FC2ブログ

The melody at night, with you

音楽好きの世迷い言

F・ルイージ&デンマーク国立交響楽団来日講演 2019/3/19 サントリ―・ホール

最近はジャズの更新が続いているのだが、もちろんこのブログは元々クラシック音楽がメイン(のつもり)。我が最も敬愛する指揮者、ファビオ・ルイージが、手兵であるデンマーク国立交響楽団を率いて来日したので喜びいさんで聴きに行った。

東芝グランドコンサート2019
2019年3月19日(火) サントリー・ホール
管弦楽:デンマーク国立交響楽団
指揮:ファビオ・ルイージ
ソリスト:アラベラ・美歩・シュタインバッハー(ヴァイオリン)

<プログラムB>
ソレンセン:Evening Land(日本初演)
ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番 ト短調 Op.26
(ヴァイオリン:アラベラ・美歩・シュタインバッハー)
アンコール:クライスラー『レチタティーヴォとスケルツォ』
ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調 Op.92
アンコール:ゲーゼ『タンゴ・ジェラシー』

彼の観るのは結構久しぶりなこともあり、気合いを入れてチケット発売日当日にPCの前で待ち構え、速攻でルイージの飛び散る汗を浴びられるようなど真ん中を確保。こんなに高いチケ代は久しぶりだが、些かも購入を躊躇せず。

さて、公演のレビューを手短にいい加減に書く。プロの文章はこちらを参照してほしい(小泉元首相が来ていたとは気が付かなかった)。

オケが出てきて、コンマスが日本人と思しき比較的若いアジア系女性なことに、明らかに観客はちょっとどよめいた。私はほぼ眼前で目にできる席だったのだが、とても綺麗な方だった(オケの公式サイトを見たりちょっと調べたが彼女が日本人かどうかはわからなかった)。

そのコンマスの彼女のソロでソレンセンが静かに厳かに始まる。出だしはリリカルで長閑な旋律で涙が出そうになる(幼い頃見たデンマークの田園風景だとか)。オケが入ってくるとタケミツ的な現代曲っぽさが顔を出す。ドロドロした重低音とマーラーの9番の終楽章とショスタコーヴィチのピアノ四重奏を足して3で割ったような、移ろいやすく儚い、しかし時折弦楽器や打楽器がドンドンと強く自己主張をするような(少なくとも田園風ではない)感じ。擬音で表現するならヒュンヒュン、ドンドン、、そこにコンマスのソロが点描的に登場する(彼女は大活躍であった)。とにかく、意外に私には聴きやすく感じられた。終曲後は観客席にライトが当たり、ルイージの手招きで作曲者のソレンセンが登場。ひげ面で不愛想で不機嫌な感じ。しつこい拍手にウンザリした感じで両手を挙げて観客が笑う。

続いて、協奏曲。ブルッフのヴァイオリンコンチェルトでソリストはアラベラさん。クラシカルCD~の加藤さんが2014年のベストCDのNo.1に彼女の弾くモーツァルトの協奏曲を選んでおり、モツ嫌いな私も聴いてビックリする名演だったので、注目していた。ヴァイオリンのコンチェルトをこんなに前で聴いたのは記憶にないが、私のために弾いてくれているのかと錯覚するような「音のぶつかり具合」である。音色は黒光りするような低音の美しさには欠けるが、艶っぽく渋みの無いオーソドックスな感じ。私の好きな久保田巧さんのバッハ無伴奏の音に似ている気がした。聴き慣れない曲なのでアレなんだけども、エネルギッシュでいて雑味がなく、ルイージもオケをグイグイ引っ張っていく。「競争曲」と言うほどでないが、非常に力強さに満ちた演奏。盛大な拍手。アンコールはクライスラーの無伴奏。もう人間技とは思えないピッチの正確さ、ミスの少なさ!実は最近知人にチェロを借りて触って(まさに)遊んでいるのだが、どれだけの才能と努力を費やせばこのような演奏ができるのか?素晴らしかった。

