音楽好きの世迷い言
The melody at night, with you
最近聴いている音楽 vol.55〜ショパン・コンクールのI・ヴンダー〜
2017-05-19-Fri  CATEGORY: 雑多な話題
今頃か、と思われるに違いない、2010年ショパン・コンクール・ライヴの実況録音CDを中古で捕獲。


アヴデーエワがアルゲリッチ以来の女性優勝を飾ったあのコンクールから早7年、ようやく当時のライヴ録音がユニオンで1000円を切る価格になってきたので有り難く購入した。ちなみにどこかで書いた気がするが、アヴデーエワの録音も勿論当時聴いて、その酔ってしまいそうなアゴーギクがイマイチだったので今に至るまで保留している。そろそろ安くなってきたので、確認のために買ってみてもいいかもしれない(決して私はコンプリートなどを目指すコレクターではないし、聴き比べの種類を誰かと競争しているわけでもないのです)。

さて、このヴンダー。コンクールの翌年に出したDGデビュー盤はすでにソナタ第3番で評価を付けているが、いかにも「若手が慎重になりすぎた」演奏で、好みではなかった(かなりネットリ神経質に歌っていた気がする)。ただ、まぁ第2位だし評判は良かったそうなので、今回コンクールライヴを入手してみた。2枚組でバラード4番、エチュード2曲、ノクターン、即興曲、スケルツォ、ワルツが各1曲ずつ、マズルカが4曲、アンスピ、マズルカ風ロンド、ピアノソナタ第3番、幻ポロ、それにピアコン第1番とてんこ盛り。


1枚目はかなりいい。どの曲も正統的に歌っており、デビュー盤の納豆を引くような演奏とは違ってほどよくストレートである。また、(飛び抜けているわけではないが)技巧的な確実さもある。過去の優勝者ではブレハッチを思い出すが、彼ほどは音が綺麗ではないかな。アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズは結構聴かせる。


肝心の第3番。第1楽章は、ミスというほどではないが、音を引っ掛けて幾分濁る感じ。第2楽章も同様。音色の変化が少ないのが惜しい。第3楽章は8分半ばで好みのテンポ。弱音もそれほど神経質でない。終楽章は拍手無しで4:49ほどで、タイムほどの勢いは何故か感じないが、個人的に速めの演奏は嬉しい。この楽章に関しては指回りが精緻かつ確実なところはブレハッチ以上か(終わりの最難所で少しミス)。コンクール向けに解釈が「ひよった」感もあって真っ当すぎる演奏な気もするが、とりあえず○を付けたい。聴き込み次第で◎に格上げするかも。


ところで、幻想ポロネーズ賞を取っただけあって、演奏のハイライトの一つがこの曲だろう。演奏時間は12:42で、私の好みからするとjほんの少し速く、オールソン旧盤やロルティ盤にはかなわないが、それでもかなり良い演奏。


例によってショパコン1番はまだ聴いていないが、値段を考えると後のDGデビュー盤よりはずっと好ましかったように思う。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
最近聴いている音楽 vol.54〜Lucas Debargueのメジャーデビュー盤〜
2017-05-13-Sat  CATEGORY: 雑多な話題
今日は大学院時代の指導教官に会ってきた。


再び研究の世界でお世話になる可能性があることの報告と、先生に十数年前しっかりとご指導頂いたお陰で再就職出来たことのお礼をしてきた。勿論、詰まらない手土産を持参した。自分で言うのもなんだが私は義理堅いのだ。5年ぶりにお会いしたが元気そうで何よりだった。先生は非常に真面目で丁寧な方なのだが、やはり研究者、ゼミでは非常に厳しく、研究室に入るときは当時を思い出して胃が痛くなった(余談だが先生はその昔、タモリの『トリビアの泉』で「封筒に何枚一万円札が入るか科学的に解説して欲しい」というアホな取材を申し込まれ、即座に断っている)。


そんなわけで、勤務先に向かう車内で聴いていた盤がこちら。


1494598452229.png

若手フランス人ピアニスト、リュカ・ドゥバルグのSONYからのデビュー盤だ。彼は2015年のチャイコフスキー・コンクールで第4位に入賞し、一躍世界の注目を浴びた(らしい)のだが、その経歴がスゴい。11歳でピアノを始め(私より遥かに遅い)、15歳でピアノの勉強をやめ、17歳から20歳まではピアノにすら触れず、正式なピアノの教育を受けたのは20歳から。チャイコンで入賞したのはそのわずか4年後という、どう考えても常人ではない驚くべき才能の持ち主である(まあルガンスキーも8歳でベートーヴェンのピアノソナタ全曲を暗譜で演奏したというから、歴史に名を残すピアニストは概してこのレベルの天才なのだろうけれど)。

