FC2ブログ

The melody at night, with you

音楽好きの世迷い言

ラフマニノフ・ピアノ協奏曲第3番聴き比べ〜レビュー追加〜

Evgeny Ukhanov(エフゲニー・ウハーノフ)によるラフマニノフのピアノ協奏曲第3番のレビューを追加。


☆☆・Ukhanov/チヴジェリ/シドニー交響楽団/original/Live
2000年シドニー国際ピアノコンクールライヴ。ややゆっくりめの出だしです。ピアノの音が小さめなせいか、タッチに明晰さを欠く感じ。また、音ギレが悪く、しまりがない印象も受けます。指回りの流麗さはありますが和音があまり美しくないかも。気が付くといつのまにか早めのテンポになってたりと、結構細かいテンポチェンジを行っているようですが、オケとの意思疎通は取れているようです。音数の少ない箇所はオケ共々ゆったり歌いますが、その反面切迫感が感じられないかも。両手交差部分は最初の左手が抜けててドキッとします。展開部、和音連打前はかなり速いのですがやはり音切れの悪さが目立つのが惜しい。肝心の連打部分はまずまずのスピード。カデンツァはいたってフツーで工夫が欲しいです。再現部前の独奏部分ではなかなか上手く歌ってます。カデンツァなオリジナルなのにオッシア並みの演奏時間になってます。第二楽章、オケの序奏が遅いです。ピアノが入ってくるまでジリジリする)。お待ちかねの緩徐部分、ここは第1楽章同様比較的良かった。その後も急速部分では妙に腰が重いというか、畳み掛ける勢いに欠ける感じで、それでいて大げさ感ばかりで胸に迫ってこないです(静かに歌う部分は良いのですが)。終楽章は意外に良い出来で、ミスはあるものの出だしなど指回りの流麗さが出ていてなかなか良いと思います。終演後はブラボー連発ですが、そこまで良くはないというのが正直なところ。ちなみにこの時、彼は第3位(上原さんが2位)。
スポンサーサイト



ラフマニノフ・ピアノ協奏曲第3番聴き比べ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>