音楽好きの世迷い言
The melody at night, with you
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
内田光子のショパン・ピアノソナタ集(東芝EMI旧録音)
2016-06-07-Tue  CATEGORY: 廃盤再発推進委員会
久々にCD化して欲しいLPのご紹介。東芝EMIから出た内田光子のショパンソナタ集旧録音です。

uchida

某掲示板でもCD化して欲しいレコードとしてこれが挙げる方がおり、「いつか買えたらいいな」と思っていたものでした。なかなかのレア盤なので、たまーにユニオンに出てくるものの、まずまず高価な割に足が早く、今回ようやくブログに載ったその日に取り置きの電話をしました(ちなみにセールでなく平日。オタクのブログチェックは忙しい笑)。店で試聴してコンディションがイマイチで迷ったのですが、思ったより安いし、担当してくれたのがかの猫丸さんだったので、信用して購入。現在の、妖怪のように小刻みに震えながらピアノを弾く求道的な彼女からは想像も付かないポージングのジャケです。

そのジャケはご覧のとおりのシミが酷く、これぞセピア色、という具合に変色してます。「盤質良好なら、ジャケなんて酷くても安いからむしろ歓迎」な私ですが、残念なことにやはりレコードのコンディションがよくない。猫丸さんも「ギリギリ盤質Bとさせて頂いてまして…」と言ってましたが、キズは少ないものの、ミゾがダメージを受けているのか盤の歪みがないのにも関わらず部分的に酷い音揺れがあります。そんなわけで、入手したLPでは演奏の真価を問える状態ではないのかもしれませんが、久々の更新に相応しい?好演だったので記事を書くことにしました。

解説によると、録音は1972年3月世田谷区民会館で行われたとあり、1970年のショパンコンクールで優勝後最初に録音したレコードで、なんと彼女のデビュー盤のようです。期待十分の中、例によって3番から聴き始めました。ショパコンでは2番を弾いているので、3番は苦手なのかなと思ったのですがこれが存外に素晴らしい。第1楽章は教科書的でストレートな解釈ですが、細部での柔らかなタッチが絶妙で、それでいてごくわずかに見せるspontaneousなアゴーギクとデュナーミクが曲に彩を添えており、時折見せる開放感のある和音の響きも相まって非常にフレッシュな印象を受けます。後年、PHILIPSから出た新録音は、これと比べると恐ろしく老成して修行僧のような達観した演奏に聴こえ、「ショパンらしくないな」と思ってしまいました。第2楽章も指が回る回る。ドビュッシーの12のエチュードで聴かれるように、彼女の技巧は確かなものがあるので安心して聴けます。私の分類で言うとアルゲリッチやバルボーザの流麗系ではなく、ポリーニやヤブウォンスキのカッチリ系なタッチ。非常に精緻な音の粒の揃いに舌を巻きます。第3楽章は音楽性の限界が露わになるところですが、私にとって10分を超えるモタレたような演奏は好みでない中、この演奏は8分台半ばでかなり理想的。ちなみに新盤は9分台半ばですから、およそ1分も短くなっており、この面でも解釈にかなりの違いが見られます。そしてお待ちかねの第4楽章、果たして、4分50秒を切る快速テンポでキッチリと仕上がっており、お見事と言いたくなる完成度。全体として、「考えすぎ」になる前の若さゆえの自発的なしなやかさのある演奏で、ショパンらしい愉悦に浸ることができ、しかもピアニスティックな面での満足度も新盤を大きく上回るものでした。

続いて第2番。若干21歳時のショパコンでは、今の彼女からは想像もできないライヴらしい熱いパッションに燃えた演奏が聴けましたが、この旧録音も概ね同様の路線でしかもスタジオ録音だけあって完成度が高まっており、要するに完璧。第1楽章で、和音は輝かしく華々しいまでにゴージャスで、第2楽章の和音連打や半音階での上昇、オクターヴなど見事。急速部分と緩徐部分のテンポの差がやや大きいのが気になるものの勢いに満ちており、知らない人が聞いたら女性ピアニストとは思わないでしょう。それでいてアルゲリッチやブニアティシヴィリのような「オテンバ感」がなく、あくまで優等生の学級委員長がスマートにリレーのアンカーを務めて爆走している、といった趣きがあります。葬送行進曲もタイム的には遅すぎないのですが、基本的にこの楽章が苦手な私にはそれでも不思議と遅く感じました。終楽章は1分20秒を大きく切る相当なスピード。ヒリヒリするような切迫感とキレのある指回りが堪能できます。