残念ながらチャイコン時の演奏は全く知らず、去年の3月に出たこの盤にも乗り遅れてしまった感は否めないのだが、1回聴いただけで簡単に感想を書いてみる。曲はスカルラッティのソナタ4曲、ショパンのバラード4番、リストのメフィストワルツ第1番、ラヴェルの夜のガスパール、グリーグのメロディOp.47/3、シューベルトの楽興の時第3番、それにスカルラッティ/ドゥベルグ編のK208に基づく変奏曲と、比較的大通りをゆく選曲だ。録音は2015年11月20-22日のライヴ録音とある。複数日程なので、きっと編集はされているのだろう。


スカルラッティの最初の3曲は聴いたことがなかった。一聴して、いかにもフランスのピアニストらしい、明晰で澄み切ったやや線の細い、しかし芯の強さを感じるようなタッチ。K141は私の好きなグレイルザンマーも演奏している曲で技巧の比較が出来るが、この曲に関しては彼よりもテクが1段半は上。特に同音連打がお得意なようだ。


ショパンのバラード4番。12分を超える演奏だがロマン的に傾き過ぎないのは、やはり明晰でサラサラした音色のせいか。また、音価を伸ばすところと短く切るところの解釈が私と全く合わず残念な感じ。それでもライヴでこの技巧は相当なものだ。ストレッタの例の和音連打もなかなかの迫力。それでも好みとはとても言えない。


メフィスト1番はさらに残念な感じのミスマッチ。技巧は十分過ぎるものの彼の演奏はなんというか思い入れがあまり感じられないタイプ(それでいて情感を込めていないわけではないというなんとも形容し難い演奏)。跳躍部分はその前からかなりテンポを落とすのもガッカリを増幅させる。


けれどもこのサクサクサラサラ感は『夜のガスパール』ではかなり面白かろう、と思ったら果たしてその通りだった。バルトとか(同曲の録音は残していないが)デミジェンコなどの霧がかったタッチとは対極にある明晰な打鍵で、構造物の骨組みまで見通せるように緻密に弾きあげており(ムストネンほどではないが)、ある意味爽快。オンディーヌはどこかロルティのようだが、あそこまでみずみずしくなく、どちらかと言えば乾いた繊細さで、細部まで練ってある神経質なところはポゴレリチなのだが、どこか健康的な印象を与えるのはティボーデのようでもある(矛盾している表現のようだがそうなのです)。絞首台もシュフの名演ほどでないが音の響きで聴かせる。スカルボは10分超えでどうかなと思ったが、主部に入るところのトリルがやたら長かったり、終わり前の低音ウネウネでためまくったりで時間がかかっているため、技巧のキレは変わらず(ちなみにこの曲の終わりには拍手が入っているので実際には10分切るくらいである)。ライヴでこの出来ということを考えるとグロヴナーやティエンポ並みのテクニシャンなのかもしれない(ソニーは分かりやすいテクニシャンが好きだなぁ)。ただし、やはり私とはどこか感じる部分が違う気はする。チャイコンでも弾いたというメインの曲でようやく本領が見えた感じだ。

アンコール的なグリーグはやっぱり頂けない。音色の変化が少ないのが曲に合っておらず、心に響いてこない。有名なシューベルトのアレも特に面白さがあるわけでなく、同様にイマイチ(これを弾かれて観客は戸惑ったのではないか)。最後のスカルラッティは編曲が良いのかどうか分からないが短く静かに奏でられてアルバムは幕を閉じる。

全体として、これまでのフランス人ピアニストと同じような印象ではあるが、テクニックの完成度は非常に高い。無理矢理喩えるのなら、サッパリ薄味に改宗したポゴレリチと、エンジニアに生まれ変わったデュシャーブルを足して2.1で割った感じだろうか。残念ながら私との波長はいまひとつ合わなかったが、この1枚で見捨てるには惜しい感じ。

それにしても、スカルラッティは先日紹介したグレイルザンマーが大のお気に入りなのだが、同じ曲を演奏してどうしてここまで演奏が違うのだろうか。本当にクラシックは面白い。そして何度聴いてもやはりGreilsammerは凄い。彼の奏でる音楽の持つ引力が他とはまるで違う。その意味でグールドのようだ。


話が逸れたが、ともあれ彼は技巧が優れ、面白いピアニストであるのは確か。2枚目は選曲次第で聴いてみてもいいかな・・・というところ。また、彼はジャズも演奏するそうだが、そちらのほうが案外面白そうかもしれない(是非カプースチンのソナタ第2番を)。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
最近聴いている音楽 vol.53〜LuisiのMahler 9番新譜〜
2017-05-09-Tue  CATEGORY: 雑多な話題
昨夜は某記者とジャズカフェで飲んだ。


