音楽好きの世迷い言
The melody at night, with you
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
ショパンコンクール2015・ソナタ演奏雑感その2
2015-11-03-Tue  CATEGORY: ショパン・ピアノソナタ第3番聴き比べ
シャルル・リシャール-アムラン(第2位):◎ カナダから、ついに(?)2人目のアムラン登場である。テクニックは勿論本家ほどではないが、安定感があり、何より語り口の巧みさは本家を上回る。第1楽章は強奏部分でのたたみかけるような迫力と、フッと力を抜いて詩情を感じさせる対比が非常に巧み。P・ドミトリエフを思い起こす。スケルツォでの細かい指回りや(面白みは少ないが)遅すぎない第3楽章の解釈、4:32(!!)の驚異の終楽章などなど、全てで高いレベルにあり、コンクール演奏であることを考えるととんでもない出来の良さと言えるだろう。しかしながら、☆を付けるには溌剌とした力強い音色がやや健康的に過ぎるのが非常に惜しい。。弱音部分でのさらなる美しさや陰影の表現、「ショパンらしさ」が欲しくなる。スタジオ録音で、このショパンらしさに欠ける元気さを若干薄めつつ、テンポを落とさずにしっとりとしたリリシズムを表現できれば、☆を付けるにふさわしい。正直、この演奏は100種の中でベスト5に入れてよいと思う。個人的に今回のコンクールでいちばんの収穫である。是非是非、今後に期待したい。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメント | URL | 2015-11-04-Wed 09:44 [EDIT]
アムランはショパンコンクール前にピアノソナタ第3番をスタジオ録音していて、日本でも11月にCD発売されるようです。
売上に響くでしょうから、ソナタ賞だけでもとれて内心ホッとしているのでは・・・
そのくらいの自信があったピアノソナタでしょうからもちろんスタジオ録音の方も期待しています(ショパンコンクールの名演でハードルは上がってますね)。
Re: タイトルなし
コメントA太 | URL | 2015-11-17-Tue 00:01 [EDIT]
コメントありがとうございます。

そうでしたか、ソナタ賞ですか!ずいぶんと私の耳も確かになってきたようです(笑

CDの方は今月下旬ということで、かなり楽しみにしています。
コンクール前に録音していたのですね。
それにしても・・・収録曲がたった4曲とは、ちょっと少なすぎな気が。。
彼にはスケルツォとかも巧そうなのに(忙しくてショパコンはソナタしか聴いてませんが)

情報ありがとうございました。

トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 The melody at night, with you. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。