音楽好きの世迷い言
The melody at night, with you
10年ぶりのLet Down~True Love Waits: Christopher O'riley Plays Radiohead~
2016-09-10-Sat  CATEGORY: 音盤紹介
この夏、私の音楽仲間周辺でちょっとした話題になった出来事があった。







RADIOHEADが10年ぶりに名曲「Let Down」をライヴで演奏したのである。







http://rollingstonejapan.com/articles/detail/26325/2/1/1





UKロックに詳しくない人が聞いたら「だからどうした」と思われるかもしれないが、これは事件である。

クラシックで喩えるなら、マウリツィオ・ポリーニがコンサートでリストの超絶やラフマニノフを弾いたようなものだ(ちょっと違うかww・・・実際、ポリーニが超絶を弾くレアな動画を見たことある。巧かった気がする)。彼らは同時に代表曲「Creep」の封印も7年ぶりに解いた。日本では2003年にサマソニで数年ぶりにクリープを突然演奏している(記憶が定かではないが、その直前のイギリスツアーでも久々に演奏していたはず)。





まるで海外のフェスのような観客の絶叫であるが、ここは日本である(ちなみに私はこの公演に行く予定だったが、当日券が売り切れてしまい涙を飲んだ。行った友人が「人生でいちばん感動した。号泣して見知らぬ隣りのおっさんと抱き合った」と言っていた)。その後、手元のブートによるとクリープは演奏したり演奏しなかったりを繰り返していたように思う。

http://andmore-fes.com/special/707/






さて、「Let Down」である。






RADIOHEADが私の最も敬愛するバンドであることは以前書いたが、彼らの曲の中でも最も好きな曲のひとつが(ベタだが)レットダウンだ。


万華鏡のような煌くギターのアルペジオ、シンプルながら美しく憂いのある旋律、そしてそれをエモーショナルに歌い上げるトム・ヨークのヴォーカル・・・UKロックの代表的名曲としての条件をすべて兼ね備えていると言っていい。


この曲が彼らのライヴセットに載らなくなった経緯は他に譲るが、今回10年ぶりに演奏されたレットダウンの、その「10年前」のライヴと思われるブートがこれである。



trill11.jpg





実はこのブートが存外に素晴らしいのだ。


まずはこちらのセットリストを見てほしい。


trill22.jpg


「2+2=5」「Kid A」「Fake Plastic Trees」「Arpeggi」(※この後、曲名が「Weird Fish/Arpeggi」になる)「Ideoteque」「Karma Police」「Paranoid Android」「Just」、そして「Let Down」である!


初期の作品は少ないものの、90年代後半~00年代前半の名曲が随所に散りばめられている。ここまでバランスよく配置されたセットリストはそうそうない!(勿論、かなりマイナーな曲もあるが)。何より、当時まだ未発表の新曲でありながらすでに名曲を約束されていた「Weird Fish/Arpeggi」も収録されているのがオイシイ。オーケストラと共演したこの動画は、ロックも聴くクラシックファンにも受けがよいだろう。




その上、「Let Down」である。当時、すでにライヴでは演奏されない幻の曲になってしまっていたが、イントロのギターのアルペジオが鳴り響いたときの、観客の戸惑いにも似た大歓声には背筋がゾクゾクする。


この他に私の好きな「A Wolf at the Door」(この曲で聴かれるオルガンのようなシンセの音はボーズオブカナダの影響を受けている?)がもし入っていたら、国宝に指定していただろう。


録音はサウンドボードでなくオーディエンス録音なのだが、観客の歓声もそれほど大きくなく、まさに会場で聴いているような臨場感のある音質である。しかし、ちょっと残念なことに、トムや他のメンバーのテンションが、2000年代前後の奇跡のようなライヴとは違って少し大人しいのが惜しい。それでも「Let Down」におけるトムの、90年代の感情爆発のヴォーカルと違って諦念さえ感じる静かな歌い方は、原曲と同じ感動がある(サビで歌い方を微妙に変えているのが興味深い)。


