音楽好きの世迷い言
The melody at night, with you
続・第2回日本国際音楽コンクールライブ〜小川典子の豪腕〜
2015-03-15-Sun  CATEGORY: 音盤紹介
先日の第2回日本国際のレコード、2枚目のご紹介です。これには第2位の小川典子によるリストのピアノソナタ、プロコフィエフのピアノソナタ第7番という、重量級のド真ん中な2曲が収録されています。

小川さんというと、例によってラフマニノフの3番と、ベートーヴェンの第9をワーグナーがピアノに編曲した盤くらいしか聴いたことがなくて、ずば抜けたテクニックを期待するというよりは音楽性に注目して聴いてみました。

まずはリストの方です。このソナタは実はあまり好きな曲ではなく、それほど積極的に多くの盤を聴いているわけではないので感想は短め。序奏から力強く、録音のせいかタッチが硬めで明晰。珍しくスコアを見ながら聴いたのですが、いやはやブ厚い和音の連続に果敢に立ち向かっています。第1主題のアルペジオにもキレがあり、私の好きな179小節目からのsempre ppのところも美しい。250小節目辺りから出てくる半音階のフレーズ、右手も左手も非常に精緻で巧み。301小節のレチタティーヴォの所、和音の間の取り方が絶妙で、緊張感に溢れてます。再現部後の553小節目辺りから何故かフレーズが飛んだような?ミスがあるのが惜しい。ストレッタのprestoでのオクターヴでまたミスに動揺したような箇所アリ。終わりちょっと前のアンダンテ・ソステヌートのところなど、全体的に遅いところは遅く、という感じで若干の不自然さも。それでも、全体的に小川さんの印象を大きく変える技巧の豪快さにビックリ。この曲は近年出がらし状態のアムラン盤が出てガッカリしてるところにブニアティシヴィリ盤という決定打が出たので、このレコードにはライヴ盤特有の緊張感を聴くのを楽しむという価値がありそう。

続いてプロコフィエフの戦争ソナタ。第1楽章の出だしこそ元気が良いですが、その後はなんというか音色が柔らかく微温的で、のんびりしてます。抒情性を重視しているのかもしれませんが、イマイチ成功していない感じ。第2楽章、同じような路線のまま牧歌的に進み、どことなくノクターンを聴いているような雰囲気。一末の不安を抱きつつ聴き所の終楽章。これがリストのソナタ同様、存外に快速テンポで、しかも頑ななまでにインテンポを保ち、タッチは峻厳なまでに冷徹で緻密。最後の方の右手の大きな跳躍も間が空くことなくジャーン!とヒットさせ、恐ろしいことに演奏タイムは3:00!残念なのは最後の方に行くにしたがってボロボロとミスタッチが増え、しかもテンポを落とさないのでどことなく惹き飛ばしている感じなのが惜しいです(スタジオ録音ですがラエカリオ盤的)。それでも、コンクールライヴでこの技巧のキレはかなりのものがあります。この当時、小川さん21歳ですが、若さ溢れる思い切りのよい演奏を楽しませてもらいました。生で見てたら相当興奮したでしょう。

というわけで、2枚目の小川さんの演奏も非常に楽しませてもらいました。第2回にして日本人のワンツーフィニッシュですが、本当にそれだけのことはあるテクニックではないでしょうか。録音のせいか、2人ともやや歌が硬めなのが気になりますが、この調子で残りのピアニストの演奏にも期待したいと思います。

・・・しかし、このコンクールは中止になったせいか、この第2回ピアノ部門の情報はwikiにも載っていない有様で、ネットに情報が漂っていないのはピアノファンとしてなんだか哀しいです。この駄文がその演奏を留めた記録として、誰かの役に立つことを祈って。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 The melody at night, with you. all rights reserved.