音楽好きの世迷い言
The melody at night, with you
最近聴いている音楽 vol.75~バッハ・フランス組曲第5番~
2018-02-13-Tue  CATEGORY: 雑多な話題
ピアノの先生をしている女性と結婚するのが夢だった。



・・・しかし、夢は現実と違った。防音室でグランドピアノを前に、美しい音楽について夫婦で語り合う。そんなことは結婚以来一度もしたことがない。大体が、夫婦の会話にクラシックのピアノ曲が上ることすら年に数度しかない。オタクはその筋の専門家と結婚しても幸せになれないのか?…まあいい。今日はそんな私の悲哀に満ちた日常に現れた、ごく稀な機会についてお話ししよう。


嫁が「フランス組曲5番の演奏は誰のを持っている?」と聴いてきた。飛んで火にいる夏の虫、こんな話題を私に嫁自ら振ってくることはほとんどない。途端に饒舌になるのが気持ち悪くて仕方ないらしい。いつもノソノソ動く私が、秒速2mでキビキビ動くのはレコードをかけ替える瞬間だけだといつも皮肉を言う。


兎も角、「いちばん好きなのはシモーヌ・ディナースタインのライヴ、次にアンデルジェフスキ、模範的なのはシフかな。グールドは嫌いでしょ?」とベラベラ喋ると、案の定「キモい」と言われた。気を取り直してディナースタインの『ベルリン・コンサート』を聴かせると、「悪くはない」。左手が好みでない、とも言う。続いてアンデルジェフスキを聴かせると、「装飾しすぎ」で、「音が違う。楽譜はなんの版なの?」と聴いてきた。オタクにそんなことは分かる由もない。「散々聴いているのに音の違いも分からないの?違和感ないわけ?これだから弾けもしないオタクは…」と文句を言いはべる。オタク男は黙って耐えるのみである。シフはPCに埋もれているはず、と言うと、「聴いたからいい」と言う。じゃあ何がいいんだ、と嫁に問うと、



「シフの最近の演奏が凄いのよ」



と言う。はっきり言って、私の方が彼女より10倍は普段から寸暇を惜しんでピアノ曲を聴いているはずだ。正直、今更シフ?と思った。しかもその上、youtubeに上がっているコンサートだという。悪いけどシフはもうおじいちゃんだし、ライヴに期待なんてできるんかいな、と反論しつつとりあえず言われるがままに観てみた。


これが凄かった。


ディナースタインと比べるとちょっと味付けは物足りない感じはするけど、(私の考える)正攻法でまっとうな感じのバッハを弾いてる。どの声部もきちんと丁寧で、特に左手の雄弁さがいい。派手さはないが、しみじみと曲の良さが伝わってくるタイプの演奏だ。何より、映像を見ると完全に脱力しきった運指が凄まじい。今はほとんど弾けない私だが、かつてピアノを嗜んだ者の一人として、この凄さくらいは幾らなんでも分かる。なんだか悔しいので、私の好きなガヴォットは出だしのテンポがノロめで溌剌さがない、と粗探しをしたら、「徐々に速まるし、前楽章との一貫性よ!」と言う。グールドは楽章だけでなく、一曲を通してテンポ、彼の言うパルスを統一してだねえ、と言いかけて止めた


さて、嫁は最近有名なピアノ講師のレクチャーに通い始め、その先生の言葉通りにシフが弾いていたことに感銘を受けたのだと言う。具体的に言うと、映像の7:15辺り、左手で音階を下りていく箇所でわざわざ指を入れ替えて弾いている。「4の指が適切な音色を表現するのに適した指なのです」とその講師は言ったという。まさにシフがそのように弾いていたので、「あの先生の言うことは間違っていない。凄い人なんじゃないか」と思ったとのことなのだ。本当にスゴいピアニストは、アンタみたいなオタクがつまらないという地味な緩徐楽章での歌い方、音色の磨き方に全てを賭けるのよ、みたいなことを嫁は言った。「若い頃のシフの演奏はダメ。指も回りすぎだし、派手で丁寧さや奥深さに欠ける」とものたまった。なるほどな、と思った。その観点からすると、確かにシフのこの演奏は(8年近く前のものだが)素晴らしい。次がその演奏である。





