FC2ブログ
音楽好きの世迷い言
The melody at night, with you
最近聴いている音楽 vol.76~追悼John Abercrombie~
2018-03-13-Tue  CATEGORY: アナログレコード
かなり間が空いてしまった。年度末は忙しいのだが、ようやく時間が出来つつある。


実は最近、勉強のために代々木上原に行くことがたまにあって、幡ヶ谷駅で降りて歩いていく道すがら、こじんまりとした綺麗なレコード屋を見つけた。


広くはないし、レコードの量ははっきり言って相当少ない部類ではあるけれど、オシャレでセンスのいい店内はとても気分がいい。およそ隔週で通っているが、在庫の回転はやはり悪い(ユニオンやHMV等の大手じゃないと厳しいのだろう)。値付けはまずまず普通。ジャンルはクラシック以外は一応揃っている。和モノ以外にレア盤は少ないが、先日ジャズの棚で好きな盤を見つけたので買ってみた。

IMG_20180312_235854-681x685.jpg

ジョン・アバークロンビー、マーク・ジョンソン、ピーター・アースキンのトリオによる有名なライヴ盤である。ECMジャーマンオリジナル、盤質Ex+、1000円台半ば、昨年亡くなったアバクロの好きな作品だったので、追悼の意味でもアナログで聴き直してみる。

IMG_20180312_234731-681x510.jpg

残念ながらホコリの下に傷が隠れていて、周回プチノイズが10回ほど入るので私基準ではEx評価だが、まぁ大目に見よう。実はこのアナログ盤はあまりユニオンでも出ず、未だCD化されていないECMの2作品や79年の別レーベルから出した傑作『Direct Flight』(これもトリオ)などと合わせて結構足が速い(あの中では紫のシンプルなジャケの『M』が一番よく出てくるかな)。

88年の録音ということもあって、バリバリ多用されるギターシンセに拒否反応を起こす方もいるかもしれないが、それでもこの抒情性と繊細かつウォームなギターの音色(うすーくコーラスがかかっているのが玉にキズ…)は実にアナログ向きである(CDだとやはりシンセが耳にキツいのだ)。特にtr.3のアリス・イン・ワンダーランドは名演中の名演で、名手3人による絶妙なインタープレイが素晴らしい。リリシズムの極致である。

このアルバムなどを聴くと、アバークロンビーがメセニーに与えた影響は大きいのではないかと思う(ジャズ・ギター・ブックなどの記事でも、ジム・ホールとメセニーを繋ぐミッシングリンクがアバクロ、などと書かれていた気がする)。アバークロンビーのギターはテクニックやフレージングに派手さこそは全くないが、柔らかな音色で玄人好みの抒情性を備えているところがいかにもECMといった感じで、そのキャラクターがレーベルの性格にピッタリとハマッた幸福な一例だろう。


・・・しかし、アバクロも凄いのだが、このアルバムでなにより一番凄いのはアースキンのシンバル・レガートである。楽器でジャズを少しでもかじった人間なら誰でも戦慄せざるをえない驚異的な演奏だ。私も世の中の平均的な音楽ファンよりはジャズを聴いているほうだと思うが、これに匹敵するシンバルレガートは数少ない(私の先生がレッスン中、ジャレットのアルバムでのディジョネットのとあるプレイを評して「うちのジャズ科の学生ドラマーはこれを聴くときっとみんな泣いて逃げ出すよ」というようなことを言っていた。あれも凄かった)。ただし、B面の後半は何故だかやたらバスドラがドムドムとうるさく目立つミックスになっているのが少々残念(ちなみにベースも。CDではそれほど気にならない)。


というわけで、ジャズギターファンのみならず是非是非オススメな1枚。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2018/11 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 The melody at night, with you. all rights reserved.