このアルバム、ネット上のブート店では5000円を超える価格で常時売り出されているが、ユニオンに出れば1000円前後で買える(私は1200円で購入した)。モノがモノだけにあまり出てこないが(私もここ5年で2回だけ遭遇)、それだけに見つけたときの嬉しさは大きい。私が所有する数あるブートレグの中でも、近年モノではダントツに推せる。(ブートを勧めるのもアレだが)レディオヘッド・ファンの方には是非ともオススメしたい1枚だ。




さてさて、このブログは(一応)クラシック音楽がメインのブログなので、ピアノ作品の紹介をしておこう。レディオヘッドの作品をピアノ編曲したアルバムが出ている。それがこちらの作品だ。



True Love Waits: Christopher O'riley Plays Radiohead


truelove.jpg


ピアノを弾いているクリストファー・オライリーは、レコード会社が連れてきた「レディオヘッド好きの便利屋スタジオ・ピアニスト」などではなく、(ネット上では誰も書いていないようだが)1981年のブゾーニ国際ピアノコンクールで第6位に入賞しているトップ・ピアニストだ。彼は他にもクライバーンやリーズ等の国際コンクールで入賞歴がある。そこらの「なんちゃってピアニスト」とは一線を画すのだ(とは言え、彼の弾くバッハ=ブゾーニのシャコンヌなど、クラシックど真ん中の名曲は数多の名演と比べて遜色あるが)。このような実績のあるピアニストが、レディヘの編曲集を出していることに我々は感謝しなければならないだろう。



そして、「Let Down」、である。



このピアノが実に素晴らしい。冒頭のアルペジオの再現を聴いただけで、この編曲の勝利を確信する。Aメロの2回目の繰り返しから徐々に音数が増え、声部がどんどん複雑になっていく。サビの主旋律が単純なだけに音が物足りなく感じるところだが、オライリーはリズムを変えたり、わずかなトリルを織り交ぜて工夫している。静かでsensitiveな間奏部分の語り口は流石超一流のプロと思わせる。コーダでは、ホロヴィッツ編のリストのハンガリー狂詩曲第2番を思わせる「タールベルクの3本の腕」で3声部を巧みに奏でて、大いに大いに盛り上げる。彼はロックソングの編曲を「わかってる」という感じだ。


冒頭を飾る傑作「エヴリシング・イン・イッツ・ライト・プレイス」の巧みな編曲、ロックに現れることのない音階が主題の「エアバッグ」の迫力、「ブラックスター」での絶妙なデュナーミク、リリカルでナイーヴな「ナイヴズ・アウト」、ちゃんとギターのイントロのままの「ユー」にはニンマリするし、タイトルトラックであり新譜にも別Ver.が収録された「トゥルー・ラヴ・ウェイツ」は息を飲む静けさで、リサイタルで取り上げてもいいのではないかと思うほどスケール感と広がりのある「モーション・ピクチャー・サウンドトラック」、、、などなど、思わずアルバム全曲を挙げてしまいそうになるほどの名演・名編曲揃いである。彼はほんとうにレディオヘッドが好きなのだと思う。ピアノ好き、レディオヘッド好きの方は是非1度聴いて頂きたい名盤である。彼はこの後、RADIOHEADのカヴァー・アルバムをもう1枚出している。



レディオヘッドはロック以外の多くのミュージシャンにカバーされているアーティストだ。


ジャズ畑の人には、ブラッド・メルドーのアート・オブ・トリオVol.4での「Exit Music (For A Film) 」のライヴ演奏が空前絶後の名演で、レディヘも聴くジャズ好きの方には必聴である。




最後にもう一度、「Let Down」。




J-POP好きの方には、コトリンゴの「picnic album 2」にウィスパーボイスで歌われるレットダウンが収録されている(ビョークのハイパーバラッドも!)。こちらはレディオヘッドが好きだという方すべてにオススメできる。




たまにはこんな変化球もお許し頂ければ幸いである。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
弘中孝の平尾貴四男・ピアノソナタ〜現代日本の音楽〜
2015-09-08-Tue  CATEGORY: 音盤紹介
本日はちょっとマニアックなレコードをご紹介。弘中孝氏による平尾貴四男のピアノソナタです。


