FC2ブログ

The melody at night, with you

音楽好きの世迷い言

Francesco Grillo / Vivaldi: The Four Seasons, etc

フランチェスコ・グリッロというイタリアのピアニスト&コンポーザーの作品を聴いた。

ピアニスト&コンポーザーというワードは久々に目にした気がする。原曲に彼なりの編曲を加えているようである。販売元による情報では次のように書かかれている。


イタリアのピアニスト&コンポーザー、フランチェスコ・グリッロ。音楽に造詣の深い家庭に育ったグリッロは8歳からピアノを始め、11歳で作曲を始めるまでとなりました。彼の憧れはショパンやリストであり、15歳で初めてのソナタを作曲、さらにその後ラフマニノフ、プロコフィエフなどのロシア系、さらにラヴェルなどのフランス系作曲家たちに影響を受け、ミラノのジュゼッペ・ヴェルディ音楽院を卒業。ビル・エヴァンスやバド・パウエルなども好んで聴き、弾いていました。彼のアルバムは、これまでの音楽とは異なり、クラシックの伝統を完全に学び自分のものにしたミュージシャンが、現代の音楽(ジャズ・インプロヴィゼーション)を織り交ぜた独特なもの。この斬新なリリシズムと多彩なスタイルは、ポピュラー音楽に通じるクールさがあります。それにしてもこんな斬新で美しい音楽は、どうやったら思いつくのだろうか? 演奏技術もさることながら、その創造力にもただただ感心させられるアルバムです。


これはひょっとして私の好きなGreilsammer系ピアニストか?と思い手を出して聴いてみた。

IMG_20190112_104520.jpg


曲目は、ヴィヴァルディ(フランチェスコ・グリッロ編):協奏曲集「四季」(全曲)、バッハ/ブゾーニ:コラール『主よ、われ汝に呼ばわる』、シャコンヌ、バッハ/ラフマニノフからヴァイオリンパルティータ第3番より3曲、となっている(ちなみに収録曲はいつも通りまずはネットからコピペをしたのだが、メーカーのインフォがデタラメで書かれていない曲もあり、閉口した)。2016年の録音である。

これがまあ酷い。何が酷いかというと、演奏はそれほど酷くないのだが、上の紹介文が全くのデタラメだったのだ。

まず録音だが、毎度おなじみソニーの明晰モノクローム調&不自然な残響の音質で、悪くはないがピアノの音色が磨かれているとまでは言えない。初めのヴィヴァルディは過度な虚飾を排したカッチリしたタッチで、なんとなくグレイルザンマーやドゥバルグを思わせる知的な印象がして期待させる(アームストロングほどではないが)。ところがPrestoなど素早い同音連打が続く曲になると、粒が揃ってない感じでパサついてホコリっぽい。また、ところどころで彼の編曲が加わっているのだが、近代的な音を少々追加した程度にしか私には感じられず、ジャズだの現代音楽だのと言った雰囲気は皆無。

バッハ=ブゾーニになると、聴き慣れた曲だけにさらに注文が増えるのだが、ヴィヴァルディから想像するほど悪くない。技巧はたとえば近年盤だとレスチェンコやグロヴナーとかの若手?技巧派から3段くらい落ちるのだけれど、まずまず標準的でストレスはそこまで感じない。前半の長大なアルペジオが連続する部分の勢いも結構あって頑張っているのだが、和音が入る箇所ではさすがにテンポが落ち、オピッツには遠く及ばない。アルバム全体を通して、和音に腰が入っていない印象を受けるのがいちばん気になる。ほかに、レガートとノンレガートの弾き分けが極端というか、恣意的にコロコロ変わるのが私の趣味に合わない。演奏時間は14:46で個人的な好みからは少し遅めであり、以前紹介したビスムート盤のほうが良いかも。そしてまだ聴き込んでいないが、ここでも一部に彼なりの音の追加と解釈の変更がある気がする(良いとは言えない)。

バッハ=ラフマニノフのパルティータ3番は一番良くない。解釈もそうだが、和音や同音連打の響かせ方が特にイマイチで、しかもたった3曲でアッという間に終わるし、一体何がやりたかったのか?しかもこれがトリとは、販売元は何を考えているのか。

そして最も憤るのは、アルバムのどこを聴いても「現代音楽もジャズのインプロヴィゼーションもポピュラー音楽のクールさ」が感じられないことである。ひょっとしたら、彼の他盤からの印象を書いているのかもしれないが、少なくともこのアルバムの紹介文としては誤解を招く内容であり、極めて不適切である。書いた人間がこのアルバムを聴いていないとしか思われない。

そんなわけで、アルバム全体の出来としては60点台半ばくらいで「今後聴き直すか微妙」なラインだが、何よりメーカーの紹介文が許せない。モノを売るなら、もっときちんとしたほうがいい。
スポンサーサイト




音盤紹介 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<コルスティックとアイモンチェのラフ3 | ホーム | Sergio Tiempo / Live in het Concertgebouw>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |