音楽好きの世迷い言
The melody at night, with you
最近聴いている音楽 vol.78~ショパンのピアノソナタ第3番2種~
2018-05-21-Mon  CATEGORY: 雑多な話題
この数カ月更新が止まっていたので、感想が未記入の盤が溜まっている。徐々に出していこうと思う。


まずは、飽きもせずショパンのピアノソナタ第3番。

シェフ&トリフォ

1枚目、画像で左と真ん中のCDが、マルガリータ・シェフチェンコ(b.1967)という旧ソビエト出身の女流ピアニストのもの。録音は1990年で、23歳になったばかりの時の演奏である。これが極めて模範的で、スタジオ録音ながらライヴのような演奏の生っぽいフレッシュさに溢れている(ライナーには、「あまりテイクを多くとることもなく、ほとんどライヴのように」演奏していたとある)。第1楽章は取り立てて特徴が見当たらないほどスタンダードだが、随所で丁寧で清楚に心を込めて歌う姿勢が感じられてよい。第2楽章も(ヴェレッドよりも)指回りはスムーズ。第3楽章が白眉で、実に自然で違和感なく音楽に浸れる。終楽章、テンポはやや遅めだが、カチッと強弱を付けており、演奏時間5:25という長さをそれほどは感じない。なお、この1990年のショパン・コンクールで彼女は第4位に入賞しているので、実力はホンモノである(ちなみに1位なし、2位がケヴィン・ケナー、3位が横山幸雄、4位が彼女とCorrado Rollero。ウィキによると本選には及川浩治、フィリップ・ジュジアーノ、田部京子、有森博が残ったようで、日本人大活躍の回であったようだ)。演奏の傾向としては、タチアナ・シェバノワのような印象だが、彼女よりももっと女性的で柔らかい感じ。今のところを付けられる。ユニオンでは、この15年くらいで数回しか見かけた記憶が無いレア?なCDだが、買って良かった(余談だが、彼女はこの後1994年の第2回浜松国際で奨励賞を受賞している。ハイライトCDにはスカルラッティのソナタとショパンの舟歌が収録されている)。


さてさてもう1枚はダニール・トリフォノフのショパコンライヴ。コンクール後の活躍はご存知の通りだが、スタジオ録音がイマイチだったのでコンクールのライヴは入手を後回しにしていた。第1楽章はこちらも模範的。第2楽章はこれも非常に整った演奏だが、中間部のノクターン的な箇所が音色の変化という点でやや物足りないか。第3楽章は以前聴いたスタジオ録音よりもライヴということもあるのか気持ちがこもっている感じで悪くない。演奏時間は9:04だが、実際にはそれ以上に遅く感じる。終楽章、4:50ということなので「拍手入りでこの時間なら相当期待できる!」と思ってこのCDを買ったわけなのだが、実際に4:50だったのが惜しい。それでも、スタジオ録音より断然良く、急速部分の正確さが凄い。欲を言うと、最後のラスト1分間で拍が飛ぶというかリズムがヨレる感じがあって、勿体ない。トータルでちょっと甘いがこれも


2種類良い盤が続くと自分の基準がブレているのではないかと思って不安になる。そういう時は何回か聴き込んだ直後に、マイベストの☆印盤を聴いて補正するのがいい。バルボーザは耳タコなので、R-アムランのショパコンライヴを聴く。うーんやはり120種余りの中でただ2つの「☆」評価を与えた私の判断は間違っていないようだ。単にテクニックが優秀なだけでなく、和音の響かせ方、歌いどころでの絶妙なアゴーギク、デュナーミクがグッとくるものがある。第4楽章のタメはやはり気になるが、コンクールライヴのみなぎる緊張感の中、このテンポは天晴れとしか言いようがない。申し訳ないが、先の2種より2段階くらい上にしたくなる。まあとりあえず両方○印にひとつ下げておこう。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
最近聴いている音楽 vol.77~イレーナ・ヴェレッドのショパン集(LP)~
2018-05-20-Sun  CATEGORY: 雑多な話題
イレーナ・ヴェレッド(Ilana Vered、1943-?)という女流ピアニストを知ったのは学生の頃、例のラフマニノフのコンチェルト2番の「門田本」からであった。