2番も3番も、録音はやや低音がボン付くもののピアノの音像との距離感が良く、残響も適度。惜しむらくはレコードのコンディションで、もう少し印象良く聴こえるのかも、と評価を保留したくなってしまいます。とりあえず2番は文句なしに☆、3番は☆に近い◎とします。

旧録音の演奏時間、2番が7:14、6:15、10:25(合算表示)、3番が8:47、2:42、8:37、4:48で、新録音は2番が7:31、6:44、9:17、1:36、3番が13:13(繰り返しあり)、2:40、9:36、5:09で全体的に相当速いことがわかります。


そんなわけで、これは是非ともCDで復刻してもらって、ノイズの無いピアノを楽しみたい1枚です!
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
リューボフ・エドリーナ&ボロディン弦楽四重奏団によるショスタコーヴィチ・ピアノ五重奏曲
2014-08-04-Mon  CATEGORY: 廃盤再発推進委員会
私のブログに来てくれる読者の方々は、きっとショパンやラフマニノフがお好きな方が多いと思います(コンテンツ的にそうでしょう)。そんな私が、珍しくショスタコの、それもピアノ五重奏曲をご紹介。



正直な話、分かりやすいロマン派からクラシックに入った私にとって、ショスタコーヴィチは苦手でした(そりゃあショスタコが弾きたくてピアノを始める子どもはそういないはずです)。シンフォニーはともかく、ピアノ曲にしても「なぜそこでその展開?ふざけてんの?」「メロディが晦渋過ぎ」と思うことしばしばで、某2大有名サイトでショスタコのイロハを勉強させて頂いて、ようやく楽しめるようになったのです。

今日はそんな私がショスタコに開眼した愛聴盤をご紹介。リューボフ・エドリーナのピアノとボロディン・カルテットの弦による、ピアノ五重奏曲です。

ショスタコと聴いて逃げ出す皆さん、ご安心ください。この曲は傑作です(マーラー風に)。この5楽章には、胸を締め付けるような哀切のメロディとショスタコらしい諧謔とが、絶妙なバランスで描かれています。

第1楽章の出だしからシリアスさが全開。劇的な和音に導かれ、重々しく曲が始まるとすぐにそのただならぬ緊張感のトリコになってしまうでしょう。切ないフーガとアダージョを経て、ショスタコらしさ満開の第3楽章スケルツォ。こういう曲を許容できるか否かがショスタコにハマれるかどうかの分かれ道なんだと思います。別な喩えをすると、こちらも名作の誉れ高い24の前奏曲とフーガ、筋金入りのショスタコファンの方は第15番を好まれるそうなのですが(往年のロシア人ピアニストも抜粋でこの曲の録音を残していることが多い)、浅薄ミーハーなわたくしなどは分かりやすい美しさを持った第13番に宇宙の広がりを感じるのです(メルニコフの演奏が涙チョチョ切れます)。陰鬱で弦がか細く叫ぶ間奏曲に続き、終楽章のフィナーレは弦楽器が次第に明るく力強さを増し、ピアノが快活な和音連打で行進曲風のモチーフを奏でつつも、ショスタコらしい一筋縄ではゆかないある種の「分かりにくさ」も通過して(それこそロシア文学のような、何度も繰り返し読むことで理解できる深みと哀しみと難解さを伴って)、最後は小さな花が道端に咲くようにチャーミングに曲を締めくくります。

ショスタコーヴィチの自演も含めてこの盤は色々聴きましたが、エドリーナ&ボロディンQによるこの演奏が最も好みです。初めはリヒテルのスケールがデカいライヴ盤でこの曲にハマったのですが、あちらは曲を通して巨大な緊張感と向き合う聴き疲れ感があるのに比べ、こちらの方が凛と張り詰めたシリアスな演奏表現の中にも、どこか暖かみや人間味に溢れていて、ピアノが深い残響をまとっていつつも不思議と明晰に聴こえる録音とも相まって、非常に深い感銘を与えてくれます。唯一の欠点と言えば、曲が終わって感動の余韻に浸っているのに、しばらくするとカップリングのストラヴィンスキーの弦楽四重奏の不協和音が爆発するところでしょうか。

