音楽好きの世迷い言
The melody at night, with you
最近聴いている音楽 vol.37〜紅白雑感〜
2017-01-04-Wed  CATEGORY: 雑多な話題
29日は音楽仲間と5人で本当の忘年会。飲み納めをした。

30日は立川のIKEAで家具を物色。結局買ったのは冷凍のホットドックセット(笑)BSフジのラトル&ベルリンフィルは見逃した。。。(誰か録ってないかな。。)

31日は吉祥寺、いつも通り肉のサトウの大晦日セールですき焼き用の肉を安く購入。年末最後の大バーゲンのユニオンに顔を出せるほど我が家は甘くない。

ユニオン新宿ロックレコード館が「秘宝」と語って出品した、キング・クリムゾンの「宮殿」テストアセテート盤(そんなものが市場に出るのか・・・)は約130万で即売れだったそうだ。先日下北に出たマト1-1は約87万で同様に即売らしい。凄い人がいるものだ(個人的にはマト2-2が欲しい)。

テレビは子どものドラえもん優先で騙し騙しガキ使を観る。テレ東の年越しライヴは大友さんの「だったん人の踊り」。この選曲にビックリしたのは私だけだろうか。モヤさまの狩野アナが立派に司会していた。

1日は地元のPARCOでセール。仕事着がボロボロなので買ってもらった。最近は元旦からお店が開いているので、店員さんも大変だ。ニューイヤーコンサートのドゥダメルの指揮、ちょこっと観ただけだが素晴らしかった。

2日は自分の親に子どもを預け、さらなるセールに・・・と思ったら下ろした直後から体調が急変して40℃の熱を出したらしく、家の近くの高速を降りた途端にUターンして再度のお迎え。結局この日は5時間半車を運転しただけで終わった。夜には平熱に戻った。何だったたんだろう。

3日は再度家具店へ。その後、吉祥寺にハシゴ。ユニオンは年末に掘り尽くされて跡形もない。今日もよく運転した。まともにレコードを聴けてない。


さて、年明けから録画した紅白をちょっとずつ観ながら、今時の音楽になんとかついて行こうと嫁と必死だった。


・PUFFYが意外にも初出場。歌が古過ぎるけど今の子わかるのかしら。

・miwaは矢井田瞳枠みたいな感じか。上手いし中学生も良かった。

・天童よしみが圧巻。脇で踊る本田望結も可愛かったが冷静に考えると凄まじい演出だ。

・SEKAI NO OWARIが出て来た瞬間、不勉強な我々は「ゲスか?!」とドキッとした。きっとご本人も迷惑されているのだろう(ちなみに私はゲスの音源はほとんど持っている。アーティストの人格でその音楽を判断したりはしない(苦笑))。

・椎名林檎は随分遠くに行ってしまって私にはもう理解できない。亀田誠治氏のベースに釘付け。

・福田こうへいの歌はやはり圧巻、素晴らしかった。

・絢香は随分古い代表曲を歌ったが鳥肌が立つほど上手い!感激した。個人的に今回のベスト歌唱賞を贈りたい。

・Perfume、初期のLPが高くなってきてるのでなんとかしてください。

・星野源、しっかりピッチも外さず歌っていた。マルチな才能はホンモノか。

・RADWIMPS、素晴らしいクオリティの楽曲と詩的な歌詞でBUMPの後継者と呼ぶに相応しい(「有心論」「おしゃかしゃま」など大好きである)。「前前前夜」を演奏したが(まだ私は映画を観ていない)、本当にいい曲なのだが1カ所だけ、毎回のサビの1回目の繰り返しの最後のコード、F#からトニックのBに一旦解決してから2回目のサビ頭の同主調G#mに行くところが私はギクッとして苦手である(嫁には「アンタは頭が堅すぎる」と言われた)。

・乃木坂46、嫁が「AKBと顔面のクオリティ平均が随分違う」とのたまう。私もそう思う。

・福山雅治、ソロであんな大勢の前で歌えたらさぞかし気落ちいいだろうな。

・オリラジ、圧倒的に完成されたパフォーマンスが素晴らしかった。

・桐谷健太のあの歌、原曲はBIGINだと調べてわかった。声がよく合っていてとても良かった。


・AIの歌、トラディショナルにセンスある歌詞を付けた人が凄い。

・KinKi Kids、デビュー20周年で初出場、しかもデビュー曲を歌うというのが、SMAP解散もあり色々考えてしまった。。

・X JAPAN、みんないいオッサンになっていたが流石の演奏だった。ToShIは途中サビの頭を歌い忘れていたが、あの高音をちゃんと出してた。余談だが、超絶技巧の「手数王」菅沼孝三氏にドラムを師事したドラマーの友人が「YOSHIKIの足技の安定感は凄い」と語っていた。「紅」は伝説の名曲だけれども、私がXでいちばん好きなのは「Rusty Nail」だ(カラオケでも4つキーを下げて歌っているw)。

・イエモンの「JAM」はクソガキの頃、バンドでコピーした。懐かし過ぎて死にそうだった。吉井さん、「Good Night 〜」の頭の音ハズしちゃダメでしょ(日本中から突っ込みが入ったことだろう)。

・宇多田ヒカルは流石のカリスマだった。緊張しているのか声が上ずっていたが(Sheila Jordanを思い出す)、大サビのさらに高音に上がるところはさすがにキツかったか。朝ドラを観ていたうちの子も「ととねえちゃんだ!」と騒いでいた。1stのレコードが欲しい。


紅白の生を観ると、ミュージシャンの歌の地力がわかるのが面白い。個人的にはポール・マッカートニーからのメッセージが嬉しかった。来年(今年か)是非観に行きたい。

それにしても、PAをちょっとでもかじったことがある方なら分かってもらえると思うが、あれだけの大人数のマイクを揃え、ミキシングして調性し、海外やその他の場所からの中継も交えて出音を構築する・・・というのは、気が狂いそうな作業だ。わずかのミスも許されない、そんな裏方さんの苦労・努力を感じてしまった。


駄文を最後まで読んで下さった方へ、バルボーザのLP2枚目
http://26.gigafile.nu/0111-381b8a2d3e3309db706a105bb133b682


2月にはブレハッチがついにバッハの録音を出すらしく、非常に楽しみだ。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 The melody at night, with you. all rights reserved.