休憩をはさんで、メインのベト7。大好きな曲であり、ウイーン国立響とのライヴ自主製作盤が出ているわけだが、それと比較するととにかく快速で、エンターテインメントな、要するに私がルイージに期待するすべてが凝縮された、円舞的な名演!!!第1楽章はやや管楽器のピッチが気になったが、しなやかでかつテンポが速く、縦の揃いもバッチリなヴァイオリンが素晴らしい。第2楽章のくらーい感じもしつこくなく描く。予想よりも細部の彫りにはこだわってない感じ。第3・4楽章は、もうルイージの独壇場というかなんというか、ただただ自分にぶつかってくる音の洪水に酔いしれた。。終楽章は管のピッチも気にならず、オケ全員が躍るようなルイージの指揮に追随しながら爆走。思わず終演後、人生初のブラヴォーをでかい声で飛ばしてしまったのだが、叫んだのは勿論私だけではなかった。興奮冷めやらぬ中でのアンコールも一切手を抜いた感がなく、大汗をかきながら指揮するルイージに感涙。生きてて良かった…。観客はみなお世辞のような拍手ではなく、対面の2階席のお客さんなども物凄い笑顔で拍手してて、なんだか私まで嬉しくなってしまった。正直、砂被りの前方席は管楽器が頭上を通過する感じがして、音的には良くない気がする(オケの最前列は他に1回しか経験がないのだが)。音のシャワーを浴びれつつ、各楽器のバランスを考えると前から7~10番目の真ん中が個人的には良いのかなと思う。

繰り返される拍手が終わり、団員が立ち上がった時にペア同士で一斉に抱き合ったのには驚いた(初めて見た)。とにかく団員同士の中が良さそうというか、演奏中も能面でなく、周囲と目くばせして笑顔になったりとルイージを中心としたオケのケミストリーを感じる場面が何度もあった。女性の団員が多かった気もする。オケの技量や音色は世界に名だたる有名メジャーオケと比較するとさすがに遜色はあるが、ルイージの出したい音の具現化にはこれくらいの身の軽さが合ってるのかも(それでもやはりRCOを率いて欲しかったが・・・)。コンサート後はなんとルイージのサイン会があったのだが、おそらく長時間並ぶであろうことと翌日の仕事を勘案して、今回は泣く泣く見送ることに。

帰りは同行した友人と渋谷の昭和な焼き鳥屋で軽く打ち上げ。彼とはこの20年近く、あらゆるライヴを一緒に観に行ったが、なんともうすぐパパになるらしい。とっても目出度い気分で帰宅した。ロックやPOPS、ジャズのライヴは出かけるが、クラシックは行かないという人も多いと思う。普段聴かない方にとってハードルが高いのは承知の上なんだけれども、咳払いもグッと堪えて我慢し、椅子に座り直すことすら憚られるような緊張感の中で、「静寂」という形で観客に「音楽への参加」を要請するクラシックのコンサートに、是非一度足を運んでみて頂きたい(まずは年末の第九とか)。ロックとはまた違った演奏者と観客の一体感が味わえると思う。
スポンサーサイト
雑多な話題 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ユーリ・ファヴォリンのWagner/Lisztタンホイザー序曲

更新頻度を保つべく、NMLを回遊していて見つけた最近のお気に入りの演奏をささっと書いてみる。


Yury Favorin / ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール2013 - 予選 1


ズバリ、ワーグナー=リストのタンホイザー序曲が素晴らしい。この曲はもう9年近く前にkyushimaさんがブログで紹介されていたMei-Ting Sunのライヴがダントツでベストの演奏だったと思っていたのだが、このファヴォリンの演奏もそれに勝るとも劣らない名演だと思う。

まず、演奏時間が13:05で、Sun盤よりもさらに1分近く短い。解釈は端正路線で、ベタベタに歌う感じでなく、キチッと教科書的。おそらくその面で演奏時間が短めになってるのだろうと思う。Sunのような攻めまくりの熱さも捨てがたいが、なんと言っても価値があるのはミスが少ないこと。急速部分のテンポはSunの8割5分ほどの速さなものの、その分ミスは各段に少なく、これは大きな差である(勿論、気になるキズが無いわけではないが)。ラストの高揚感も素晴らしい。

