音楽好きの世迷い言
The melody at night, with you
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
最近聴いている音楽 vol.40〜ラトル&BPOのブラームス交響曲全集・ダイレクトカッティングLP〜
2017-01-08-Sun  CATEGORY: 雑多な話題
年末からとあることで悩んでいた。



サイモン・ラトル&ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団によるブラームスの交響曲全集のダイレクトカッティングのレコードである。詳細はタワレコの記事や下の動画をご覧頂きたい。




これにはアナログレコードファンの末席を汚している私も唸った。あのラトル&ベルリンフィルが、このハイレゾ隆盛の時代にあってダイレクトカッティングで録音したのだ。幾らレコード・アナログ再ブームの大波が来ていてペイできる算段はあるとは言え、実際に録音するのは大変な作業であっただろう(BPOがこの方式を取るのは70年ぶりだとか)。しかも、今後CDその他フォーマットでのリリースはしないという覚悟の座りようである。



問題は価格。国内仕様版が96120円というとてつもない値段である。庶民派音楽オタクを自認するところの私には極めて厳しい価格だ。そんな高いレコードはこれまで買ったことがない(せいぜい2万円程度くらい)。第一、我が家の安物オーディオで鳴らしてよいのか不安になる。メインはマランツの15年落ちアンプだし、ターンテーブルはお袋の使っていたレコードプレーヤー(ただし3台目)だ。カートリッジ・SP・DAC・SACDプレーヤー・ウーハー含め、おそらくトータル30万もかかってない(DAWソフトや録音機材を入れればもっとかかっているが)。ソフトだけで手一杯でハードまで金が回らない。それでも全世界1833セット限定(ブラームスの生誕年)だし、買い逃すとプレミアが付いて今後この定価で買うことは不可能だろう。アナログレコード好きとしてはなんとしても聴いておきたい…。

金策に悩みつつ、嫁やクラシックに理解のある友人に相談し、その全員から一様に「バカじゃないの」と言われるも、迷いに迷って結局買わずに年を越した。年が明けるとタワレコなどのネット上でも店頭在庫がなくなってきて益々焦った。どうしたものか。



私はラトル&BPOが以前に出したブラームス交響曲全集が好きだ。あのような素晴らしい音色が大人数のオーケストラから出てくるとは信じられなかった。各パートそれぞれが旋律を主張しながらも有機的に絡み合ってひとつの音楽を紡ぎ出している。ラトルの手腕には本当に感激した。


そんなこんなで諦めきれずにネットを回遊していると、昨日たまたまアマゾンで次のようなレビューを見つけた(丸々引用させて頂く)。


この代理店経由のLPセットはとんでもなく高いので注意。
買うならベルリン・フィルのショップからの直販のほうがいいです。
499EURO、日本への送料込みでも528EUROです。
日本の代理店の差し金で日本からだと買い物かごが非表示になりますが、VPNを使えば簡単に表示されます。
VPNはいまどき使いやすいのがいくらでもありますから、検索してみてください。
あとはそのままクレカなりPayPalなりで決済すればちゃんと日本まで送ってくれます。
どうしても日本独自の「特典」も欲しい方、あんなもんに3万以上払うんですか?
この輸入代理店はアナログLPは少しでも高く売りつけるという魂胆がミエミエですから騙されてはいけません。



528ユーロ?!


・・・およそ65185円である。国内仕様盤より3万円以上安い!3万あればミドルクラスのジャズやロックの廃盤レコードが4、5枚は買える。これで迷うこと無く買うことに決めた。日本限定の特典なんぞ欲しくない。素晴らしいレビューに感謝!


そんなわけで、このニッチな記事を読んで私と同様直販で買いたいと思った(おそらく日本で1人もいない)人に向けて、買い方をちょっとだけご紹介しよう。

上のレビュワーの方のコメント通り、日本からアクセスするとこのレコードの商品ページで「購入」ボタンが表示されないという実に姑息な目に遭う(勿論、スマホでアクセスしてもダメ)。そこで、この方のアドバイスに従い、VPN接続でアクセスすることを試みる。

私は以下のサイトを参考にした。
http://www.vpngate.net/ja/

仕事上の都合(?)で私はMacとWinの両刀使いなので、どちらを使うか迷ったが、Macの方が余計なアプリケーションを入れなくとも設定変更だけで行けそうなので、Macを使ってみた(真似する際は自己責任でお願いします)。基本的にはこちらのページに詳しい説明があるのでこの通りにやればよい。Macのサーバアドレスとして私はフランスのもの(vpn529851825.opengw.net)を使った(サーバアドレスに貼り付けるだけ)。

これでベルリンフィルのサイトに日本から直では接続されなくなるので、見事「購入」ボタンが現れる(ただし、言語を「日本語」にすると何故だか上手く行かなかったので、私は英語で行った)。あとはポチポチ押してゲストユーザーで言われるままに名前や住所設定をしていけばよい。英語表記の住所に不慣れな方はhttp://judress.tsukuenoue.com/を利用すると日本語住所を英語に変換してくれる。支払いはebay等でも利用しているPayPalを利用をしようと思ったのだが、最後の最後で何故かペイパルは拒否されてしまったので、大人しく2度目はクレジットカードを利用して注文した。以上で無事にベルリンフィルからオーダー受付のメールが届いた。


・・・それにしても、ネットには宝石のような情報がそれとなく転がっている。本当に良いタイミングで書き込んで下さったと思う(見つけて読みこんだ自分も哀しくなるくらいのオタクだ)。上記のレビュワーの方は、あの短いレビューの一文を見るだけでもレコードに詳しいクラシックファンであり、PCやネットの知識も豊富で、尚かつその情報の最も有効な提供の仕方を知っている方だとわかる(今は誰でも「まずはAmazon」だろう)。私もこの方のようになりたいものだ。


レコードが届き次第、感想を書く予定・・・

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 The melody at night, with you. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。