野島


このレコードは「現代日本の音楽」全集として、企画・制作・演奏のすべてについて東京音楽大学の教授・講師陣が協力し、10枚のレコードとして東芝EMIが製造したとのことです。非売品とのことで激レアのはずですが、ヤフオクで10枚1セット1000円で今も売れずに残っているようです。今回ご紹介するのはその第1集のピアノ曲集で、平尾貴四男のソナタの他に滝廉太郎、山田耕筰、伊福部昭、尾高尚忠のピアノ曲が収められています。平尾貴四男のピアノソナタについては、このブログを書き始めの頃に作曲者の娘である平尾はるなの演奏の紹介をしていました。それ以来の音源紹介となります。録音したピアニストは弘中孝氏(ちなみに現在東京音大の教授だそうです。奥様はヴァイオリニストの久保陽子氏)で、彼は第1回ヴァン・クライバーンコンクールで入賞しています。そんなテクニシャン??が私のお気に入りのソナタを弾いていたというのですから、これは掘り出し物だと期待して聴きました。


第1楽章から、聴き込んだ平尾盤と違い、明らかに指回りが秀逸。反復する「和」を感じさせるアルペジオは明晰で、どことなくラヴェルの「水の戯れ」的な雰囲気の中、勢いよく弾き進められていきます。安定かつカッチリとしたタッチは、平尾盤では感じなかったピアニスティックな演奏効果も感じられるほどで、演奏者によってこれほどまでに曲の姿が変わるのかとの思いを新たにしました。第2楽章は優秀録音だった平尾盤のような繊細で叙情的な美しさは薄めですが、曲の良さは表出されています。で、第3楽章。


収録されてませんでした


「・・・収録関係上」カットされたのでした。・・・もうね、どうしてこういうことを平気でするのでしょうか?作曲者への冒涜ではないでしょうか?コンクールの録音でもたまに楽章の抜粋がありますが、ああいうのが私は許せないのです。加えてこれは現代日本の音楽「全集」と銘打っているわけですから、曲を完全な形で録音に残すべきではないでしょうか。演奏がなかなか良いだけに、非常に残念です。CD化されていないかと探しましたが、どうやらされていない模様。キングレコードから同名で出ている「現代日本の音楽」シリーズとは全然関係ないようです(そりゃそうです)。


そんなわけで、お気に入りの曲でまさかの寸止めをされて枕を濡らしたのでした。救いようのないエントリーでスミマセン。どうにもガッカリだったもので。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
アムラン&タカーチ弦楽四重奏団によるショスタコーヴィチ・ピアノ五重奏曲
2015-07-04-Sat  CATEGORY: 音盤紹介
連続更新で音盤紹介。今回は珍しく新譜で、マルク=アンドレ・アムランとタカーチ弦楽四重奏団によるショスタコーヴィチのピアノ五重奏曲をご紹介。ただし、カップリングされている弦楽四重奏曲第2番の方はコメントなしということで(笑)


shosta


エドリーナ&ボロディン四重奏団による演奏が私の愛聴盤だと書きましたが、お気に入りのピアニストであるアムランがこの曲の録音を出してきたので飛びついて購入しました。アムランは技巧的な曲を録音する専門家と認知されて久しいですが、ショスタコのシブいこの五重奏曲を録音してくるとは、なんとなく意外な気もします(近年はショパンなどの有名曲も結構出してますが)。


さて、演奏のほうですが、最初に聴いたときはストレートなエドリーナのピアノと違って、アムランのちょっとヘン??なアゴーギクが耳に付いたものの、何度も聴き返すうちに(勿論リビングのスピーカーで笑)それが非常に味わい深く聴けるようになってきました。リストのソナタやドン・ジョバンニ、パガニーニ練習曲、あるいはショパンのソナタなどのメジャー曲で聴かれる、アムラン流の「洒落っ気・茶目っ気を出した音楽性」??が私にはしっくり来ないことも多かったのですが、この曲では、ピアノソロでないことも手伝ってか、それほど気になりません。