ともあれ、ドストエフスキーのように雄弁で、悲哀とユーモアと幾ばくかの希望を素晴らしい構成美で織り込んだこの作品の最良の演奏のひとつとして、この盤の再発を願うばかりです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
山下 和仁 / SONATA
2014-08-01-Fri  CATEGORY: 廃盤再発推進委員会
再び山下和仁の音盤紹介。ギターによるソナタを集めた作品集です。

guitar sonata

ジャケがデジタルちっくで時代を感じさせる意味不明なデザインですが、いい味出してます。曲はホアキン・トゥリーナ(スペイン)のソナタ、レノックス・バークリー(イギリス)のギターのためのソナチネ、マヌエル・ポンセ(メキシコ)のソナタ第3番、フェデリコ・モレノ=トローバのソナチネです。録音は1983年7月。

色々な国籍の作曲家の作品が収録されているため、1枚を通して聴くと作風のカラフルさが非常に印象的です。

トゥリーナはスペインの作曲家らしく民族的な響きが印象的ですが(これが日本酒とスルメのようにギターによく合う)、泥臭さはなく意外と小綺麗な作風です。冒頭を飾るに相応しい力強い曲で掴みはOKというところでしょうか。終楽章はギターが鳴りまくり。ちなみにこの曲はバルエコなども録音しているようです。

2曲目はバークリーのソナチネ。前曲とは違って出だしこそはモダンで普通っぽい?感じで始まりますが、ギターのための、とあるように、曲が進むにつれて超高速のトレモロやハーモニクスの響き、ジャカジャカと激しいカッティングなどギターの特性を活かしたフレーズが満載。相当の難曲でしょう。後に山下はバークリーのギター協奏曲を録音しています。

お次はポンセのソナタ第3番。低音弦の響きをリフレインさせつつ、重音でほの暗いメロディを繰り返してリズムを刻むところなど面白い。中盤からは泣きの旋律というか、感傷的な響きが顔を出してきて曲に深みとコクを出していますが、あくまで山下は冷静な筆致によって曲を構築しています(もっと情熱的でも面白かったかも)。この曲はwikiによるとセゴビアの超絶技巧を念頭に作曲されたそうですが、なるほど終楽章は技巧的な激しい同音連打で始まります。相当素早いポジション移動が必要そうです。超高速で上昇下降する早弾きも登場し、高音弦でトレモロしつつ中音弦でメロディを弾くところはメチャ難しそう(ハンガリー狂詩曲第2番でも出てきたヤツ)。とにかくバラエティに富んだ曲です。本人もお気に入りなのか、この曲は1995年に再録音されています。

最後はトローバのソナチネ。これぞスペインのギター曲という明るく快活な出だしで、アルバムを締めるのにピッタリ。取っ付きやすさは4曲中随一でしょう。ギター曲の作曲家として認知されているだけあって(クラシックギターの世界では有名なレパートリーの模様)、楽器の鳴らし方を心得ている感じ。どことなくアルベニスのイベリアを思わせる曲風です。実はこの曲は以以前紹介したニコラ・ホールのアルバムにも収録されています。ホールもギター史に残るテクニシャンですが、冒頭の元気の良さや、終楽章の激しく熱情的な山下の技巧に比べると不自由さを感じてしまいます。


というわけで、何を聴いても何を弾かせても超絶上手い、ピアノで言うとアムランのような、いや、ギター界ではアムランよりも孤高の存在と言える山下和仁のこのアルバム、例によって何故かCD化されていない模様ですが、1997年にファンダンギーリョ~スパニッシュ・リサイタルと題してトゥリーナとトローバの曲が再録音されています(ちなみに何故かレビューでは酷評されていますが・・・)。是非そちらと合わせて聴き比べて楽しんで頂きたいアルバムです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
山下 和仁 / 風色ベクトル~吉松 隆ギター作品集
2014-06-24-Tue  CATEGORY: 廃盤再発推進委員会
久々の廃盤再発願いは私が人類史上最高のテクニシャンだと勝手に思っているクラシックギタリスト、山下和仁による吉松隆ギター作品集「風色ベクトル」です。


