FC2ブログ

The melody at night, with you

音楽好きの世迷い言

Criss Cross Jazz ギタリスト参加作品レビュー(2021/3/2)

Criss Cross Jazzはジャズギタリストに理解のあるレーベルとして大好きである。

以前このレーベルを収集していることを書いて、ギター作品レビューでも書こうと考えていたのだが、その矢先にジャズ・ギター・マガジンでも特集が組まれてしまった。しかし、完全な後追いながら、この素晴らしいレーベルのギタリスト参加アルバムを中心にレビュー一覧を作っていきたいと思う。また、私はコンプリートを目指すタイプでないので、予めご了承頂きたい。


評価は全く個人的なものだが、以下とする。

☆☆☆☆☆:ギター好きならずともオススメの名盤(特にお気に入りは赤色)
☆☆☆☆ :ギター好きにはオススメの好盤
☆☆☆  :ギター好きなら聴いて損は無い
☆☆   :ギター好きでも評価分かれそう
☆    :手を出さない方が無難

冒頭はレーベル番号。今後レビューと評価を追加予定(2021/1/10初出)。




【1079】
Peter Bernstein Quartet / Somethin's Burnin'
1992.12.22録音
Peter Bernstein / g
Brad Mehldau / p
John Webber / b
Jimmy Cobb / dr
1.Thin could be the start of something big 2.Arterglow 3.Booker's little blues 4.Mr.Kenyatta 5.On a misty night 6.Isn't this a lovely day 7.Love for sale 8.sideburns

【1080】
Melvin Rhyne Quartet / Boss Organ
1993.1.6録音
Melvin Rhyne / org
Joshua Redman / ts
Peter Bernstein / g
Kenny Washington / dr
1.Hattush's Blues 2.Full house 3.You and I 4.Born to be blue 5.Shades of light 6.All God's chillun got Rhythm 7.Bear's Tune 8.Jeannine
tr.1のみラインのオリジナル。

【1088】
Seamus Blake Quintet / The Call
1993.12.24録音
Seamus Blake / ts&as
Kurt Rosenwinkel / g
Kevin Hays / p
Larry Grenadier / b
Bill Stewart / dr
1.Vanguard blues Ⅰ 2.The call 3.Nobody's song but his own 4.On cue 5.Prelude to a kiss 6.Mercy Days 7.Zydeco 8.Smoke gets in your eyes 9.Vanguard blues Ⅱ

【1094】
Mark Turner Quintet / Yam Yam
1994.12.12録音
Mark Turner / ts
Kurt Rosenwinkel / g
Brad Mehldau / p
Larry Grenadier / b
Jorge Rossy / dr
Seamus Blake / ts (7)
Trence Dean / ts (7)
1.Tune number one 2.Cubism 3.Yam yam I 4.Moment's notice 5.Isolation 6.Subtle tragedy 7.Zurich 8.Blues 9.Yam yam Ⅱ

【1095】
Peter Bernstein Quartet / Signs Of Life
1994.12.17録音
Peter Bernstein / g
Brad Mehldau / p
Christian McBride / b
Gregory Huchinson / dr
1.Blues for Bulgaria 2.Jet stream 3.Jive coffee 4.The things we did last summer 5.Minor changes 6.Will you still be mine 7.Signs of life 8.Nobody else but me 9.My ideal

【1098】
Eric Alexander Sextet / Full Range
1994.1.3録音
Eric Alexander / ts
John Swana / tp
Peter Bernstein / g
Kenny Washington / p
Carl Allen / dr
1.To the chief 2.the link 3.Darn that dream 4.Number three 5.People will say we're in love 6.Song of her 7.Night mist blues 8. A beautiful friendship

【1124】
Grant Stewart Quartet / More Urban Tones
1995.6.15録音
Grant Stewart / ts
Peter Bernstein / g
Peter Washington / b
Biily Drummond / dr
Chris Byars / ts (7)
Jay Collins / ts (7)
1.Nica's tempo 2. I should care 3.You go to mya head 4.Rabbitron 5.all Through the Night 6.You sweet and fancy lady 7.Manhattan bridge 6.45 8.Pie-eye blues

【1130】
Peter Bernstein Quintet / Brain Dance
1996.12.24録音
Peter Bernstein / g
Eric Alexander / ts
Steve Davis / tb
Billy Drummond ds
Larry Goldings /org
1.Brain dance 2.Chant 3.Means and ends 4.Dual nature 5.While We're young 6.You leave me breathless 7.Lady bug 8.Danger Zone