ファヴォリンと言えば、随分前にラ・フォル・ジュルネで来日した時、当時妊娠中の嫁と一緒にラフマニノフの3番を聴きに行ったことがある(「胎教だ」と言って連れ出したのだが、残念ながら我が子にピアノの才能は無さそうだ)。チケットの入手が遅れて確かヤフオクか何かでgetしたため相当後ろの席で音が悪かったが、それでもやはり端正かつ正統的な解釈で、ミスも少なく技巧の高さが印象的だったのを覚えている。カデンツァはossiaだったような。2010年、当時24歳だった彼はエリザベートでは第4位だったが、リストの第1番を録音しており、kyushimaさんも書いていらした通りなかなか良い演奏で、そこから判断するに少なくとも優勝したコジュヒンより断然私好みのピアニストであった。


そんなわけで、久々に彼の演奏を聴いて嬉しくなり、NMLで他の演奏をつまみ喰いしているが、プロコフィエフ・ショスタコーヴィチ・フェインベルクなどのロシア物の他に、アルカンなども録音しており、彼の自国へのコダワリを感じる。普段、あまり聴かないロシアのマイナー作曲家のものが多いので、今後聴き込んでいこうと思う。


ちなみに、同じクライバーンの予選でのシューベルトのピアノソナタ第7番は、第1楽章はなかなか良いのだが、後半になるにつれて優等生的な優男の演奏というか、もっとメリハリの付いた演奏が個人的には好みである。アルカンの短調エチュードの抜粋や大ソナタも、ちょっと守りに入ってるというか、良く言えば巧いし整ってはいるのだが、なんだかフツーっぽくスケールが小さくまとまってしまっているかも(まだアムランその他と聴き比べはしていないのでなんとも言えない)。しかし、ファヴォリンの録音はどれも音がとても良い気がする。


そんなわけで、たった1曲のご紹介となってしまったが、タンホイザーは掛け値なしにオススメ。
雑多な話題 | コメント:0 | トラックバック:0 |

最近聴いている音楽 vol.82~吉松隆/ギター協奏曲『天馬効果』

山下和仁による吉松隆のギター協奏曲『天馬効果』は、1986年のレコード・アカデミー賞を受賞した。名曲・名演であり、私も何度も聴き込んだが、山下盤以外は聴いたことがなかった。

ライナー・ノーツに書かれている(初稿の)「これではギタリストは曲の途中で死にます」という有名な話だが、もはや人間技ではない山下盤以外の、演奏を聴いてみたいと思っていた。というわけで、シャンドスから出ているクレイグ・オルデン(Crage Ogden)による演奏である。伴奏はBBCフィル/藤岡幸夫だ。

出だしでわかる。これは人間の演奏である。山下盤の、弦を切らんばかりの凄まじい音圧や音の洪水はそこにはない。しかし、なんとも言えぬひなびた郷愁が全曲を貫いている。特に第2楽章は味わい深い。録音も、ギターにフォーカスしつつもオケの広い残響を拾っており、臨場感に満ちている。終楽章は例の4ベースジャズみたいな伴奏をバックにギターが弾きまくる場面はやはり人間ではちょっと物足りない。その後も、ジャカジャカとストロークする場面では山下盤のような鬼気迫るような感じに欠ける。一番の問題はラストで、オケとのキメがぎこちない。別の演奏があれば、聴いてみたい。それにしても、実演ではマイクでギターの音量を増幅せずにやるのだろうか。
雑多な話題 | コメント:0 | トラックバック:0 |

最近聴いている音楽 vol.81~ラフマニノフ・ピアノ協奏曲第3番2種

ミヒャエル・コルスティック/ヤナーチェク・フィルハーモニー管弦楽団/D. リスと、アンナ・ヴィニツカヤ&カラマズー響/ E.アウトウォーターによるラフ3。雑な感想を書いておく。どちらも2017年11月の録音。

コルスティックはベートーヴェンのソナタを録音している結構ベテランな人、という印象くらいしかなく、録音は持っているはずだがどんな演奏の傾向か覚えていない。演奏時間は40分ぎりでかなり期待させた。ところが出だしから快速に飛ばすコルスティックとオケが微妙にあってない(オケがよく聴こえない)。その後はテクや勢いもよく、おまけに主旋律でオクターヴを変えて弾いたり、重低音を強調するなど、かなり手を加えて弾いていて面白い。ただし、細部のち密さはそれほどでもない。展開部も良いテンポ。カデンツァはossia。まずまず悪くない。第2楽章は端正で良い印象が良い。音色はあまり美しい感じはしないが、聴かせる。終楽章は意外に勢いがあって、さらに良い出来。聴き始めよりは随分印象が良くなった。☆3つは付けられる。