風色ベクトル


山下和仁はその驚異的なテクニックによってギターの新たな地平を切り開いたにも関わらず、なぜか廃盤が多く、その上CD化されていない盤もある状況が続いており、ヤフオクやディスクユニオン等でも相当の高値が付いてます。実際、つい先日もベートーヴェンのコンチェルトをギター版に編曲したものが8000円overで売れました(ちなみに私は以前13500円ほどで入手したので、かなり悔しかったですが。全くの余談ながら、CD初期に出たこの盤はCDよりもレコードの方が音質が良いと思います。私は大枚はたいて結局安く手に入れたレコードをwav化して聴いてます)。


ディスコグラフィーについては、素晴らしいサイトであるこちらを参照して下さい。廃盤で特に有名かつ評価の高いものは、やはりベートーヴェンのギター協奏曲、ドヴォルザークの新世界、そしてこの吉松隆作品集ということになると思います。


この作品を一言で表現するなら、ピアノ作品集「プレアデス舞曲」のギター版といった感じでしょうか(本人もライナーでそのように述べている曲があります)。田部京子氏によるピアノ演奏がお好きな方には大変オススメできます。

それぞれの曲について、ライナーに吉松自身の解説があるのでそれを載せておきます(1曲ずつ書いていくのは大変なので…)。

yama1.jpg

yama2.jpg


どの曲も、ギターの響きを最大限に生かした美しくも切ない旋律のオンパレード(ギターソナタではナチュラルハーモニクスが頻出するのがやや鼻につきますが)。特に風色ベクトル、水色スカラーは田部さんのピアノ演奏を思い起こさせる夏にピッタリな佳曲です。個人的には、先に挙げた廃盤群の中ではベトコンや新世界よりも山下の優しく繊細なギターにたっぷり浸れるこの作品がいちばん好きです。

山下ファンで吉松隆のプレアデス舞曲集やピアノ協奏曲「メモ・フローラ」、ギター協奏曲「天馬効果」が好きな方には、何よりもオススメできるこの盤を、是非とも再発して欲しいと思います。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
未CD化のレコードあれこれ~リスト編~3/2追加
2013-03-02-Sat  CATEGORY: 廃盤再発推進委員会
いつもショパンとラフマニノフばかりなので、たまには違うネタを。未CD化のレコードのショパン編に続いて、リスト編です。一部CD化されたものもあります。


※デ・ワール盤を追加(3/2)





まずはカツァリスのDECCAレコーディング。



こちらの記事によるとこれがカツァリスのレコードデビューで、1972年のエリザベートコンクールの最中に彼とデヴィッド・ライヴリーの2人がDECCAから秘密裏にコンタクトされ、カツァリスはコンクールのあとにモーツァルトとリストのロ短調ソナタを4時間半かけてレコーディングしたとのことです。


ということは、近年出されたカツァリス・プレイズ・リスト Vol.1というアルバムでのリストのソナタは、このLPとは別録音ということになります(CDの方は1973年7月の録音とあります)。ものごっついピアニスト シプリアン・カツァリスでも書かれているように、モーツァルトはイマイチですが、こちらのソナタは非常に真っ当で逆に興味深い。彼らしいアクロバティックでぶっ飛んでる感じはまだそこまで見られませんが、一部の技のキレはやはり刮目させられるものがあります。CDの方は聴いていないのですが、いずれ聴き比べてみたいと思います。



続いては、ショパンの方でも紹介したアレクサンドル・スロボジャニクのソナタとハンガリー狂詩曲第6番。

SLO.jpg

例によって大味でガサツという向きもあるかもしれませんが、以前紹介したショパン・エチュード(ライヴ)と同様の豪快で振幅の激しい演奏はいかにもロシアという趣きのあるものです。彼はジャケがカッコいいので、どうしても評価が甘めになってしまいます(笑)ちなみに私は他にRCAから出たショパンのマズルカ、ハイドンとプロコのソナタ、メロディアから出たバッハ=レーガーの変奏曲とミャスコフスキーのソナタ第4番のLPを持っていて、どれも同じような迫力のある演奏です(ミャスコフスキーが特にスゴい。バッハ=レーガーはかなりのレア盤ですが、アムラン盤があればいいかなという感じ)。

※と、ここまで書いてから調べて気づいたのですが、この演奏は「フランツ・リスト生誕200周年に捧ぐ」というアルバムでCD化されているようです。これによると、彼のソナタとハンガリー狂詩曲第6番は1975年のハンガリー・フランツ・リスト賞に輝いたとのことです。