録音を聴かせると驚いていた。正直うちで記事にするのは難しいがTVや週刊誌ならすぐに喰いつくでしょう、紹介することもできますと言っていたが、私は別にセンセーショナルな復讐劇を目指しているわけではないので、言葉を丁寧に選び、無理な約束をしない彼の紳士的な対応が逆に嬉しかった。その気になれば相当大きなスキャンダルにできるレベルのようだ。兎も角、社会の眼である記者からフラットな意見が聴けて満足だ。今後の動向も随時お知らせすることになった。偶然にも同い年であり、紹介してくれた友人と共にまた飲みましょうと約束して別れた。


さて、そんな道すがら聴いていたのが、ファビオ・ルイージの新譜(と言っても裏青盤だが)。DIRIGENTレーベルから出たマーラーの9番。オケはルイージが2017年から首席指揮者を務めているデンマーク放送交響楽団。録音は2016年9月1日。某クラシックネット通販で購入したのだが、届くのに1ヶ月かかり、おまけに5400円(!)だった。


結論から言うと、ソコロフに続いて買ってはいけない盤である。聴いてみると出だしから壮大な「サー」というノイズ。あまりに酷い。それでも楽章が進むにつれて気にならなくなっていくが、音楽を楽しめる次元ではない。録音表記は「DDD」とあるが、なぜこんな音なのか理解に苦しむ。一昔前のラジオのエアチェックのようだ。オケの音自体はよく捉えている。解釈は今までのルイージとほぼ変わらず、素晴らしいものだ。しかし、オケも弱い。ホルンは甚だ不安定だし、弦も、なんだかつるんとした板の上でマヨネーズをこねくり返しているような、力強さに欠ける音色だ。第4楽章の例のヴァイオリンソロもヘロヘロすぎて70年代脱力UKフォークみたいである。ルイージにはもっと有名なオケを振ってもらいたい。。。


というわけで、こんなものを5400円で堂々と売る神経がわからない(まあこんな盤を買う方が悪いのだけれど。自業自得だ)。ユニオンに出るとCD-R盤は1200円程度で買えるだろうが、それでもこの盤は買ってはいけない。MDRとの超名盤には言うに及ばず、録音に傷のあるスイス・ロマンド管の盤にも遠く及ばない音質であると思う。参った。。そのうちルイージの音盤紹介の方も更新しておきたい。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
最近聴いている音楽 vol.52〜SokolovのGoldberg〜
2017-03-23-Thu  CATEGORY: 雑多な話題
先日書いたグリゴリー・ソコロフのラフ3、「音がおかしい疑惑」について。



「あれと同じようなピアノの音をどこかで聴いたんだよな・・・なんだったっけな?」と考えること1週間。答えはすぐそばにあった。


soko2.jpeg


そう、まさかのソコロフによるバッハ・ゴルトベルク変奏曲である。iPodでSokolovのアルバムを眺めていて「アッ」と思い出したのだ。


長い間、このメロディア盤レコードはCD化されず、LPの価格はebayで1万overだったので見送ってきた。CD化されて飛び付いたが、出だしのアリアからクシャミのしぶきまで見えるようなデリカシーの無い観客ノイズの連発に神経質な私は嫌気が差して、ろくに聴きもせず棚の肥やしとなっていた。ちなみに演奏自体、律儀に繰り返しを行うなど生真面目で硬くてあまり好きではない。ライヴということもあり、ミスが無いわけではないのも手が伸びない要因になっている。おまけに録音も遠めでホール内のザワザワを(ラフ3と同様に拾っていて!!)イマイチだ。


話を戻そう。とにかく第何変奏か忘れたが、突然ピアノの音色が変わるのだ。出だしは普通の音色なのに、途中からエフェクターでコーラスをかけたかのように、ピアノの音が突如おかしくなる。今日、送別会で新宿に向かう電車の中で聴いていたが、やはり気が付かぬうちにいつの間にかこの気持ちの悪いピアノの音になっていた(ラフ3ほど常に変な音になっているわけでない)。何かの録音マイクの不調なのだろうか?よくあるピアノ上のトラブルなのだろうか?違うレコード会社、同じピアニスト。これは一体、何の符合なのだろう?あるいは、ソコロフがこの音が好きなのだろうか?本当に私の耳はおかしくなってしまったのだろうか?それとも、私の再生機器が悪いのか?プレーヤー、iPod、スピーカーにイヤホン、すべてが同じようにおかしな音を出すということはありえるのか?