こんな風にごくごくたまーーーーーーに結婚してよかったな、ということが年に数回だけある。読者の皆さんとも感動が共有できたらと思う。陳腐なセリフで恐縮だが、齢を重ねた円熟の境地にあるシフのこの演奏、是非ご覧頂きたい。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
最近聴いている音楽 vol.74〜ショスタコーヴィチのピアノ五重奏曲・自作自演2種
2018-01-28-Sun  CATEGORY: 雑多な話題
ショスタコーヴィチのピアノ五重奏曲が好きなので幾つか記事を書いているが、自作自演の2種類目を(結構前だが)入手したので備忘のために書いておく。





左がようやく中古でgetした1955年Moscow Conservatoryでのライヴ、右は1950年の有名なVictor盤でこれまでよく聴いていたものである。1950年盤はピアノが遠めの録音で音割れがなかったが、1955年盤も同様の距離感ながら音が若干割れ気味のところがある。ガッチリと聴き比べをしていないが演奏はほとんど同じ(第2楽章だけが50秒ほど短くなっている)で、ピアノは1950年の方がわずかにおとなしめ、弦楽器隊(両方ともベートーヴェン弦楽四重奏団)は1950年の方に軍配が上がりそう。結論から言うと1950年victor盤のほうがわずかに良い感じだがそれほど違いはなく、ショスタコ自身の解釈を知りたい方はどちらも楽しめると思う。トータルでは以前書いたエドリーナ&ボロディンカルテットの方が録音も良く最高だと思うが、弦はこの自作自演の2種類のほうが良い。


ブログに書くために聴き直そうと思うので、惰性でも続ける意義がある?のかな。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
最近聴いている音楽 vol.73〜DAVID LEWIS / SONGS OF DAVID LEWIS
2018-01-27-Sat  CATEGORY: 雑多な話題
今日は最近感激した1枚を。


SSWはアナログを聴くようなコアな音楽ファンは必ず通る道ではないかと思っているのだが、ギター小僧からリスナーの道を歩き始めた私は、深民淳氏のプログレガイド本の影響でプログレ→フォーク→SSWというややクセのある回り道でこの王道ジャンルにようやく辿り着いた。基本的にUKフォークを好んで聴いており、その中のお気に入りがデヴィッド・ルイス『ソングス・オブ・デヴィッド・ルイス』である。


davidlewis

事の起こりは12月のユニオン渋谷中古センター。例のニック・ドレイク"リバースC"のセールで、このアルバムのオリジナル盤が世紀のレア盤として目玉の筆頭に上げられていたのだ。このレコードはプライヴェートプレスによるプロモ盤しか存在しないらしく、Amazonのレビューでは原盤が数十万以上で取り引きされていたらしい。今回のセールでも(価格は不明だが)即売れしたとのことだ。


そんな話題の盤であったのでyoutubeで試聴してみると(苦笑)これがなんと素晴らしい。すぐにユニオンで検索をかけてCDを捕獲した。ジャケには煙草を片手にあぐらをかいたヒゲ面の中年親父がたたずんでいるが、このときデイヴ・ルイス19歳。年齢と見た目のギャップも衝撃だが、奏でる音楽はもっと衝撃的だった。


とにかく隅から隅まで途方もなくメロディが充満しているのだ。バンドでの演奏は数曲あるものの(残念ながらそのような曲は概して面白くない)、基本的にはピアノかギターの弾き語りが中心。フォークというよりはアコースティックが基調のポップ。ジョン・ボン・ジョヴィのような時折鼻にかけた歌い方と桑田佳祐のような少しハスキーなヴォイスで美しいメロディをこれでもかと歌いまくる。あまりの取っ付きやすさとクセのないアレンジにアメリカンなスワンプ・ロックの雰囲気も感じなくはないが、不可逆的な楽曲進行のそこかしこで聴かれる翳りや憂いはまさしく英国的な雰囲気を醸し出している。人生の酸いも甘いも噛み分けた中年シンガーの震えるような熱唱にしか聴こえないが、重ねて書くように19歳。天才である(日本で言えば原田真二か)。


