音楽好きの世迷い言
The melody at night, with you
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
最近聴いている音楽 vol.3〜ボブ・ディランとレコードの音質〜
2016-11-14-Mon  CATEGORY: 雑多な話題
ボブ・ディランがノーベル賞を受賞して私が始めにやったのは、MTVアンプラグドのレコードのコンディションをユニオンに問い合わせることだった。




ディラン・ファンの末席を汚している1人として大変恥ずかしい行為ではあったが、プリンスの逝去後にレコードの価格が上がって非常にイヤな思いをしたため、検索をかけて見つけたレコに飛び付いたわけだ。翌日、「大変多くのお問い合わせを頂いております」との返事で、想定額の1.5倍の値段が付いていることを知った。皆考えることは同じである。


このレコードを狙ったのは、尊敬する音楽仲間いしうらまさゆき氏のご自宅でこのLPを聴かせてもらい、あまりのCDの音質との違いに腰を抜かしたからであった。ちなみに私の家でいしうら氏にクラプトンのアンプラグドLPを聴かせたところ感激され、彼はクラプトンを探し、私はディランを探す日々が始まったのだ(だから、いしうら氏が書かれている友人とは私のことである。登場させて頂いて大変光栄であります)。


勿論、私はリアルタイムでクラプトンのLPを入手したわけでない。元ネタ明かしをすると、前回もお名前を出させて頂いたモアさんのこちらのページで見て以来、このレコードを探し続けたのだ。立川ユニオンで3000円弱で3年前に見つけて以来、店頭ではお目にかかっていないが、モアさんのページで有名になったのかこの盤も価格が高騰しているようだ(余談だがモアさんとは一切面識が無く私が勝手に書かせて頂いているだけであることを断っておく。ジャズに関してはこちらのサイトで本当に多くのことを勉強させて頂いた)。それにしても・・・今回のディランのノーベル賞受賞で、アンプラグドLPの入手がまた遠くなってしまった。どちらも本当に素晴らしいレコードなので、機会があれば是非聴いてみて頂きたい。

レコードの方がCDより音質の良いアルバムは枚挙に遑がない。例えば私の好きなクラシックのアルバムで言えば、CD盤は超激レアの山下和仁『ベートーヴェン・ギター協奏曲』だ。ヤフオクで13500円も出して買ったが、カッスカスに乾いた干物のような音で閉口した。試しに富士レコード本店で500円の見本盤レコードを買って聴いてみるとひっくり返るほど素晴らしい音だった。音にツヤがあり、ギターの弦の香ばしいかのような音色が漂ってくるようだ。即刻CD盤は半額以下でヤフオクで手放すこととなった。


このような個人的事例は他にもある。例えば以前CD化の署名を募った高橋悠治のバッハ・リサイタル。CD化されて感激したが、最近置く場所に困ってLPを整理するため3枚持っていたこのレコード盤のうち2枚を手放そうと聴き直したところ、レコードの音の美しさにびっくり!黒檀のような、しっとりと黒光りする音色が素晴らしい。よくよく聴くと、CDのほうはノイズレスだがのっぺりと金属の板のようだ。今までピアノはCD(デジタル)に限ると思っていたのだが、認識を改めねばと思った(CDからLPにピアノのアルバムを買い直すなんて、考えただけで恐ろしい)。


余談の余談だが、ユニオン吉祥寺クラシック館に売ったこのレコード、2枚で20円にしかならなかった。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2016/11 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


余白 Copyright © 2005 The melody at night, with you. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。