音楽好きの世迷い言
The melody at night, with you
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
江藤俊哉のバッハ・無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲
2007-08-27-Mon  CATEGORY: ヴァイオリンあれこれ
またまたヴァイオリンの盤をご紹介。
今回は日本を代表するヴァイオリニストである江藤俊哉のバッハです。この盤はシュムスキー盤同様に高い評価にもかかわらず現在廃盤が続いており、運良く音源を入手出来たので感想を書きたいと思います。






まず、とにかく音色がズ太いです。これがエトーのボウイングというやつなのでしょうか。非常に卓越した右手の技術を感じます。ちょっと強く弓を押し付け過ぎなのか、時折和音が濁る感じの場面があります。全体的に1枚目(ソナタ第1・2番、パルティータ第1番)の方が良い演奏で、ゆったりとスケール大きく構えた内容。特にソナタ第1番は気に入りました。ソナタ第2番のフーガも良い出来。


パルティータ第2番も全体的にテンポが遅めでじっくり歌っている感じ。緊張感が高く、背筋がピンと伸びるような印象を受けます。シャコンヌは非常に充実した内容で、男性的な力強さのある演奏です。勿論、急速部分や重音部分での乱れもありません。ちなみに演奏時間は16:20で、好みの遅いテンポ。第Ⅱ部冒頭の歌の部分でも極めて高い集中力で弾ききっています。名演です。ソナタ第3番も充実している演奏なのですが、(僕の耳がおかしいのか)ところどころピッチが揺れる場面が散見されて惜しいです。しかし、長大なフーガの高揚感は随一のもの(この曲は長いので大抵飽きてしまうのに、最後までしっかり聴かせます)。録音は全体的に古い印象があるものの(76年録音)、残響も必要最低限で不満はありません。


というわけで、世評の高さを裏切らない名盤でした。少なくとも、先日紹介したシュムスキーよりは個人的に断然好みの演奏です(日本人贔屓?)。日本人ヴァイオリニストのレベルの高さを見せ付けたと言えます。是非とも再発してもらいたいものです。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2007/08 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


余白 Copyright © 2005 The melody at night, with you. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。