どなたか、ソコロフのこのゴルトベルクかラフマニノフの3番を聴かれた方はコメント頂けないだろうか。もし、世間でこんな音が「良い」とされるなら、私はクラシックから撤退するしかないと思っている。


ページトップへ  トラックバック0 コメント2
最近聴いている音楽 vol.51〜ブニアティシヴィリとクリッヒェル〜
2017-02-18-Sat  CATEGORY: 雑多な話題
忙しくて間が空いてしまった。



何故忙しいのか、4月以降に書こうと思う。まあヒマそうに見える私だがたまには忙しくなるのだ。


さて、通勤中にやっつけた2枚を。カティア・ブニアティシヴィリの『カレイドスコープ』(展覧会の絵とラ・ヴァルス、ペトリューシュカ)と、アレクサンダー・クリッヒェルのラフマニノフのコンチェルト2番。さらっと書いてしまう。


何度か書いているように、私はムソルグスキーの『展覧会の絵』が苦手である。大体、あの旋律でなぜタイトルが「展覧会の絵」なのか?私的には雄大な山々を眺めてるような感じだ(観ていた絵が山の絵だったのかもしれないが)。上手く説明できないが、嫌いとまではいかないけれど好んで聴くことはない。おまけに、kyushimaさんに(ペトリューシュカも)「△」評価を付けられている。だから今回も買おうかどうか迷ったのが安かったので聴いてみた。


最初に聴いた時は「意外にいいかも」と思った。苦手な曲なので、彼女のもはや隠しきれないオテンバ感が予想外の面白さを生んでいると感じたのだ。しかし、2回目には「やはり気ままにすぎる」と思った。部分部分は面白くても、全体のつながりというかなんというか変な感じで、おまけに技のキレも?苦手曲だから他盤との比較もする気はないのだが・・・少なくてもティエンポ盤とはかなりの完成度の差がある気がする。

ラ・ヴァルスは予想通りvirtuosity溢れる演奏で、音の五月雨という感じ。ライバル?のユジャ・ワンよりかなりテンポが速いのだが、曲に合っているのかどうか(この曲は私の好きなババヤンも演奏を残しているので久々に聴き直してみよう)。

最後のペトリューシュカからの3楽章、これは最初に聴いた時からイカンなぁとわかった。第1楽章は予想外の内声の強調や、急加減速がまだ面白いのだが、終楽章はあまりにも恣意的すぎるというか、コロコロと変わるテンポに付いて行けない。アルゲリッチはこの曲の録音を残していない(と思う)が、彼女が演奏したらこんな感じだろう。細身の女性が力任せにエキスパンダーをグイグイ引っ張ってるようなテンポ感だ。というわけで、ラ・ヴァルスはなかなかだったものの、メインの2曲はkyushimaさんの評価通りである。


続いてKrichelのラフ2。これも1回聴いて「もういいかな」と思ったが、頑張って2周した(率直に言えば、そのような評価だ)。とにかくテンポが遅い。じっくりと歌っているのだが、いわゆる勿体ぶったロシア流ではなく、いかにも生真面目なドイツ人が歌っていますという感じで、しゃくり上げたり慟哭したりというのがない。全体的にノッペリとテンポが遅い感じ。それに加えて録音がよくない。ピアノが遠く、モヤッとしていて「ホールの客席で聴いている」かのようなタイプの音質である。音像もボヤけてヌケが悪い。第2楽章など、ピアノの陰が薄過ぎてまるで「ピアノ入りシンフォニー」のようだ。急速部分のメカニックも(解釈かもしれないが)物足りない。あまりにガッカリして耳直しにツィメルマンの2番の演奏を聴いて上書きした(が、これも昔聴いたほどの感銘は受けなかった。歳を取ると変わるのだなぁ・・・それでもやはり良い演奏だけど)。


他に楽興の時の6曲。第2番のアレグロは以前書いたようにアムラン、ヴォロドス、ルガンスキー、ギンジンらテクニシャンが録音を残して私がピアニストのメカニック能力のベンチマークとしている曲だが、想像よりかなりいい。彼らトップ層よりは1.5段階ほど落ちるがそれでも相当巧い。他のリリカルな曲はようやく彼の本領発揮と言う感じで、やはり繊細で音の響かせ方に良いモノを感じる彼はコンチェルト向きではないのかもしれない(彼の既発のショパンのコンチェルトに手を出さなくてよかったかも??)。最後の自作だという「子守唄」は、辻井君のデビュー盤に収録されている絶句する名曲よりは出来がいい・・・という程度(演奏はとてもいい)。響きが現代の映画音楽的なところがあって、やはり作曲は誰でも出来るわけではないなと感じた次第。


というわけで、私と同じ嗜好をお持ちの方は、この2枚はスルーされるのが良いと思う。


それと前回、大事なことを書き忘れたが、図書館でCDを借りる際は東京の図書館横断検索カーリルローカルを利用されると良いと思う(前回の記事にも追記しておこう)。バルボーザのレア盤やその他の廃盤を探しに東京を小旅行するのも面白い。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 The melody at night, with you. all rights reserved.