当時住んでいた調布市の中央図書館は、なぜだか今は絶版なこのレア本や、数学の貴重な専門書が揃っており、私は足しげく通ったものだ(残念ながら、CDの品揃えは文京区に比べるとそれほど良くない)。ともかく、門田本では(もう詳細は忘れてしまったが)ラフ2の中でも最低ランクの評価で、酷評されていたのを覚えている。実際に入手したラフ2でも、門田氏の言う通りヒステリックなおばちゃんがやりたい放題のトンデモ系な演奏だった記憶があって「こりゃダメだ」と思い、それ以来忘れてしまっていたピアニストだった。


それが、紀伊国屋書店の上に移転してアクセスしづらくなってしまったユニオン新宿クラ館(紀伊国屋のエレベーターは絶望的に混みすぎる)で見かけたのがこのレコード。


vered
(コーティングジャケットで室内で反射して見づらいのはご勘弁を)

曲はショパン、ピアノソナタ第3番、バラード第4番、軍隊ポロネーズ、それにワルツとノクターンが1曲ずつ、マズルカが2曲という、比較的王道な内容である。どうやらCD化されていないらしく、ユニオンでもそこそこの値段(忘れてしまったが1000~2000円位?)が付いていたが、ソナタ3番ではラフ2で聴けた個性的演奏でどう料理されるのかが面白そうだったので買ってみる。


これがまずまず面白い。


とにかく録音が良い。ピアノの音色が美しい。レーベルはDECCA、1974年頃の録音だがさすがという感じである。そして演奏も、「そこでタメます?」とか、「スーパーの安売りに行くのかい?」的に駆け出す箇所はあるのだが、十分に許容範囲で(というかむしろ面白い)、第2楽章での指回りで、なんちゃってピアニスト系より頼もしさがある。おまけに第3楽章では品の良さまで感じるのにチョット驚く。相当にモタレ気味なのが個人的な趣味から大きく外れるが、情感の込め方は悪くない。意外だ。そしてお待ちかねの終楽章。出だしは消え入りそうな音量だがすぐに歯をむき出しにして駆け出す。まるで昼ドラで主婦が夫の不倫相手を後ろから追いかけるような迫力だ。タメが多いのが惜しい。急速部分もスピード感はあるが、粒の揃いがやや悪い感がある。終盤は明らかにテンポが落ち、打鍵も弱まるのが残念。それでもタイムは4:38ほどで相当速い。トータルでちょっと甘いが〇、という感じか。


ノクターンは予想通り重いが、感傷には浸れる黄昏れな雰囲気はある。バラード4番も激重。それでもマジ勘弁、というほどではなく、なんだか聴いてしまう。アナログの魔力か。ユニゾンやストレッタ前は大いに盛り上げる。和音連打部分もかなりの迫力。続く弱音はやはり聴こえないほどだが、ラストは力強く夫の胸にナイフを突き立てる。ワルツ、これもねちっこく色目を使ってるような演奏。指回りはなかなかなので「できる女でしょう」と言い寄られている感じだ。軍隊ポロネーズ、力強く始まるが、躍動感に少し欠け、堅い感じがする。それでも、重めの演奏が続いた中では良いアクセントになっている(あまり好きな曲ではないのでコメントは薄目)。終わりのマズルカ2曲、これがソナタ3番で見せた品の良さを感じさせる演奏で聴かせる。特にOp.7-1は「私にもいじらしいところがあるでしょ?」みたいな可愛げのある表情さえ見せる。一筋縄ではいかない御仁のようだ。


イレーナ・ヴェレッド、以前はオフィシャルサイトがあったようだが消えてしまった。拙文で興味を持った方は、ジュスマルダホスさんの記事も読まれてみるとよいだろう。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
ウカシュ・ヴォンドラチェック ピアノ・リサイタル
2018-05-19-Sat  CATEGORY: 雑多な話題
新年度になって忙しいポジションになってしまい、なかなか更新ができない。