【1132】
Ralph Lalama / Circle Line 
1995.12.13録音
Palph Lalama / ts
Peter Bernstein / g
Peter Washington / b
Kenny Washington / dr
1.Circle line 2.My Ideal 3.Giant steps 4.You are too beautiful 5.Fiesta Espagnol 6.Dark Chocolate 7.Homestretch 8.Without a song
ラママのテナーは渋めの音色で50年代のグランドマナーといった感じ。曲もスタンダードの有名どころとオリジナルを混ぜたバランスの良い配分。そしてこの頃からバーンスタインはバーンスタインである。ファットでウォームな音色に乗せて歌心抜群のソロを聴かせまくる。現在よりもストレートなラインが多いが、ゆえにアマチュアギター弾きには美味しいフレーズが満載。目まぐるしいtr.3の進行でも変わらぬバーンスタインの歌いっぷりとtr.4での絶妙なニュアンス、アップテンポのジョーヘンtr.7のグルーヴ感が最高。バーンスタインが珍しくスウィープを連発でキメるロリンズtr.8の心地よいスウィングで締まるこのアルバムの読後感の幸せっぷりと言ったら、ない。ピアノレスでコード楽器がギターのみのため、バーンスタイン節が全開である。彼のファンはもちろん、ギター好きには特にオススメ。

【1144】☆☆☆
Tim Ries Quintet / Universal Spirits
1997.10.12録音
Tim Ries / ts&ss
Scott Wendholt / tp
Ben Monder / g
Scott Colley / b
Billy Drummond / dr
1.Indeed 2.St.Michel 3.Free three 4.Guardian angel 5.Some other time 6.Sonata Nr.2 Siciliano 7.Jayne 8.When I'm through
ピアノレスでベン・モンダーのコードワークが堪能できる好盤。深めのリヴァーブがかけられた柔らかなクリーントーンが美しく、アップテンポの1曲目でモンダーは広大な音域のアルペジオを弾きまくるのがアマチュアギター弾きには美味しい(ドラムソロが長すぎるが)。tr.1,2,3,4,8がティム・リーズのオリジナル。tr.2はどことなく物悲しく、なんともECM的になりそうでならない絶妙な曲調。tr.3はアブストラクトな曲で、tr.4はモンダーのピッチを揺らしたイントロからフリーな入り方と見せてビートが入ってきてアコースティック期の終わりのマイルスみたいな雰囲気(最初のソロはトランペットだ)。この曲のモンダーはどこかメセニー的フレーズが顔を出す。tr.5がレナードのほうのバーンスタインのスタンダード。明るい日差しの中で各自が伸び伸びとソロをとる。tr.6はもちろんバッハだがクラシックファンの私には要らない(笑)O・コールマンのtr.7はやや地味で、各ソロが少し冗長、特にトランペットソロが少しイマイチ。ラストは抒情的だがテーマが単調か。変化球のバッハの代わりにスタンダードがもう1曲欲しかったところ。

【1145】
Ryan Kisor Quartet / Battle Cry
1997.10.11録音
Ryabn Kisor / tp
Sam Yahel / org
Peter Bernstein / g
Brian Blade / dr
1.Battle cry 2.it happens 3.Falling in love with love 4.Birdlike 6.Sweet pumpkin 7.If ever I would leave you

【1151】
Peter Bernstein Trio / Earth Tones
1997.12.14録音
Peter Bernstein / g
Larry Goldings / org
Bill Stewart / dr
1.Metamorphosis 2.Sublime in difference 3.Dragonfly 4.Who can I turn to 5.The Acrobat 6.How deep is the ocean 7.The Breakthrough 8. The pivot 9.Carrot cake


【1158】☆☆☆☆☆
Sam Yahel / Trio
1997.12.8録音
Sam Yahel / org
Peter Bernstein / g
Brian Blade / dr
1.Blues for Bulgaria 2.Never will I marry 3.The Gambit 4.A Nightingale sang in Berkeley square 5.Isn't this my music around me? 6.Gravy waltz 7.Short returns 8.And then some
tr.1はもちろんバーンスタインの作。ヤヘルのオリジナルがtr.3,7,8。やはりヤヘルとバーンスタインのコンビは素晴らしい。無駄な音が1つもなく、空気読めまくりのブレイドのグルーヴも心地良い(トリオでバンバン叩くドラマーは誰でも嫌いだと思うけど)。tr.1のワクワクするようなソロ、バラードtr.4でのソロの歌い回し&伴奏はお互いをわかり合った2人による名演としか言いようがなく、特にヤヘルの演奏は神がかっている。B・ハッチャーソンの作tr.5のテーマを奏でるバーンスタインの表現力、音色がこれまたスゴい(良い曲!)。2人のソロを絶妙に煽るブレイドも実にイイ仕事してる。ラストのtr.8は意表を突くファンキーナンバーでバラエティに富んでいる。文句なしの好盤。