ハイペリオンが誇る好録音も、素晴らしさに拍車をかけています(ちなみにエンジニアはサイモン・イードンで、プロデューサーがアンドリュー・キーナー)。少しピアノの音像が遠目かなとも感じますが、弦の響きが涙が出るほど素晴らしく、第1・2楽章のシリアスさは手持ちの他盤と比較して群を抜いて凄まじい。ヴァイオリンのソロやソリなどは概してテンポが遅めでじっくりと歌っており、私の好きなエドリーナ&ボロディン盤と比較すると幾分ロマンティックな解釈を志向しているようです。ただ、曲が曲だけに、抒情性のみに惑溺することなく、哲学的な深みもちゃんと聴かせてるのが「わかっている」という感じ。第3楽章のスケルツォでのギシギシ響き渡る弦の音色は迫真的ですし、ピアノの粒立ちがよくキラキラ光るような音色と技のキレは流石アムラン。深淵な第4楽章インテルメッツォも、エンディングの、どこまでも続くようなヴァイオリンのヴィブラートに心打たれます。演奏解釈によっては曲の締め方が難しいと思われる第5楽章、ここではアムランが弦楽隊を絶妙にリードしてテンポ設定を行っているかのようで、旋律を引きずりがちになる弦を寸前のところで留めているように感じます。ダレることなく最後まで緊張感を保てているのが素晴らしい。


そんなわけで、これは現代の技巧派達による、哲学的な曲想にロマンティックな薫りを絶妙に漂わせた希有な演奏だと思いますし、秀逸な録音によってクラシックを聴く喜びを改めて感じさせてくれる名盤だと思います。アムラン好きの方も、ショスタコ好きの方も、是非!
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
横山幸雄 プレイズ・リスト2013
2015-03-31-Tue  CATEGORY: 音盤紹介
最近妙にリストづいている気もしますが、こちらもリスト。横山幸雄によるリスト集のご紹介です。

yokoyama

ご存じの通り、彼は1989年のブゾーニコンクール第5位、1990年のショパンコンクールで第3位入賞するなど技巧派のピアニストで、個人的には岡田博美氏の後に続くテクニシャンだと思っています。数々のアルバムを録音していてそのすべてを私もフォローしているわけではないのですが、持ち前のメカニカルな強さが発揮されたショパンエチュード、そしてリストの超絶は、名盤数多の同曲の録音群の中にあっても特別な存在感のある2枚ではないでしょうか。他にもショパンのソナタやシャコンヌ、ラ・カンパネラなどが入ったヴィルトゥオーゾ名曲集は面白く聴かせてもらいました。

さて、このアルバム。収録曲はピアノソナタ、森のささやき、小人の踊り、愛の夢第3番、メフィストワルツ第1番と、ビギナーの中学生が選曲したかのような(なんて失礼)プログラムになっています。収録時間が51分と短いのが不満。ダンテソナタやハンガリー狂詩曲の抜粋あたりを入れてくれれば最高だったのに(・・・って、それでは私もベタな中学生)。

まずはソナタから。聴く前は、寸分の狂いも無いテンポと明晰なタッチでカッチリそしてややモタレ気味な音楽性でどっぷり聴かせてくれつつ、技巧の衰えはリスト超絶の時の7割がけ位かなぁと失礼なことを考えていて、そしてそれは大体当たっていたのですが(笑)、岡田氏のデビュー盤であるリスト集を聴いたときも感じたように、ある意味リストの曲としては希有な、唯一無二の演奏表現となっているのです。どうしてもリストと言うと豪華絢爛、轟音響き渡る音の洪水、という印象が聴く方も演奏するほうも先入観としてあるのではないかと思うのですが、このソナタを聴くと、伽藍のような静かな場所で数学の壮麗な理論をとうとうと見せ付けられている、そんな印象があります。リストの饒舌さには不釣り合いな場所ながら、数学のように理性的で論理的な演奏であるために、多くのきらびやかなパッセージを目にしてもそれほど背景との違和感がないのです。