それでも前職の6割程度の仕事量なのだが、自分でやりたいことも優先してやっているため、ブログが後回しになってしまった。それでも懲りずに来て下さる読者の方に感謝したい。


さて、今日は(市販されている)ラフマニノフ・ピアノ協奏曲第3番の現時点マイベストである、ウカシュ・ヴォンドラチェック(読み方は公演ページに従った)のピアノ・リサイタルの模様を簡単に書きたい。5月10日(木)、場所は武蔵野文化会館小ホール。

曲目は、ブラームスのピアノソナタ第3番、シューマンのアラベスク、謝肉祭という激シブ&普段あまり聴かない曲ということで、彼でなければ絶対に行かないのだがエリザベートコンクールの覇者を呼んでおいて1800円という驚愕の価格なら行かない理由などない。


余談だが、主催の武蔵野文化事業団は、大変ユニークなチラシを作るということでネットでは有名である。次などは傑作であろう。

borero.jpg

ジュスマルダホスさんがFBで話題にされていて、大爆笑したのを覚えている。


こちらは昨年の夏に見に行った公演。


siruve.jpg


まさかのシルヴェストロフ初来日、恐るべき自作自演であった。ピアニストのアレクセイ・リュビモフは現代曲で有名な人で、テクでは目立たない人だと思っていたのだが、ピアノの音色の操る技術というか音量操作に卓越しており、実に繊細な演奏をするピアニストであった。テープ演奏の曲や、冒頭に演奏された日本人作曲家からシルヴェストロフに献呈された室内楽曲も素晴らしく、大変楽しめた。・・・それにしてもチラシの煽り文句がこれまた素晴らしい。「関係者一同の「必死の奔走」により実現」「あのギドン・クレーメルが企画&オファーした80歳記念公演を“固辞”し武蔵野へ!!」「予約を!一秒でも早く予約を!」・・・速攻で予約してしまった(すぐに完売した模様)。才能があるとは、こういう文章が書ける人のことを言うのだ。


そして、ヴォンドラチェックのチラシがこちら。日本初リサイタルということである。

lukas1.jpg

チケット発売になるその瞬間を待ち構えてネットで購入、なんと人生初最前列get!であった(当然アッという間に完売)。事前の予告ではモーツァルトのピアノソナタ&ブラームスの4つの小品だったのが、ブラームスのピアノソナタ第3番に変更になり、これはモツが苦手な私はウェルカム。


さてさて、ヴォンドラチェック登場。太って見事な体躯にひげを生やしており、貫禄十分。聴く前はやや王道を外した選曲に「ひょっとして手抜きかレコーディングの練習か?」と一抹の不安を覚えたのだが、さにあらず。私のピアノコンサート体験史上最高レベルの素晴らしい演奏だった。ブラームスのソナタ第3番はメリハリが非常についていて、力強さと柔らかさのバランスが絶妙。和音がメチャクチャ良く鳴り切っていて、しかも美しい。繊細なタッチにも事欠かず、、スケールが大きい(≒大げさ)というのとは違って歌い方も自然で作為がない。ミスは全くと言っていいほどない。

休憩の後のシューマンのアラベスク。これも素晴らしい。静と動の対比がここでも強調され、花屋の店先で大道芸人が踊りながら超精巧な彫刻を悠然と製作しているような、あ然とする演奏だ。冒頭の和音がやや潰れた感はあったが、それ以外は1音のミスもない。ラフ3の演奏でも感じたが、どうやら彼は和音連打やオクターヴが得意らしく、ショックアブソーバーの付いているかのような手首の柔らかさで、凄まじい速度で連打を繰り返すさまはもはや異次元から来た宇宙人である。

