FC2ブログ

The melody at night, with you

音楽好きの世迷い言

Volodos plays Brahms

昨年出たアルカディ・ヴォロドスのブラームスを買ってみた。ユニオンに行く暇がないので、HMVで輸入盤抱き合わせ買いである。


この人は現役最高レベルのテクニシャンであり、ペトロフ亡き後の総合力No.1重戦車であることは疑いがないと思うのだが、なぜか渋い曲の録音ばかりで、不満を感じている(ちょっと前に出たモンポウも聴いたが、素晴らしいことは素晴らしかった。しかし、彼が録音すべき曲はもっと他にあると思うのだが・・・)。

ともあれ、聴いてみた。曲はピアノの小品Op.76より1~4番、3つの間奏曲Op.117、6つの小品Op.118。やはり巧い。かなり昔になった渋い選曲のリスト集のような印象で、録音はいつものソニーでモノクローム調ながら、滋味深く大人な、極めて洗練されたタッチ。テクニックが目立つ曲ではないけれども、それでも圧倒的な音色のコントロール力が際立つ。デビュー時の超絶編曲ものの緩徐部分で聴かれた歌い方の暑苦しさも薄まっており、彼の音楽性の面での深長が見られる(彼の目指している方向なのだろう)。

しかしながら、比べてしまわずにはいられない、グールドの演奏。以前書いたように、グールドのインテルメッツォは「ピアノが歌っている」ことの代表元となるべき世界遺産的演奏だと思っているので、明らかに分が悪い。テクニックで勝負しない曲における、ヴォロドスの限界が見えてしまう気がする。それでも、秀逸なアルバムであることは疑いがない。

今後のヴォロドスはどう歩んでいくのだろうか。超絶技巧編曲路線にはもう戻らない予感がする。ショパンやリスト、ラフマニノフはなんとなくもう弾かなさそうなので、ベートーヴェンのソナタや、ショスタコーヴィチの前奏曲とフーガ、そしていよいよ本格的にバッハの録音に向かうのだろうか。いずれにせよ、質の高い録音を期待したい。
スポンサーサイト

音盤紹介 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<David Greilsammer ほか / SOUNDS OF TRANSFORMATION | ホーム | ヒラリー・ハーン、20年ぶりのバッハ無伴奏。全曲録音完成>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |