音楽好きの世迷い言
The melody at night, with you
ラザール・ベルマン ラフマニノフ・ピアノ協奏曲第3番新旧聴き比べ
2007-11-06-Tue  CATEGORY: ラフマニノフ・ピアノ協奏曲第3番聴き比べ
依然として多忙なため新譜を買う暇も聴く暇もなくネタ不足です。よって、手持ちのライブラリの中から、例によってラフ3の聴き比べについて書きたいと思います。


本日ご紹介するのは、一昨年亡くなったラザール(ラーザリ)・ベルマンです。「リヒテルと私が4手でかかってもかなわない」というギレリスのコピーのリスト/超絶技巧練習曲で有名になった彼ですが、ラフ3でも彼らしい豪演を聴くことが出来ます(余談ですが、超絶の録音は3種あって、最近出たライブ盤がミスはあるものの凄まじい迫力だと思います)。


まずは有名なスタジオ録音から。クラウディオ・アバドとLSOによる1976年の録音です。第1楽章は全体的にややゆったりのテンポでコブシを効かせて雄大に歌い上げており、ヴィルトゥオーゾぶりを感じさせる演奏です。打鍵が強烈極まりなく、中盤の和音連打はオケを打ち負かさんばかりの轟音を響かせ、さらにうねるようにクレッシェンドしながら突き進むカデンツァの壮大な迫力は素晴らしく、ここだけでも聴く価値があるでしょう。特に前半部分での、内声の出し方などは緊張感があって良いです。(ホロヴィッツとはまた違った)重低音の炸裂もベルマンらしくて爽快。第2楽章も出色の出来。これぞロシアという情緒がたっぷりで、語り口の上手さは抜群。とにかく濃い。第3楽章は冒頭の3連符の同音連打など、現代の技巧派と比べると若干スピード感に欠ける感があるのが惜しい。曲の最後の最後に素早く駆け上がっていくフレーズでほんの1カ所、音を外したミスタッチがあります(モギレフスキーのスタジオ盤の方にも目立たないが同様の箇所でミス?がある)。もう少し録音が良ければ…特に、ピアノの音色があまり美しくないのが少々残念(フォルテでの打鍵がカンカン鳴っています)。

これはまさにベルマンの真骨頂が表れた凄まじい演奏なのですが、長らく廃盤状態が続いています(ヤフオクで2万円を超す値が付いたこともあります)。しかし先日、ついにソニークラシカルからセシル・リカドのラフ2とのカップリングで再発されるというアナウンスがあり、ベルマンファンは狂喜したのですが、その直後に何故か生産中止となってしまい、ウラディミール・フェルツマン&ズービン・メータとのラフ3に変更されてしまいました。まったく理解出来ないことです(怒)事情はわかりませんが、まだしばらく廃盤状態が続くのかと思うと残念でなりません。


さて、ベルマンは上記のアバドとのラフ3があまりにも有名ですが、実はもう1枚ラフ3のライブ盤を出していることはあまり知られていません。しかもその相手がレナード・バーンスタイン&ニューヨークフィルとくれば、期待しないわけには行きませんよね。

そんなわけで、2枚目のご紹介。録音は1977年、ニューヨーク・フィルの記念BOXの中の一枚です。演奏としてはスタジオ盤と比較するとさすがに雑な感じが否めませんが、ライブならではの緊張感と覇気が充ち満ちています。オケもアバドとLSOよりもよりズ太く、雄大な響き。ミスは流石に多めですが、十分に許容範囲。第1楽章の和音連打部分やカデンツァは例によって凄まじく、執拗に繰り返される左手の重低音がとにかく凄まじい。第2楽章も濃厚極まりない歌い方で、こちらはスタジオ盤をしのぐものと言ってよいでしょう。第3楽章はスタジオ録音と同様、現代基準と比べると多少粗い感は否めませんが、それでも彼らしさが出ています。ただ、やはりライブということで音質的な魅力が少ないです。

タイム比較ですが、スタジオ盤が17:47、11:43、14:38で、ライブ盤が17:11、11:39、14:42となっています。第1楽章が30秒違う他はほとんど変わりません。やはり内容的の完成度的にはスタジオ盤の方が素晴らしく、マニア以外はライブ盤を買う必要は無いかなと思います(この1曲のために高いBOXを買うのはちょっと…)。ただ、ライブ盤の張りつめた緊張感と唸りを上げるピアノの炸裂はベルマンファンなら聴き物です。


とにかく、一刻も早くスタジオ盤を再発して欲しいものです!

グレムザー、ベレゾフスキー、ボレット、ギレリス、ルガンスキー、ロドリゲス、チェルカスキー、フェルツマンなど、ラフ3の録音を複数残しているピアニストはまだまだいるので、しばらくこのネタを続けるかもしれません(爆)


これがあまりに有名な国内盤。

ber.jpg



こちらは輸入盤の方↓

ber2.jpg
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 The melody at night, with you. all rights reserved.