音楽好きの世迷い言
The melody at night, with you
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
続・ニコライ・ペトロフの未CD化LP
2007-06-25-Mon  CATEGORY: ニコライ・ペトロフの音盤紹介
またまたペトロフの未CD化LPの話し。

ネット上で偶然ペトロフがラフマニノフのピアノコンチェルト2番を録音していることを知り、俄然欲しくなって探していたものです。指揮はエフゲニー・スヴェトラーノフ、オケはAcademic Symphony Orchestra of USSRとあります。録音は1979年。


petrach2.jpg



演奏ですが、多少散漫な箇所もあるものの、ゆったりとしたテンポで叙情性を重視した内容と言えるでしょう。ちなみに演奏時間は第1楽章から順に11:38、12:52、11:50となっており、第2楽章がかなり遅めです。しかし弛緩しすぎるということはなく、ペトロフの深い歌い回しが十二分に味わえます。第3楽章の急速部分は、(例えば僕が好きなツィメルマン盤と比べると)少し安全運転というか、間延びした感じがするのは少々残念。彼らしいキレを見せ付けるまでには至ってませんが、この底抜けにロマンティックな曲ではそれも良いでしょう。


というわけで、傾聴に値する演奏なので是非CD化してもらいたいところです。淡い水彩画のような雰囲気のあるジャケットも気に入っています。ちなみに、ペトロフのデビューレコードはラフマニノフの4番とプロコフィエフの3番のカップリングですが、こちらもまだCD化されていないようです。どちらもかなり良い演奏だと思うのですが、それはまた別の機会に。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2007/06 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 The melody at night, with you. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。