そのように聴かせる要因はやはり揺るぎないテンポ感にあるでしょう。例えば、私がこの曲でいちばん好きな240小節目のnon legatoの右手のアルペジオと半音階を繰り返すところ、それに続く左手の長い半音階の下降も、全く揺るぎなく粒の揃いがカンペキで美しい。。460小節目からのAllegro energicoの箇所も、他の奏者などではテンションが上がっていく一方のところですが、妙に落ち着いてしまっているというか、醒めているわけではないのですが、確固たる技巧を礎にそれこそ数学の証明のように些かの紛れもなく弾き進められていきます(リストの曲を聴いていて数学を感じたのは初めてです笑)。特に左手の雄弁さと粒の揃いが素晴らしく、グイグイと迫ってきます。反面、やはり緩徐部分は陳腐な計算的表現を見せ付けられているというか、あまり心に迫ってきません。音色もそれほど変化を付けないストレートな感じ。また、この曲に限らず全体的に連続オクターヴはいま一歩さらなる迫力が欲しいところ(最近はメーター振り切っている演奏が多いので・・・)。このソナタの演奏は、私が邦人ピアニストとしては最も好きな1人である松本和将氏の演奏が(一部に若干のミスタッチ気味のところがあるものの)わびさびに溢れていて好きなのですが、その松本氏の日本人的な情緒溢れる演奏と対極にある感じです。

2曲目の森のささやきもテンポとタッチが安定しすぎてて、なんというかシュールとさえ言えるメカニック。続いて小人の踊り。これは前述の岡田氏の演奏がマイベストなのですが、さすがにその前では相手が悪いです。もちろん非常に丁寧なのですが、ちょっとテンポが遅め(3分超)で、なんというかアドレナリンが分泌されない演奏。岡田氏の方が突き抜けたように整った精緻さがありましたが、そこまで徹底してない印象です。お次はベタ曲No.1の愛の夢第3番。これは学年トップの優等生が模範演技した感じ。とにかく何から何まで巧すぎて、この曲の演奏でそんな表現をする時点でちょっと違うんではないかと思うほどで、もっとせき込んだり感情の揺さぶりを見せても良かったかなと。こんなラブレターを書いていては成就しないでしょ、という感じ。

トリを飾るメフィストワルツ第1番。これも優等生すぎて面白みに欠けるというか、リストらしい豪奢なところが薄まっている感があります。しかしながら頻出する重音トリル、急速な右手のフレーズの鮮やかさと正確さは私の手持ちの数多い盤の中でも相当上位でしょう。有名な跳躍部分前のクライマックスのところはブチギレてるエコノムやマツーエフ、そして女王ブニアティシヴィリのようなテンションが欲しいところですが、常に余力を残しているというか羽目は外さない感じ。路線としては我らが蒸留水、ルガンスキーに近いでしょうか。跳躍部分もかなり健闘している感じですが、他が鮮やかなだけにここだけ打鍵に明晰さを欠いてしまっているかもしれません。

以上、つらつらと偉そうに述べてしまいましたが、岡田氏の清潔感溢れるリスト集と同様、この横山盤は理知的な演奏表現が聴ける稀なリストアルバムとして高い存在価値があると言えそうです。技巧の衰えも予想では7割がけなどと書きましたが、正直ほとんど感じませんでした。スゴいです。横山氏の実演はチャリティ・コンサートでのラフマニノフのコンチェルト2番の抜粋(だったかな?)にしか触れたことがなく、しかもそのときはミスがかなりあったので、「CDでは相当編集するタイプなのかな」などと思ってました。そんなこともあり、彼のラフ3の録音は敬遠していたのですが、今回のリスト集の、以前のショパン・リストのエチュードとの変わらぬ芸風に尊敬の念さえ覚えたので、ちょっとラフ3も聴いてみようかと思ってきました。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
ウラディーミル・オフチニコフのリスト超絶旧録音LP
2015-03-28-Sat  CATEGORY: 音盤紹介
ウラディーミル・オフチニコフのリスト超絶技巧練習曲(EMI)はkyushimaさんや他のピアノ系HPで大評判になったこともあり、同曲集の(全集としては)決定盤とされている有名な録音ではないでしょうか。私もベルマン3種やゲキチ、ベレゾフスキー盤よりも好んで愛聴してきました。