【1160】☆☆☆☆
Kurt Rosenwinkel / Intuit
1998.8.14&15録音
Kurt Rosenwinkel / g
Michael Kanan / p
Joe Martion / b
Tim Pleasant / dr
1.How deep is the ocean 2.Conseption Ⅰ 3.Darn that dream 4.Dewey Square 5.When sunny gets blue 6.Sippin' at bells 7.Epiphany 8.Segment 9.Summertime 10.Conception Ⅱ
コンテンポラリーの最先端を歩み続けるカートがスタンダードを演奏した、今となっては貴重な作品。20年以上前の録音ということもあり、プレイスタイルは現在と結構違う。今のようなピッキングのアタック感をエフェクトで消してヒラヒラしたフルートみたいな音色でスケールを高速で上下動するのではなく、パーカーのtr.6,8などではもろにバップなフレーズも飛び出す。このころから例の手グセ(4音ずつのアルペジオを重ねていくやつ)は連発しまくりで、引っかかるような独特のグルーヴも健在。音色はクリーンかナチュラルにわずかに歪んだ感じで、野太い印象である。他のメンバーの演奏がやや弱く、特にピアノは第一級のプレイという感じでない。ジャズギターファンでない人が聴く分にはどうなのか正直分からないが、現代ジャズギターの帝王の若き日の演奏が聴ける盤として興味深い。


【1177】☆☆☆☆
M.T.B. / Consenting Adults
1994.12.26録音
Brad Mehldau / p
Mark Turner / ts
Peter Bernstein / g
Larry Grenadier / b
Leon Parker / dr
1.Belief 2.Little melonae Ⅰ 3.Phantasm 4.Afterglow 5.Limbo 6.Consenting adults 7.From this moment on 8.Peace 9.Little melonae Ⅱ
現代の名プレイヤーが集結した若き日のドキュメント。とにかくまあ全員上手い。上手すぎる。しかし、どこか優等生が集まってシャシャッとこなしたような感がなくはなく、熱気とか飛び散る汗みたいのは感じられない。ある意味表面的に仕事をこなした冷静さと緻密さが伺えるが、それが逆に何とも言えない緊張感となって感じられ、聴いている途中から不思議な魅力となっていく。マーク・ターナーはレッドマン、アレキサンダー、ポッターのモンクコンペ・テナー3人衆に比してどことなくテクと音色で劣る印象があると個人的に思っているが、この若い頃の演奏でもそれは変わらない(それでも好きで彼のリーダー作は色々持ってるけど)。才気煥発なメルドー、すでに後年の堂々たる歌心の片鱗が見えるバーンスタインが特に印象に残る。


【1201】
Clarence Penn Quintet / Play-Penn
2001.1.19録音
Clarence Penn / dr
John Swana / tp,fh
Ron Blake / ts
Jesse Van Ruller / g
Rodney Whitaker / b
1.Teo 2.Grace-Ann 3.You must believe in spring 4.Blues for Paris 5.The Charm 6.Consistent-Seay 7.Red Alert 8.Essence 9.Preston's theme


【1210】
David Hazeltine Quintet / Good-Hearted People
2001.1.15録音
David Hazeltine / p
Steve Davis / tb
Jim Snidero / as,fl
Jesse Van Ruller / g (6&8)
Nat Reeves / b
Tony Reedus / dr
1.Bluslike 2.Caliente Blues 3.Imagination 4.Demasiado dulce 5.Good-hearted people 6.Quiet now 7.Cozytine 8.Barbados


【1216】☆☆☆☆☆
Ralph Bowen / Soul Proprietor
2001.5.24録音
Ralpha Bowen / ts
John Swana / tp
Peter Bernstein / g
Sam Yahel / org
Brian Blade
1.Invitation 2.Soul Proprietor 3.My ideal 4.Spikes 5.Under a cloud 6.The first stone 7.Inner urge 8.Meltdown 9.Peace
これは名盤。スタンダードtr.1,3,7,9に自身のオリジナルを交え、王道ジャズながら曲のバラエティが非常に豊かで聴き飽きさせない。アップテンポのTR.4、ジョーヘンのTR.7のゴージャスな音色と迫力は出色。ヤヘルとブレイドのグルーヴが凄まじく、バーンスタインはやや手癖率高めだが、管2人の出来と合わせて本当に素晴らしい盤。

