FC2ブログ
音楽好きの世迷い言
The melody at night, with you
David Bismuth / Bach編曲集
2018-01-31-Wed  CATEGORY: 音盤紹介
最近はブログを書くばかりで、レビューサイトの発掘を怠っているため、ピアノCD(新規ピアニスト)の情報に飢えている。kyushimaさんの更新も止まってしまったこともあり、信頼できるレビュワーを探したいのだがなかなか見つからない。NaxosでのストリーミングもこのところMacの調子が悪く、Winは諸事情でDACに繋げるのが手間で、なかなか利用できていない(もったいない!)。仕方がないので、財布と相談して自分で近年盤CDをユニオンでチャレンジ購入している。



ダヴィド・ビスマスというフランス人ピアニストのCDである(2009年だからそれほど近年というわけではないが)。バッハ編曲モノには目がないので、全然知らないピアニストだが決断しやすかった。タワレコから収録曲を引用しよう。


J.S.バッハ:
前奏曲とフーガ イ短調 BWV.543(リスト編)
カンタータ 第29番《神よ、われら汝に感謝す》より 序曲(サン=サーンス編)
シチリアーノ(ケンプ編)
シューマン:バッハの名による6つのフーガ Op.60
トッカータ、アダージョとフーガ ハ長調 BWV.564 より アダージョ(ブゾーニ編)
コラール《われ、汝を呼ぶ、主イエス・キリストよ》BWV.639 より コラール前奏曲
シャコンヌ(ブゾーニ編)
マタイ受難曲 BWV.244より 主よ憐れみたまえ(ベッファ編)
前奏曲 ロ短調 BWV.855a(ジロティ編)
ヴィラ=ロボス:アリア


ということで、曲目的にはかなり好みだ。BWV.543は激レアのトッコ盤入手から最近やたら聴いてる気がするが、これがなかなか良い!トッコのようなカッチリした技巧、レスチェンコのブッ飛んだ濃いめの味付けはないが、フーガは5:25でラ・サールやブニアティシヴィリより速いテンポで壮麗に弾き進める。格調の高さというものには欠けるものの、それでもフランス人らしいサバサバしたピアニズム(偏見)が曲にマッチしている。そこからシャコンヌまでの前半~中盤の小曲の出来と雰囲気は結構いい(あまり聴き込んでいない曲のせいもある)。コラールも耳タコな1曲だがなかなか味わいがある。


シャコンヌは13:29で、個人的にちょうど良い演奏時間なので期待してしまう。和音の弾き終わりにやや締まりが無いのが気になるが、かなりのザッハリッヒ路線ながら曲そのものの味わいで勝負している。前半のDmの和音下降で始まる部分はやや劇的感に欠ける。急速部分のスピードは標準的だが、やや間を取りすぎなのと力強さに欠けるのが惜しい。高速アルペジオが連続する短調部分の終盤はスピードこそオピッツの9割ほどで健闘しているが、随所でタメが入り推進力と和音の迫力で劣る。長調の後半部分はいかにもフランス流なサッパリ薄味でサラサラ流れていくものの、どこか清潔感と品の良さを兼ね備えているので印象がいい。再び短調に戻った最終盤ではossiaを弾いている。その後の上昇音型がややモッサリしていて残念。また、全体的に音が軽めなのが不満(録音のせいではなさそう)。とまあ、厳しい耳になって聴いてしまう曲なわけだが、それを考えるとかなり良い演奏。以前書いたグロヴナーの演奏よりは私の好みに近いかな。


そのあとのアルバム後半の曲目は残念ながらイマイチ。原曲にそれほど馴染みがないせいもあるが、なんというか演奏も後ろになるにつれて息切れしてる(わけはないのだが)感じがあって楽しめない。最後のヴィラ=ロボスもわざとなのかもしれないが変なリズムが現れてなんとなく場違いな雰囲気がする。


というわけで、辛口になってしまった曲もあるが、全体としては75点くらいの内容で楽しめた。私の好きなフランクの前奏曲、フーガと変奏曲も録音しているようなので、今度聴いてみたい。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2018/08 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


余白 Copyright © 2005 The melody at night, with you. all rights reserved.