音楽好きの世迷い言
The melody at night, with you
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
最近聴いている音楽 vol.50〜David Greilsammerのスカルラッティ&ケージ:ソナタ集〜
2017-02-11-Sat  CATEGORY: 雑多な話題
年末年始に買い漁った盤をようやく一通り聴けた(とにかくロックが多くてキツかった。。。)。私の大好きなデヴィッド・グレイルザンマーによるスカルラッティとジョン・ケージのピアノソナタ・インターリュード集である。


dg



ケージと聴いて逃げ出すアナタ、ちょっと落ち着いて私の感想を読んで頂きたい。グレイルザンマーはクラシックど真ん中のアルバムをそれほど出していないせいか、ネット上でレビューを見かけることが少ない。けれども、その知的でよく練られた個性的な解釈と、繊細な技巧は私のどストライクで、時にはグールドでありムストネンであり「知的な」ツィモン・バルトである。


さて、出だしは静謐なスカルラッティのソナタK.213。タッチの磨かれ方が尋常でない。神経症的にならないギリギリのところで崇高に歌っている。続くケージのソナタ。中世の時計店の屋根裏に潜んだかのような、幻想的で魅惑的なプリパレーション。ここでピアノは一部完全に打楽器となっている。私はケージのソナタは他に高橋悠治盤しか知らないが、あれを有り難がって聴いていたのはなんだったのかと思うほど説得力がある(こちらの素晴らしいサイトで勉強しようと思っているが、さすがにケージonlyの盤にはなかなか手が出ない・・・)。なんというか、間と響きをきちんと計算して演奏されているように思う。「ケージが意図したプリペアドピアノはこうだったのかも」とさえ感じる。アタッカのように編集されて続けざまにK.141、同音連打のキレがどうとかそういう次元でなく、威厳すら感じる新鮮な解釈。これは再録音になる。ケージのソナタ8番は以前よりも叙情的でファンタジック。K.531は初めて聴く。頻繁に入るトリルが美しい。K.27の針の先で突いたような絶妙なタッチ!ケージの第7番、旧録音よりもダイナミックで幾何学的な美しささえ漂うミステリアスさ。行進曲的なK.381は繰り返しがややクドいか。ケージの第5番は旧録音同様のジャングル感。ケージの第16番はオルゴールのような、夢見るような音色。K.492 Prest。非常に気品のある演奏。


録音はSONYらしく、ピアノの音が近くも深い残響をまとわっている感じ。全曲を通して聴いてみて、これがスカルラッティのソナタだけなら愉悦的でしまりのないアルバムになっているところが、間にケージのソナタを挟んでいるので1本筋の通った揺るぎない構築感を感じさせる内容になっている。喩えが変だがプレリュードとフーガのような(勿論フーガがケージ)。


ともかく、このアルバムはブログを頻繁に書き始めたこの数ヶ月聴いたものの中で最もよく聴いている1枚になりつつある。彼の、知的で聴く者を惹き付ける解釈と表現力はまさに音楽の再創造と呼ぶに相応しい。「バロックと現代音楽の奇矯なサンドウィッチ」と敬遠される向きもあろうが、私の中では現代のピアニストでベスト3に入る存在だ。是非今後も追いかけて行きたい。


・・・余談だが、なんとアムランもラフマニノフの3番を出すらしい。しかも併録は私の大好きなメトネルの2番である!おまけに発売日はどうやらソコロフ・ブニアティシヴィリと同日の3月10日である。私にとっては、大ピアニスト3人の惑星直列級の出来事になりそうだ(もう少しずらしてくれた方が楽しみが分散したのに笑)。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2017/02 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


余白 Copyright © 2005 The melody at night, with you. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。