノフのエチュード音の絵よりOp.39-3。正直、これを単曲で弾くことに魅力をあまり感じないので、あまり評価できないかも。数多の力強い演奏に比べると少し不自由を感じないでもありません。お次はグバイドゥーリナのシャコンヌ。この曲は、僕が大好きなニコライ・デミジェンコのウィグモア・ホール・ライヴで聴いていたのですが、それと比べるとよりスマートで整ったコンクール向けの演奏。デミジェンコは冒頭の和音など、心臓が止まるほど強打していますが、クズネツォフは概ね常識の範囲内で、解釈にも深い読みが感じられます。この曲の良さを十分に知らしめることの出来る演奏と言って良いでしょう。ただ、若干スマートな分、技巧的なキレや迫力はデミジェンコの方が上かもしれません。第1位だったゴルラッチより10歳も上ですが、流石に大人のピアニズムを感じさせてくれました。



次は第5位のワン・チュンによる演奏です。ショパンのエチュードOp.25-3はかなりの精度。テクニシャンであることがわかります。続いて、ラヴェルの『夜のガスパール』よりスカルボ。これはテンポも相当に速く(8:24)、ダイナミックさも凄い。キレがあって、音も明晰、畳み掛けるような勢いがあって正統的な解釈です。メシアンの『喜びの精励の眼差し』。これも力強く、端正な演奏。有名なミシェル・ベロフの名盤(スタジオ録音)と比べると多少劣る感じは受けますが、それでもライブとしてはあっぱれな出来。彼は非常に整った、磨きぬかれた演奏をするタイプで、それを支えるテクニックも確かだと思います。その反面、例えば優勝したゴルラッチのような、たゆたうような音楽性は感じられず、好みが分かれるかもしれません。それでも良いピアニストには違いなく、もう少し順位が上でもいいような気がしました(今気が付いたのですが、ゴルラッチは音楽性の方向がラファウ・ブレハッチと似てる気がしないでもないです)。


そして最後は奨励賞のクレア・フアンチ。この若干16歳の女性ピアニストを僕はネット配信では一番注目しておりました。予選からほとんど全部観ましたが、とにかく音楽性が凄い。自由奔放で、それを支えるテクニックもずば抜けています。アルゲリッチもかくやと思わせる闊達な技巧が魅力です。このCDには残念ながらバッハ=ブゾーニのシャコンヌのみの収録ですが、好きな曲なのでよしとしましょう(本当言うと、リストのドン・ジョヴァンニやショパンのソナタ第3番が聴きたかった)。演奏は一言でいうとロマンチック路線。緩急が激しく、急速部分はメチャ速いです。ただ、ネットでは気づかなかった和音のミスが散見されて、これはちょっとマイナス。第1部ラストの畳みかけるような高速アルペジオも凄まじいです。シャコンヌ好きならこの1曲のために買ってみるのも冒険でしょう。彼女が何故入賞出来なかったのか理解できませんが、審査委員長の中村紘子も一応評価していたようなので、まあいいでしょう。とにかく、彼女には一刻も早くデビューCDを出してもらいたいものです。


1枚目・2枚目と、価格を考えると今のところなかなか良い感じです。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
クレア・フアンチ
コメントジュスマルダホス | URL | 2007-11-23-Fri 19:38 [EDIT]
この人確かに凄かったですね。
で、さらにそれを確信したのが、この映像。
プロコのコンチェルト2番です。
http://jp.youtube.com/watch?v=bWKT8VpGkZU

静かな部分がちょっとにぎやかで一本調子ですが、ミスタッチを恐れず一気呵成に行くカデンツァは圧巻です。若い時はこうでなくっちゃ。
おおおおおお久しぶりです!
コメントA太 | URL | 2007-11-25-Sun 10:19 [EDIT]
凄いですね、これは!
まるで若かりし頃のアルゲリッチが弾いているようですね。
今年のエリザベートコンの覇者の女性が弾いた2番より確実に凄い演奏だと思います(笑)

それと、以前の話題ですが、ヴェスタルド・シムクス君のCDがなかなか入ってこないですね。う~ん欲しい。。。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 The melody at night, with you. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。