音楽好きの世迷い言
The melody at night, with you
続いてカティア・ブニアティシヴィリのラフマニノフのピアノ協奏曲第2・3番。指揮はパーヴォ・ヤルヴィ、チェコ・フィルハーモニック。



実は以前NHK(FMだったかも)で放送された彼女のラフ3を聴き逃しており、残念に思っていたので、この録音の発売は大変嬉しい。さて、演奏時間は16:08/9:36/13:06とのことで、いつも通り彼女の他盤から想像するに演奏の様子は大体予想出来たが、実際聴いてみると期待以上の出来であった。


第1楽章出だしは快速。キビキビと進む。また、ペトリューシュカで聴かれたような彼女らしいテンポの揺らしが見られるもののコンチェルトということもあって余裕で許容範囲。タッチは弱音で抑制が利いた感じ。両手交差は鮮やかで飛び跳ねるようなスタカートが目に浮かぶよう。展開部の和音連打もテンポを落とさず突っ走り、激情的。音の線が細めなのが少々気になるか。カデンツァは演奏時間から察した通りossia。これがまた良い。衝撃のデビュー盤リスト集で見せたシリアスさとキレのある技巧が相まって、後半の和音部分でクライマックスを迎える。後半に続くカデンツァはややモタレ気味かも。第2楽章、例の歌の部分は派手さはないがしみじみと歌っており好印象。その後もやや速めのテンポながら、ジャケ写真のような雨に濡れそぼった叙情を時折見せつつサクサク進む。後半の細かい音の部分は流石の鮮やかさ。お待ちかねの第3楽章、期待通り同音連打は非常に速いテンポで細部まで音が明晰。その勢いは衰えず、疾走する。息子ヤルヴィはオケを遅めに歌わせたいようだが(別にズレているわけではなく、なんとなくの印象)、意外にも彼女は走るだけでなく寄り添うような姿勢を見せ、ロマンティックな雰囲気を醸し出している。最後の方はアルゲリッチ的な爆発を望んでしまうが、比較的優等生な表情のまま終わる(それでも普通からすると十分派手だけど)。録音は毎度お馴染みピアノが近く、オケが遠く、深くて長ーい残響をまとったSONYな音質。そのせいか、やたらとオケが地味。


全体としては、彼女のオテンバなところがセーブされており、端正な印象さえ感じるところもある。テクニックの高さは予想通りで、文句の付けようがない。ただ、やはり彼女のポテンシャルを考えると、熱狂するようなライヴ演奏を期待してしまう。けれども、この質の高い演奏には4つ星☆☆☆☆を付けたい(ただし、4つの中では下の方かな・・・)。


さて、いつもならここで終わりだが、今回はラフマニノフの2番の方の感想も少し書いておく。これが素晴らしい演奏!ラプソディックな曲想と彼女の奔放な??キャラクターがマッチしており、他のピアニストがテンポを落とす箇所でもズイズイ駆け抜けるので爽快なことこの上ない。活きの良い、ピチピチしたタッチで攻めまくりの急速部分は鮮やかの一言である。


というわけで、3番も完成度の高い演奏だが、2番の方は手持ちの盤の中でも俄然ベスト3に食い込んできた感じで、1枚のアルバムとしてオススメである。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 The melody at night, with you. all rights reserved.