(※ 追記 全くもって恥ずかしいことですが、このレビューを書いたことをすっかり忘れて新たなレビューを書いています。コメントに大差はありませんが、評価が変わってますので悪しからず)

ヴィニツカヤはエリザベートの実況録音くらいしか聴き込んだアルバムがないが、テクと音楽性が両立したタイプで、数多の女流ピアニストの中では巧いもののやや馬力に欠けると思っていた。こちらはライヴ録音のようで、ミスやちょっとした弾き損じが結構ある(第2楽章から第3楽章に突入する例のところでミスッてるのは痛い)。カデンツァは残念ながらoriginal。後半もミスがある。第2楽章の音色の美しさはコルスティックを上回り、非常に聴かせるものがあった。終楽章は修正をしていないライヴのせいなのか、ミスが多めで少し残念。オーディエンスノイズもやや目立つ。☆2.5個分くらいで、四捨五入して3つと言ったところ。
雑多な話題 | コメント:0 | トラックバック:0 |

最近聴いている音楽 vol.80 ~NML様様~

初心に帰って、最近聴いているアルバムを。

前回書いたように、最近クラシックはもっぱらNMLである。Bluetoothで送受信機に飛ばし、光ケーブルでプレーヤーに繋いで音を出している。音質は曇りガラスを何枚か重ねたように聴こえたり、そのガラスに色が付いて感じることもままあるが、聴き放題には代えられない。

① 第9回浜松国際ピアノコンクール2015を抜粋
ブラックで働いていた時の開催だったので、いつの間にか終わっていた浜コン。優勝者のアレクサンダー・ガジェヴによる、バッハ=ブゾーニのシャコンヌ、プロコの協奏曲第3番を聴いた。

シャコンヌは相当完成度が高く、ミスも少なく、技術的なキレもある。勿体ぶり方はロシア系(?)ほどでなく、14分と少しで演奏時間が終わるので、バランスの取れた名演と言えそう(欲を言えば、オピッツやレーゼルのように13分台がいいのだけれど)。前半の高速アルペジオが続く場面で、オピッツほどの畳みかけがないのが惜しい(というか、オピッツの気合いが凄すぎる)。ともかく、ライヴとしては最上級の部類に入るのでは。生で聴いたら卒倒しそうだ。

プロコの3番は耳タコでどちらかと言えば敬遠する曲だが、かなりいい。勢いというかキレというか、ブっ飛んだところもあって楽しめる。オケも、「コイツはヤベーな」と空気を読んだのか、各楽器の独走部分ではテンポを速めで開始するような箇所もあった気がする。最終楽章のラストはちょっとガチャガチャしていて粗かったのが残念。

これは凄そうなピアニストだ、と思い調べてみたら、ブゾーニのファイナリストになっているらしい。浜コンを制したのが20歳の時とのことだから、期待できる。というわけで、次も聴いてみた。

② アレクサンダー・ガジェヴ/リスト・ダンテを読んで
浜コン優勝後の2017年録音のリスト&シューマン作品集より、この曲だけをつまみ食い。演奏時間が18分超えなことにテクと勢いを心配したが、果てして聴いてみると急速部分は攻めまくりである。前半のオクターヴ連打で上がるところはグレムザーほどではないが、打鍵に覇気がみなぎっており、緩徐部分での歌い方にもセンスがある(クリッヒェルのような格調高いタイプではない)。語り口はややテンポを落とし過ぎであざとい気がするが、メリハリの付け方が上手い。ラストも凄まじい。トリルが非常に高速で金属的なタッチが印象的な佳演であった。彼にはラフマニノフが合いそうだ。今後も是非注目してみたい。

③ 小林愛実/ニュー・ステージ~リスト&ショパンを弾く
ショパコンのソナタ2番で神が降りていた小林愛実のスタジオ録音。コンクールの緊張感が好きな私としてはどうかなと思ったが、テクではライヴ以上の完成度で素晴らしい。安心して聴ける。お待ちかねの第3章もやはり凄い出来で、この楽章を弾かせたら彼女より凄い人はそうはいないのではないか、というくらい巧い。神は降りてきていないが、トータルで◎は付けられよう。