それが全開になったのがシューマンの謝肉祭で、これほどまでにカラフルで鮮やかで、それでいて細部まで張り詰めた緊張感を失わないのは、もはや完璧としか言いようがない。和音の瞬間ワープ移動で全くミスがないのは当然だし、過去のどの演奏よりも猛烈なスピードで弾き進められるさまは、明らかにモーツァルト目当てでいらっしゃったと思われるご年配のお客様の度肝を抜くのに十分であった(卒倒する方がいないか心配になったほどだ)。


ブラヴォ連発、繰り返されるカーテンコール。何度も深々とお辞儀をしたあとに彼が弾いたアンコールはなんとシューベルトのピアノソナタ第21番第2楽章丸々と、スメタナのチェコ舞曲よりスコチナー第10番。前者は非常にしんみりとしたいい演奏だが、他の曲に比べるとややその音楽を持て余している感があり、ヴォロドスの出来の悪い演奏の「暑苦しさ」みたいなものが少し垣間見れてしまったのが惜しい(技巧の高さも相まって、演奏の傾向はヴォロドスに似ている気がする。尤も、彼と違ってヴォンドラチェックはゲテモノ的な悪趣味感は一切出さないが)。後者は初めて聴いた曲だが、お得意の和音・同音連打が頻出するアンコール向きなピースで、エンディングの爆発するかのような千手観音的場面でも絶対に汚い音を出さないのが凄すぎる。ミスをしないのも天才的なのだが、何より安定感があるというか技巧的に困難な箇所でも当たり前のように音楽がスムーズに流れる。これはライヴでは本当に鮮烈な印象を残すものだ。


終演後にはエリザベートの例のCDを買った客対象にサイン会があったのだが、持っているCDを5000円で買い直すのはちょっと厳しく、友人と共に諦めてしまった。毎度一緒に行ってくれる友人もかなり楽しんでくれたらしく、とても良かった。


というわけで、ヴォンドラチェック、ホンモノというか、間違いなくヴォロドス・キーシン・ルガンスキー級の超絶技巧の持ち主であり、私がこれまで生で聴いたどのテクニシャンよりも音楽性の面で期待が持てそうである。リストやラフマニノフ、プロコフィエフなどの派手派手な技巧曲を持ってこないところがまたニクい。是非、次回もリサイタルに駆け付けたい。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
最近聴いている音楽 vol.75~バッハ・フランス組曲第5番~
2018-02-13-Tue  CATEGORY: 雑多な話題
ピアノの先生をしている女性と結婚するのが夢だった。



・・・しかし、夢は現実と違った。防音室でグランドピアノを前に、美しい音楽について夫婦で語り合う。そんなことは結婚以来一度もしたことがない。大体が、夫婦の会話にクラシックのピアノ曲が上ることすら年に数度しかない。オタクはその筋の専門家と結婚しても幸せになれないのか?…まあいい。今日はそんな私の悲哀に満ちた日常に現れた、ごく稀な機会についてお話ししよう。


嫁が「フランス組曲5番の演奏は誰のを持っている?」と聴いてきた。飛んで火にいる夏の虫、こんな話題を私に嫁自ら振ってくることはほとんどない。途端に饒舌になるのが気持ち悪くて仕方ないらしい。いつもノソノソ動く私が、秒速2mでキビキビ動くのはレコードをかけ替える瞬間だけだといつも皮肉を言う。


兎も角、「いちばん好きなのはシモーヌ・ディナースタインのライヴ、次にアンデルジェフスキ、模範的なのはシフかな。グールドは嫌いでしょ?」とベラベラ喋ると、案の定「キモい」と言われた。気を取り直してディナースタインの『ベルリン・コンサート』を聴かせると、「悪くはない」。左手が好みでない、とも言う。続いてアンデルジェフスキを聴かせると、「装飾しすぎ」で、「音が違う。楽譜はなんの版なの?」と聴いてきた。オタクにそんなことは分かる由もない。「散々聴いているのに音の違いも分からないの?違和感ないわけ?これだから弾けもしないオタクは…」と文句を言いはべる。オタク男は黙って耐えるのみである。シフはPCに埋もれているはず、と言うと、「聴いたからいい」と言う。じゃあ何がいいんだ、と嫁に問うと、



