FC2ブログ

The melody at night, with you

音楽好きの世迷い言

Dayna Stephens / I'll Take My Chances (guitar: Charles Altura)

渋谷のアーチトップギター専門ショップ、「ウォーキン」さんのFacebookでオススメされていたギタリスト、チャールズ・アルトゥーラの参加作品をget。2013年の録音である。


リーダーはテナー&バリトンsaxのデイナ(ダイナ)・スティーブンス、ジェラルド・クレイトンのピアノ&ハモンド、ジョー・サンダースのベース、ビル・スチュアートのドラム、それにヴォーカルでベッカ・スティーヴンスが1曲参加している。曲は10曲中6曲がオリジナル、スタンダードは1曲だけで、メルドーやアーロン・パークスの曲なども取り上げており、いかにもコンテンポラリーな感じ。

自称なんちゃってギタリストの私としてはギターのアルトゥーラがお目当てなのだが、彼の本格的なソロはまず2曲目から。音色は柔らかめのテイストだが、芯も程よく残ったアルデンテな感じ。とにかく使用音域が広く、ネックの上から下まで縦横無尽に駆け巡る。A・ロジャースやJ・V・ルーラーのような超高速派ではないが、かなり速いテンポの中、滑らかかつ流麗なフレーズを聴かせている。5度音程を重ねてオクターヴで素早く上下動したり(ラヴェルの水の戯れみたい)、HR/HMのギタリストがよく使うディミニッシュのアルペジオをジャズ用にブラッシュアップしたかのような分かりやすいフレーズも織り交ぜ、それでいて使うハーモニーは現代の新感覚派な印象。プレイも音色も、一番近いのはラージュ(ラーゲ)・ルンドだろうか。サイドマンとしての参加であまり目立たないが、かなり気に入った。

リーダーのダイナ・スティーブンスはゴツい見た目とは裏腹に、堅実で押しがそこまで強くない音色。他のプレイヤーにも光を当てる空気の読み方に感じる。クレイトンのピアノもメルドー的な感じはあるが卓越しており、スタンダードを謡ったベッカ・スティーヴンスはメチャうま、しかしビル・スチュアートだけはやっぱりちょっとうるさいかな(苦笑)

というわけで、チック・コリアにも注目されているというアルトゥーラの味見盤としては実に良かった。是非リーダー作を出してほしい。それにしても、Criss Cross Jazzは、なんというか誠にギタリストへの理解があるレーベルで、本当に有難い。白に黒字で統一されたCDの背や裏ジャケで、ユニオンでも見つけやすいし(笑)
スポンサーサイト

ジャズギター | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ショパン・ピアノソナタ第3番聴き比べ~ 2019/1/12更新 | ホーム | David Greilsammer ほか / SOUNDS OF TRANSFORMATION >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |