音楽好きの世迷い言
The melody at night, with you
ニコライ・デミジェンコのスクリャービン&プロコフィエフ集
2007-07-08-Sun  CATEGORY: 廃盤再発推進委員会
demidenko.jpg



個人的に大好きなピアニスト、ニコライ・デミジェンコのCDでお気に入りのものをご紹介します。このCDはその内容の素晴らしさにもかかわらず、現在入手困難です。入手の際に払った犠牲は多大でございました・・・。ちなみに、イギリス在住の日本人から買いました。なんか複雑。

収録曲はスクリャービンのピアノソナタ第2番「幻想ソナタ」、エチュードOp.8-2、4、5、Op.42-3、4、7、それに4つの小品、ピアノソナタ第9番、詩曲「焔に向かって」、プロコフィエフの束の間の幻想です。録音は90年、使用ピアノはお馴染みのFazioliではなく、Steinway。


払った金額に見合うだけの極めて大きな期待を寄せて聴いたわけですが、期待を裏切らない演奏とはまさにこのこと!


とにかく、最初の幻想ソナタが素晴らしい。詩情溢れるタッチでとろけるような歌い回しが円熟の弧を描いて円やかに飛び回るさまは美しいとしか言い様がありません。録音も決して優秀録音というわけではないのですが、どこか霧がかったような感じがあって、Steinwayの輝きのある音色とデミジェンコの陰影のあるタッチが相まって、曲のタイトル通りに幻想的な雰囲気が抜群。第1楽章は冒頭の気だるくてちょっと長めのテーマを如何に飽きさせず聴かせるかが重要だと思うのですが、デミジェンコらしい豊かな音楽性によって非常に聴き所のひとつになっています。諸所での重低音の炸裂も悪趣味でない範疇で実に力強いです。第2楽章は切迫感を醸し出すリズムに乗った打鍵が心地良い。個人的には文句無くこの曲のベスト録音だと思います(ちなみに、他にはヴォスクレセンスキーのツボを押さえた重厚な演奏や、A・メルニコフの多少軽量級ではあるものの瑞々しく勢いのある演奏、アムランの流麗極まる演奏などが印象に残っています。逆にポゴレリチはデフォルメが激しくてちょっと合いませんでした)。


続いてのエチュードもいいです。特に、Op.8がいい。有名曲8-12が入っていないのが残念の極みですが、こればかりは仕方ない。モスキートもお洒落。4つの小品とソナタ第9番は地味ですが、よくわからない曲という印象を変えてくれました。特に第9番はホロヴィッツやメルニコフなどの名演にも引けを取らないと思います。そしてそして、詩曲「焔に向かって」の崇高ささえ感じさせる演奏ときたら!もう言葉を失うだけです。どこまでも高みに昇っていくような最後の和音連打の結末は・・・これもまた、個人的にこの曲のベスト演奏だと思ってます。


プロコフィエフの束の間の幻想は、これもほとんど聴かない曲なんですが、面白かった。ムストネンの、歯切れよくそれでいて瑞々しい解釈とはまた違いますが、 よく練られており、かつ技巧的にもキレを感じさせる演奏です。

以上の感想は、僕がデミジェンコにベタ惚れなので多少割り引いて読んでもらったほうがいいかもしれませんが、彼の数多の録音の中でも存在価値のあるアルバムと言えると思います。ちなみに、入手後に東京都の図書館で置いてある所を見かけました(ちょっとショック)。再発を求む!
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
今ごろですが
コメントジュスマルダホス | URL | 2008-12-08-Mon 19:27 [EDIT]
デミジェンコに大ハマリです。もともとハイペリオンのメトネルを持っているので、彼の音は知っていたのですが、先日ハイペリオンのサイトで偶然ショパンを聞いて驚愕し、こりゃ集めないとと思っていた矢先、なんと近所の中古屋でスケルツォを発見。ただ今ヘビロテ中です。

何ですかこの音色は!!凄すぎます。
鋭い重低音も凄いですが、クリスタルな高音にシビれまくっています。テクも万全すぎてお口あんぐりです。

これからせっせと集める予定です。
デミ最高
コメントA太 | URL | 2008-12-11-Thu 20:40 [EDIT]
僕もデミジェンコはかなり集めました。
ショパンのスケルツォは彼の数多の中の録音の中でも群を抜きん出て素晴らしいものです。素晴らしいというより凄まじいです。ただ、ソナタ集はちょっと足取りが重いかなと。

あと、手に入るのでしたらスカルラッティ集も是非!軽やかで品があって言う事なしです!メトネルだとピアコン2番ですよね!ハイペリオンのあの録音は聴きまくりました。カデンツァの迫力といったら、同曲を録音しているシチェルバコフが逃げ出す始末。

あとあと、レア物ではメロディア時代にCD化されていないLPを出しておりまして、その中のリストのドン・ジョバンニが凄い!まさに重戦車&長距離爆撃機みたいな、最高の演奏です。テクと音楽性の両立がここまで体現されているピアニストはなかなかいないですよねー。他にはペトロフくらい?


あとあとあと、ここだけの話しですが、ラフ3も海(ry


興味がおありでしたらmixiでメッセージ下さい。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


余白 Copyright © 2005 The melody at night, with you. all rights reserved.