「シフの最近の演奏が凄いのよ」



と言う。はっきり言って、私の方が彼女より10倍は普段から寸暇を惜しんでピアノ曲を聴いているはずだ。正直、今更シフ?と思った。しかもその上、youtubeに上がっているコンサートだという。悪いけどシフはもうおじいちゃんだし、ライヴに期待なんてできるんかいな、と反論しつつとりあえず言われるがままに観てみた。


これが凄かった。


ディナースタインと比べるとちょっと味付けは物足りない感じはするけど、(私の考える)正攻法でまっとうな感じのバッハを弾いてる。どの声部もきちんと丁寧で、特に左手の雄弁さがいい。派手さはないが、しみじみと曲の良さが伝わってくるタイプの演奏だ。何より、映像を見ると完全に脱力しきった運指が凄まじい。今はほとんど弾けない私だが、かつてピアノを嗜んだ者の一人として、この凄さくらいは幾らなんでも分かる。なんだか悔しいので、私の好きなガヴォットは出だしのテンポがノロめで溌剌さがない、と粗探しをしたら、「徐々に速まるし、前楽章との一貫性よ!」と言う。グールドは楽章だけでなく、一曲を通してテンポ、彼の言うパルスを統一してだねえ、と言いかけて止めた


さて、嫁は最近有名なピアノ講師のレクチャーに通い始め、その先生の言葉通りにシフが弾いていたことに感銘を受けたのだと言う。具体的に言うと、映像の7:15辺り、左手で音階を下りていく箇所でわざわざ指を入れ替えて弾いている。「4の指が適切な音色を表現するのに適した指なのです」とその講師は言ったという。まさにシフがそのように弾いていたので、「あの先生の言うことは間違っていない。凄い人なんじゃないか」と思ったとのことなのだ。本当にスゴいピアニストは、アンタみたいなオタクがつまらないという地味な緩徐楽章での歌い方、音色の磨き方に全てを賭けるのよ、みたいなことを嫁は言った。「若い頃のシフの演奏はダメ。指も回りすぎだし、派手で丁寧さや奥深さに欠ける」とものたまった。なるほどな、と思った。その観点からすると、確かにシフのこの演奏は(8年近く前のものだが)素晴らしい。次がその演奏である。





こんな風にごくごくたまーーーーーーに結婚してよかったな、ということが年に数回だけある。読者の皆さんとも感動が共有できたらと思う。陳腐なセリフで恐縮だが、齢を重ねた円熟の境地にあるシフのこの演奏、是非ご覧頂きたい。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
最近聴いている音楽 vol.74〜ショスタコーヴィチのピアノ五重奏曲・自作自演2種
2018-01-28-Sun  CATEGORY: 雑多な話題
ショスタコーヴィチのピアノ五重奏曲が好きなので幾つか記事を書いているが、自作自演の2種類目を(結構前だが)入手したので備忘のために書いておく。





左がようやく中古でgetした1955年Moscow Conservatoryでのライヴ、右は1950年の有名なVictor盤でこれまでよく聴いていたものである。1950年盤はピアノが遠めの録音で音割れがなかったが、1955年盤も同様の距離感ながら音が若干割れ気味のところがある。ガッチリと聴き比べをしていないが演奏はほとんど同じ(第2楽章だけが50秒ほど短くなっている)で、ピアノは1950年の方がわずかにおとなしめ、弦楽器隊(両方ともベートーヴェン弦楽四重奏団)は1950年の方に軍配が上がりそう。結論から言うと1950年victor盤のほうがわずかに良い感じだがそれほど違いはなく、ショスタコ自身の解釈を知りたい方はどちらも楽しめると思う。トータルでは以前書いたエドリーナ&ボロディンカルテットの方が録音も良く最高だと思うが、弦はこの自作自演の2種類のほうが良い。


ブログに書くために聴き直そうと思うので、惰性でも続ける意義がある?のかな。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2018/05 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 The melody at night, with you. all rights reserved.