こちらは私の思い出深い盤。ギャリック・オールソンによるリスト集です。

Ohlsson.jpg

曲はメフィスト・ワルツ第1番、詩的で宗教的な調べより孤独の中の神の祝福、葬送、それに愛の夢第1〜3番となっています。実はオールソンは私の大好きなピアニストの1人で、(ショパン・コンクールで優勝したからというわけではないのですが)彼のショパン演奏は特に好んで聴いているものです。

私の知っているところでは、(ショパンやブゾーニ・コンクールのCDを除くと)彼はコンクール優勝後にEMIからピアノソロではショパンのノクターン、ポロネーズ、スケルツォ、前奏曲、そしてこのリスト、ブラームスではソナタ第3番他、ヘンデル&パガニーニの主題による変奏曲集、ラフマニノフの編曲集、さらにレアなところではシューベルトのソナタ第17番など数多くのレコードを出しており、そのうちショパンのノクターンとポロネーズなど幾つかのものはレーベルを変えて何度かCD化されています(最終的?には完全盤がEMI1300シリーズで2枚組で出てます)。特に私が好きなのはポロネーズ集で、幻想ポロネーズは色々聴きましたが彼の演奏がダントツでベストです(10年ほど前、某掲示板でも私と全く同意見の方が居て、その当時マイナーレーベルでCD化された盤を探していたのを思い出します)。

さらにその後、アラベスクやブリッジ等のレーベルから上記の再録音を含め様々な音源が出ていますが、量が膨大過ぎてあまりカバーできていません。その中ではアラベスクから出たショパン作品全集が質の高さという意味では本当に素晴らしく、我が家のリファレンスとなっています。ただし、ポロネーズ集の新録音はベーゼンドルファーを使っているせいかボヤケ気味の録音のせいかなのか、旧録音のような輝きに欠ける感じがあるのが惜しいです(余談ですが、アラベスク盤を分売で買い集めていたところ、全集が出そうなのでヤフオクに売りに出したらなぜかエチュード集が10500円で売れてビックリしました。ちょうど廃盤になっていた時期のようです)。

随分と横道にそれてしまいましたので、このLisztのレコードの話に戻ります。彼の演奏の特徴は手の大きさを活かした豪快な技巧と、大らかでゆったりとしたテンポの語り口が挙げられると思います。(ラフマニノフの3番のレビューで書いたように)ともするとそれが緊張感の欠如につながる場合もあるのですが、曲によってはこのピアニズムがピッタリとハマっています。それが最良の面で発揮されているのが愛の夢の3曲で、有名な第3番はちょっとテンポが遅すぎるかなと思わなくもないですが、船に揺られているような心地良さがあります。詩的で宗教的な調べも秀演。特に「孤独の中の神の祝福」は深刻になりすぎず、かといって弛緩過ぎず、絶妙なラインを保ってます。そして冒頭のメフィストワルツ。実はこれは私が最初に聴いたメフィストで、今でこそキーシンやエコノム、ルガンスキー、マツーエフ、Tong、ブニアティシヴィリなどの現代的名演が出てますが、オールソンのこの演奏は最もよく聴いた思い出の1枚なのです。緩徐部分の歌の自然さ、急速部分の豪快な技巧はやはり今も魅力(細かく聴くと跳躍部分でスローテンポから徐々にスピードアップしていくところなど、前述の盤に比べるとちょっとユルいというか、多少時代を感じさせる解釈もありますが)。というわけで、このレコードはCD化されていないと思われるので、是非ともして欲しい1枚です。

ちなみに前述したLPについても少しコメントしておくと、ブラームスのパガバリやラフマニノフは技巧的に悪くはありませんが、彼の詰めの甘いところ?が多少見られて惜しい感じ(パガバリ第1巻最終変奏はスピード的にタラソフ以上ガヴリリュク以下の速さでまずまず健闘していますが、主題や第1変奏のテンポがやや遅め。その他の変奏ではインテンポで難なく突っ走って技巧を見せつけるところもあり、あんまり弾きこんでないor考えてないのかな?というところがいかにも彼らしいです(笑))。



