FC2ブログ

The melody at night, with you

音楽好きの世迷い言

最近聴いている音楽 vol.52〜SokolovのGoldberg〜

先日書いたグリゴリー・ソコロフのラフ3、「音がおかしい疑惑」について。



「あれと同じようなピアノの音をどこかで聴いたんだよな・・・なんだったっけな?」と考えること1週間。答えはすぐそばにあった。


soko2.jpeg


そう、まさかのソコロフによるバッハ・ゴルトベルク変奏曲である。iPodでSokolovのアルバムを眺めていて「アッ」と思い出したのだ。


長い間、このメロディア盤レコードはCD化されず、LPの価格はebayで1万overだったので見送ってきた。CD化されて飛び付いたが、出だしのアリアからクシャミのしぶきまで見えるようなデリカシーの無い観客ノイズの連発に神経質な私は嫌気が差して、ろくに聴きもせず棚の肥やしとなっていた。ちなみに演奏自体、律儀に繰り返しを行うなど生真面目で硬くてあまり好きではない。ライヴということもあり、ミスが無いわけではないのも手が伸びない要因になっている。おまけに録音も遠めでホール内のザワザワを(ラフ3と同様に拾っていて!!)イマイチだ。


話を戻そう。とにかく第何変奏か忘れたが、突然ピアノの音色が変わるのだ。出だしは普通の音色なのに、途中からエフェクターでコーラスをかけたかのように、ピアノの音が突如おかしくなる。今日、送別会で新宿に向かう電車の中で聴いていたが、やはり気が付かぬうちにいつの間にかこの気持ちの悪いピアノの音になっていた(ラフ3ほど常に変な音になっているわけでない)。何かの録音マイクの不調なのだろうか?よくあるピアノ上のトラブルなのだろうか?違うレコード会社、同じピアニスト。これは一体、何の符合なのだろう?あるいは、ソコロフがこの音が好きなのだろうか?本当に私の耳はおかしくなってしまったのだろうか?それとも、私の再生機器が悪いのか?プレーヤー、iPod、スピーカーにイヤホン、すべてが同じようにおかしな音を出すということはありえるのか?



どなたか、ソコロフのこのゴルトベルクかラフマニノフの3番を聴かれた方はコメント頂けないだろうか。もし、世間でこんな音が「良い」とされるなら、私はクラシックから撤退するしかないと思っている。



スポンサーサイト



雑多な話題 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>