リストは巡礼の年イタリアから抜粋。例によって興味はダンテソナタである。これも良かった。テクではガジェヴにかなうべくもないのだが、歌い方が非常に柔らかく、スッと心に入って来る。彼女はテクニシャン系などではなく、音楽表現で聴かせるタイプなのだと改めて再確認した。最後の愛の夢第3番も実に優しい語り口で、そして「狙って歌ってる感」が皆無で、自然体なのが良い。全体としてとても楽しめた。

④ アレクサンドル・メルニコフ/シューベルト・ショパン・リスト・ストラヴィンスキー:ピアノ作品集
メルニコフのオムニバス集。とにかく収録曲が凄い。シューベルトのさすらい人、ショパンのエチュードOp.10、リストのドン・ジョバンニ、そしてストラヴィンスキーはペトリューシュカというテンコ盛りである!

収録順にさすらい人から聴く。まず、ピアノの音がなんだか変。ブックレットによると、1800年代前半のメルニコフ所有のAlois Graffというピアノを使用しているらしい。音の輝きというか重厚感に欠ける気がしないでもない上に、残響で贅肉の付いた音質で、聴きようによっては戦後の録音みたいに感じる人がいるかも。あまり耳に慣れていない曲だが、演奏は非常にいい!短調の緩徐場面ではどこかモヤッとした録音で、白黒の深刻なドキュメント映像を見ているかのようだ。最後も盛り上げまくって、聴き終えた後の高揚感がある。

ショパンのエチュード作品10。この頃から嫁がコメントし始め、「音符が全然違うじゃない」とまたまたいつものツッコミを入れてくる。10-1は「左手が全然違う」と言い、10-3は「これなんて幾らアンタでもわかるでしょ」という・・・確かに違う。それはともかく、10-1はちょっとフレーズが流れ気味で(1:49)、10-2はややモタつく。ちなみにこちらは他人のコレクションである1837年製のエラールのピアノで録音したそうである。やはり音に輝きがなく、録音の問題なんだろうがモヤッとした残響に包まれている。10-4はヤブウォンスキほどではないがかなりのスピード感があっていい(1:55!!)。10-5はテンポはまずまずながら、柔らかい音楽性で聴かせる。10-6は苦手曲でコメントできず。10-7は明晰さが欲しい曲だが、その点ではクッキリさがやや不足か。尤も、責任はピアノと録音にありそうだが。10-8は凄まじく脱力しているさまが見えるようで、上手い。ちょっと迫力に欠けるのと、フレーズのつなぎ目が見えるのが惜しい。10-9、ダイナミクスに欠け、スケールが小さめだが、モノクロームな美しさがあって良い。10-10、10-11、そろそろ印象が鈍くなってきた。10-12、演奏時間は2:36で平均程度なものの、迫力があって悪くない。全体として、やっぱりメルニコフって上手いんだなぁという印象。ちなみに嫁は、「こんな人の演奏のどこがいいの?全部同じ弾き方じゃない!」とバッサリ切り捨てていた。彼女曰く、どの曲にも同じアゴーギクで弾いてるらしい。

さて、ドン・ジョバンニ。こちらはブラームスのソナタでも使ったというメルニコフ所有の1875年製のベーゼンドルファーを使用。当然ながら音色はあのアルバムと同様の印象である。演奏は不思議なタメや、音の改編が見られ(流石に私でもわかる)るものの、演奏としては悪くない。傾向としては、テクニシャンが音楽性で聴かせているペトロフ盤のような感じか。個人的にキレや金属的な張りのある音が欲しいが、それは彼の趣味ではないのだろう。

書き疲れてきたので先を急ぐ。最後のペトリューシュカ。これだけ難曲を並べて最後にこれを持ってくるのは大丈夫か?と思うが、健闘以上に弾けていると思ったら、こちらは2014年製のスタインウェイを使用とのことである。音を変えてるのかな?と思う所や、内声の強調の仕方に面白さがある。全体的にもっとストレートに弾いてもいいと思ったが。

というわけで、ユニオンに中古落ちしてきたらフィジカル・メディアで買ってもいいかなと思う盤ばかりだった。遅まきながら、ガジェヴは要チェックしたい。
雑多な話題 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>