彼のオフィシャルHPがあり、60代半ばとなった今でもギグを行っているようである。2014年にはニュー・アルバムもリリースし、そこでも変わらぬ美声を聴かせている。この再発盤には日本人が関与したらしく、内容からしていかにも日本人好みという感じがする。


1970年に19歳でこれほどの名盤を世に放ちながら世界に広まることがなかったのは悲劇としか言いようがないが、ミュージシャンという生き様を貫いた男の魂の1枚、機会があれば是非聴いてみて頂きたい。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
最近聴いている音楽 vol.72〜Christpher・O'Reilly 『Second Grace:The Music of Nick Drake』
2018-01-23-Tue  CATEGORY: 雑多な話題
先日、レコードバカ全開でニック・ドレイク信仰(礼賛?)な記事を書いたが、Radioheadをピアノ編曲しているとして紹介したクリストファー・オライリーがドレイクの曲をピアノ編曲していることに気付いて買ってみた。

IMG_20180121_180116-484x433.jpg

なんと1曲目が生前未発表の「Rider on the Wheel」(!!)であるというところに、オライリーのセンスというかドレイクへの愛が見て取れる(有名名曲だが)。確かにこの曲のオリジナルはギターのアルペジオの絶妙なグルーヴが最高にカッコ良く、ピアノ向きではあると思うのだが残念ながら全然ダメである。ブゾーニ・コン入賞者であるオライリーは世界的なピアニストと言ってよいわけなのだが、ここではあえてクラシカルに弾いてるのかそれともグルーヴを出せないのか、ギター特有の若干ハネるようなノリが些かも出せていない。


それ以降も、「Pink Moon」「River Man」などでも、全部レディオヘッドでの編曲と同じ雰囲気に聴こえてしまう。ロックポップのピアノ編曲の限界なのか。終曲は「From The Morning」。これも1曲目同様、ギターのノリが命の曲だが、やはり同じく面白くない。収録曲も私の好きな「Time Has Told Me」「Day Is Done」「Man In A Shed」がないのが痛い。。


というわけで、レディへのピアノ編曲で私を感激させてくれたオライリーだが、これは頂けなかった。次の彼のネタはなんだろう?ベルセバかシガーロスかな(笑)
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
最近聴いている音楽 vol.71〜フィオレンティーノのフランク集
2018-01-22-Mon  CATEGORY: 雑多な話題
セルジオ・フィオレンティーノというピアニストはあまり聴いて来なかったが、丸々1枚フランクの曲のアルバムを見つけて聴いてみた。


IMG_20180121_180054-484x446.jpg


私の好きな前奏曲、変奏曲とフーガ(バウアー編)が入っているのが購入を後押ししたわけだが、こちらは聴き比べにも短く書いたように悪くはないものの、相当テンポが遅く(14分近い)、全体的に抑揚が少なく地味である。とにかく音量レベルが小さく、かなりヴォリュームを上げないと聴こえない。その上、ダイナミクスの幅が小さいのでどうしても地味に聴こえてしまう。悪くはないが、繰り返し聴く気が起こるか微妙である。


続く前奏曲、コラールとフーガ、この曲はめちゃくちゃ久々に聴いたが(記憶の限りでは多分キーシン盤以来)、難曲ということもあってか技巧的に少し物足りないところが感じられる(例えばフーガの重音で降りてくるところは辿々しさがある)。録音が1995年で当時すでに68歳だったので仕方ないかもしれないが。Danse lenteという初聴の曲を経て(特に印象はない)、前奏曲、アリアと終曲、これも記憶に残っていない曲だが、腰が重い感じだ。アルバムを通して、声高にならず落ち着いたテンポと音色で弾いているため、総じて地味な印象は否めない。録音も95年の録音にしてはモノクロームで情報が少ない感じ。


というわけで、満足度としてはちょっと失敗だったか。フランクのピアノ曲(編曲)を久々にまとめて聴けたのは良かった(笑)
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2018/02 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


余白 Copyright © 2005 The melody at night, with you. all rights reserved.