お次は趣向を変えて、ギター編曲によるリストのLP。山下和仁によるハンガリー狂詩曲第2番です。

YAMASHITA.jpg

初めてこれを聴いたときは本当に戦慄しました。もはやギターという楽器の範疇を超えてます。唸りを上げて咆哮する6本弦にはオリジナルのピアノ版とはまた違った魅力に溢れています(ハンガリーのラプソディという、民族的な曲調とギターの音色がこれまたピッタリとハマってます)。私はあらゆるギタリストの中で彼がもう2度と現れないであろう人類史上最強のテクニシャンだと思っているのですが、その技巧が全開。フリスカでは低音弦を刻みつつ同時に高音弦で超高速のトレモロを聴かせているのですが、右手も左手もどういうことになっているのか想像も付きません(試しに右手人差し指・中指をできるだけ速く痙攣させつつ、親指で低音弦をはじくマネをしてみてください。勿論、同時に左手の方もスゴいことになってます)。歴史に名を残すであろうこの演奏がなぜCD化されていないのか、全く理解できません(余談ですがこのレコードは2枚持っていて、そのうち1枚はディスクユニオンで300円でした。大変狙い目です)。彼が出している膨大なCDの中にはベートーヴェンの協奏曲(ピアノ協奏曲第「6」番を編曲したもの)や吉松隆のソナタ、ドヴォルザークの新世界、兄妹デュオによるモーツァルトのオペラ編曲などなど廃盤のものがかなりありますが、その中には素晴らしいものも多いのでいずれ項を改めて紹介したいと思います。




トリを飾るのはやはりピアノで行きましょう。ニコライ・デミジェンコによるリストのドン・ジョヴァンニ幻想曲です。

DEMIDENKO-MELO.jpg

多少の弾きこぼしや隣りの鍵盤の引っ掛けなどもあるのですが、それをもろともせずに快速テンポで飛ばします。とにかく急速部分の鮮やかなこと!路線としてはラエカリオ(ブゾーニ版)の豪快さとデュシャーブルの直球勝負を足して1.7で割った感じです。ペトロフ盤の部分的なテンポの遅さ、アムラン盤2種の薄味加減、崩し気味のクズミン盤が気に入らないという方には大変オススメできます。

そしてメロディアのレコードながら、録音も優秀ではないでしょうか。併録のベートーヴェンのソナタ第3番、ハイドンのソナタなども音に輝きがあって素晴らしい。(kyushimaさんも書かれていますが)これは本当にCD化してもらいたい1枚です。私は見本盤と通常盤を持っているのですが、やはり白ラベルの見本盤が良い音です。彼はメロディア時代にクレメンティのソナタ、ウェーバーのコンツェルトシュトゥックなどをレコードで出しており(ハイペリオンから出したものとは別録音の模様)、どちらもCD化されていないようです。

3/2追記
デ・ワール盤を忘れてました。

dewaal


RCAから出たこのレコードは大好きな盤で(それならなぜ忘れてたのかという話ですが汗)、ハンガリー狂詩曲第12・11・13・6・3・9番が収録されています。2番が入っていないのは正直ちょっと残念。ゴドフスキーのパッサカリアのところでも書きましたが、彼の直線的で一本気なところが魅力の1枚です。シフラのような土着のコブシはありませんが、ディヒターやシドンのような良い意味で抑制の取れている演奏と言えるでしょう。特に13番は最近だとアムランの精緻流麗ここに極まれりという演奏や、ヴォロドスのキレ味鋭いナイフのような技巧と悪趣味一歩手前の編曲を加えた演奏が印象に残ってますが、それに比してデ・ワールの演奏は妙に朴訥と響き、ある意味隔世の感があるもののそれが逆に魅力に感じます。第6番も非常に模範的な演奏。録音も優秀。1985年9月に録音されたこのレコードは、どれだけ探してもネットに情報が落ちておらず、CDにもなっていないと思われるのですが、どうやら1986・87年辺りにVanguardでほぼ同じ曲目を録音してCDを出していたことしか掴めていません。そのヴァンガード盤の情報も全く分からず、録音年月が近いので同一音源の可能性もあります。情報をお持ちの方は是非お知らせください(ジャケットにDIGITALとあるのでいかにもCD化されてそうですが・‥)。




以上、長くなりましたが、他にも出てきたら随時追加したいと思います。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 The melody at night, with you. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。