音楽好きの世迷い言
The melody at night, with you
五嶋みどり / バッハ・無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ全集
2017-08-15-Tue  CATEGORY: ヴァイオリンあれこれ
以前書いた五嶋みどりのバッハをユニオンで我慢できずに捕獲。



買ってすぐにSACDやハイレゾ音源が売られたら泣けるが、仕方ない。演奏だが、CD試聴記のスズキさんが書いているレビューに全面的に同意できる。しっとりと落ち着いた遅めのテンポ、人間的な温もりを感じる柔らかな解釈、全くキツくない音色、例によって完璧な技巧で一切のピッチの揺れも感じず、私の持っている全集の中で完成度では他の追随を許さない。ソナタ第2番は2度目の録音になるだけに他曲よりも良い演奏に感じるが、以前書いた2005年録音の方が私は好きだ。スズキさんは旧録を寒色系、新録を暖色系と書かれているが、それ以上に的確な表現は無いと思う。やはり私も旧録音のような、凛とした佇まいで格調の高い演奏がバッハでは個人的に理想なのではないかと感じる。あの演奏は、バッハ=ブゾーニのピアノ版シャコンヌで言えば、オピッツの演奏のような崇高な高みにある。

全体的にはソナタの3曲とパルティータ3番が良いように思う。残念ながら、パルティータ2番のお待ちかねシャコンヌは予想外に12分を少し超えただけの相当な快速運転(ジェラール・プーレほどとは言わないが)で、個人的にはガッカリ。冒頭の和音も、粘りの弱い納豆のようなこざっぱりとした糸の引き方で、17分前後のハーン盤と久保田新盤の遅い演奏が好みの私の趣味からは大きく外れる(しかしながらsuper巧い・・・!!)。ハーンのような完全無欠なテクニックというのではないが、細部に込めた心の砕き方は手持ちで一番。しかも、それが嫌みではなく、実に自然な表現になっているのだ。シャコンヌはやっぱり久保田巧さんの方が好みだし(ちょっと音と技巧が弱いのが惜しいが)、パルティータ2番としてはクリストフ・バラティの旧録ライヴ盤の方が好きだが、全集としては手持ちで久保田さんと1stチョイスを争いそうだ。ヴァイオリン原曲のシャコンヌのベストはなかなか決まらないので、長い旅は続く・・・(尤も、あまりヴァイオリン全集は持ってないのだけれど・・・30種くらいかな)。

録音は残響多めだが、イヤホンやヘッドホンで聴かなければ私はそれほど気にならず、ドライブ中に車のオーディオで聴く分にはなかなか良かった。音の情報量というか密度も詰まっていて好録音だと言える。

さて、ちょっとやっつけなレビューなのには理由がある。スズキさんがご自身のサイトで書かれているNHK-BSでの無伴奏ライヴが再放送されるのだ。忘れないうちに読者の方々にもお伝えしようと思い立った。私は前回ものの見事に見逃したので、大変嬉しい。

9月25日(月)【9月24日(日)深夜】午前0時00分~

から、ライプチヒ・バッハ音楽祭 2017 『ミサ曲 ロ短調』の後にこのバッハが放送されるようである。同曲の世界一?マイスターであるスズキさんが演奏録音共に最高評価を付けられている、期待の演奏だ。皆さんもぜひ録画されてはいかがだろうか。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 The melody at night, with you. all rights reserved.