そんなオフチニコフの、リスト超絶に旧録音があった(!)としたら、皆さんは信じるでしょうか。



最初はヤフオクで「珍しいものが出てるな〜レコードでも出てたんだ」と思って見てたのですが、アレでもこれはメロディアって書いてあるぞ?オフチニコフのリスト超絶はEMIから1988年の録音じゃなかったかな?などとハテナが段々舞ってきて・・・ひょっとして旧録音?!?!・・・と、すわ色めき立って色々調べたのですが、日本語のサイトでは全然引っかからず(頼りにしているフランツ・リストに花束をにも情報が載っておらず)、レーベル番号で検索したところ海外の通販サイトで表裏のジャケの精緻な写真を載せているところを見つけて、よくよくジャケを読み取るとどうやら1984年の録音に違いなさそうなので、仕方なくええい!とパイオニア精神で買ってみたのでした。収録曲は超絶の第1番〜第9番までです。


出だしの前奏曲を一瞬聴いて確信、これは別録音です


そもそもジャケット見てわかっていたことではありましたが、演奏時間が全体的にほとんど変わらないものの、曲によってはけっこう違ってたりします。

Melodiya(1984?)は、0:58, 2:02, 5:45, 7:37, 3:52, 5:31, 5:24, 5:00, 10:02
EMI(1988)は、    0:59, 2:07, 5:32, 7:31, 4:08, 5:34, 5:14, 4:55, 9:20

一目見て5番鬼火のテンポが速くなってる(正しい時系列的には遅くなっている)のと、9番回想が40秒以上遅くなっているのがわかります。率直に感想を述べると、全体的な印象は名盤の誉れ高いEMI盤と違って、ここぞという時の踏み込みが足りないというか、わずかに守りに入っているというか、そんな感じを受けます。EMI盤を知らずに聴いたならこれも相当に良い演奏だとは思うのですが。。新録音のほうは、EMIとしては奇跡的に良い録音(失礼)に加え、大胆かつ精巧に弾きまくっており、その完成度はやはり素晴らしいものがあります(ちなみにこのメロディア盤も音質は悪くありません)。

それでも、幻影は違いがほとんどわからないほどの好演ですし、先ほど述べた鬼火に関してはこちらのほうが良いかも。同時再生すると出だし1分くらいはEMI盤のほうがわずかに速いのですが、中程からMelodiya盤の方が逆転します。やっぱり少し残念なのが私の好きな(ってみんな好きかな)マゼッパ、狩の出来が新盤と比較的判りやすい差があること。特に狩は新録音が格調の高さと壮絶なテンションを備えた名演だけに、レコードの方はいまひとつの引き締まりと思い切りの良さに欠けるところがあって、惜しいです。でもまあラストの回想なんかはしみじみとした歌が感じられて、ここにオフチニコフのセンスを感じます(実演で聴いたラフ3を思い出します)。

裏ジャケのお姿も非常に若々しい
20150328_004645-1.jpg

ともあれ、このレコードは間違いなくCD化されていないでしょうし、名盤であるリスト超絶の誕生前夜のドキュメント、という価値に留まるとは思いますが、個人的には興味深く聴きました。今回のような「実はもっと以前に録音していた・・・?」という疑惑は他にもあって、同じロシアの豪腕ガヴリーロフのプロコフィエフのピアノソナタ第8番などは、よく知られているDG盤が最も新しい録音ですが、その前にEMIからも出しており(レコードを持ってますが1度もCDを見たことが無いのでおそらくこれは未CD化)、さらにさらに古くは、ebayなどの出品を見るとどうやらメロディアからも出ているようなのです(またメロディアか!)。ガヴリーロフなど、若い頃の方が技巧が達者で抑制も効いており、もし一番古い頃の録音ならさぞかし良いのでは、などと夢想するのですが、失敗したら怖いので二の足を踏んでいます。誰かチャレンジして、ブログか何かに書いてくれないかしら。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 The melody at night, with you. all rights reserved.