【1217】☆☆☆☆☆
Jesse Van Ruller / here And There
2001.1.17&10.28(tr.7,8,9,10)録音
Jesse Van Ruller / g
David Hazeltine / p
Nat Reeves / b
Joe Farnsworth / dr
Frans Van Geest / b tr.7,8,9,10
Willie Jones Ⅲ / dr tr.7,8,9,10
1.The best things in life are free 2.Chirstina 3. Bye,bye baby 4.Subconscious-Lee 5.Prelude to a kiss 6.Debits and credits 7.Everything I love 8.In walked Bud 9.Ballad of the sad young men 10.Cedar's blues
ジェシのCriss Crossリーダーデビュー作。もうこれはアップテンポの彼の代表曲tr.6で決まり!基本的には(デビュー盤とはキーを変えて)A♭のブルースだと記憶しているが、10年ほど前バンドでコピーした(私の採譜にミスがあってメンバーに直してもらった恥)。ちなみにこの演奏の五線譜の譜面と演奏がYouTubeに上げられている。tr.10もジャズライフに譜面が載っていて頑張ってフレーズをコピーした(テンポが早く、バッキングが難しい)。ヘーゼルタインの勢いのあるピアノも素晴らしい。思い入れの深い愛聴盤。


【1220】☆☆☆☆☆
Alex sipiagin Quintet / Hindsight
2001.5.23録音
Alex Sipiagin / tp,fh
Chris Potter / ts
Adam Rogers / g
Boris Kozlov / b
Gene Jackson / dr
1.Very early Ⅰ 2.Hindsight 3.Reincarnation of a lovebird 4.Linear passage 5.Second shot 6.Light blue 7.Upstream 8.Very Early Ⅱ
シピアジンは本当にハズレの少ないアーティストである。メンツの起用も贅沢だし、曲も演奏も実にいい。本盤などポッターに喰われそうなものだが、きちんと存在感を主張するのが巧み。そんな2人の中にあって埋もれてしまいそうなギターだが、この頃のアダムはブレスレスラインで弾きまくりの時代なので彼らに全く聴き劣りしない。実にまあ凄い盤である。


【1223】
Adam Rogers Quartet / Art Of The Invisible
2001.12.13録音
Adam Rogers / g
Edward Simon / p
Scott Colley / b
Clarence Penn / dr
1.Lomg ago and far away 2.Amsalom 3.Bobo 4.The aleph 5.The invisible 6.Cathedral 7.Book of sand 8.In broad daylight 9.The Unvanquished


【1233】☆☆☆☆☆
Peter Bernstein +3 / Heart's Content
2002.12.14録音
Peter Bernstain / g
Brad Mehldau / p
Larry Grenadier / b
Bill Stewart / dr
1.Little green men 2.Heart's content 3.Relativity 4.Constant conversation 5.Dedicated to you 6.Simple as that 7.Public Domain 8.Blood count
最強の布陣による名盤。DIGのジャズギターディスクガイドでも大枠掲載で、2000年代前半のバーンスタインのベストの1枚。tr.5,8を除きバーンスタインのオリジナル。手グセが垣間見れた90年代後半に対し、2000年代に入ってからの彼は歌心重視のグルーヴ感が完成形を見た。何より愛器ザイドラーのウォームでファットな音色が素晴らしく、ギターを敬遠するジャズファンにこそ是非とも聴いて欲しい作品。これでダメならあなたはジャズギターを聴く必要がないだろう。


【1235】☆☆☆
Jesse Van Ruller / Circles
2002.12.15録音
Jesse Van Ruller / g
Seamus Blake /ts
Sam Yahel / org
Bill Stewart / dr
1.One 2.Circles 3.Here comes the sun 4.Black dahlia 5.33 Waltz 6.Zoab 7.Gone with the wind 8.Secret champ
リズミックでファンキーなナンバーが多く、ヤヘルのオルガンにピッタリなのだがブレイクの演奏がイマイチ。どことなく投げやりで高音がヒラヒラ(ヘラヘラ)しているのが気になり、これを聴いてからしばらく彼を敬遠することとなった(今はそんなことないが)。彼の曲で私が最も好きなtr.3も、ブレイクの音色で言葉がキツいが台無しになってる気がする(ピアノとのデュオ作『In Pursuit』のイントロを聴いてどうかこの曲の素晴らしさを知って頂きたい)。ジェシの音色は『Views』と比べると太くて良いのだが、ソロはこの頃の彼らしく多弁・雄弁・弾きまくりで、編成のせいか曲のせいかもうちょっと落ち着いても良い気がする。スチュアートはそれほどうるさく感じないのだけれど、トータルとして厳しめに3つ星。


【1236】
Alex Sipiagin / Mirrors
2002.6.2録音
Alex Sipiagin / tp,fh
Seamus Blake / ts
Adam Rogers / g
David Kikoski / p
Boris Kozlov / b
Jonathan Blake / dr
Donny McCaslin / ts,ss (tr.2,3)
Josh Roseman / tb (tr.3)
1.Def I 2.Tijuana gift shop 3.Travel 4.Crossing 5.Mirror 6.Def II 7.Mood one
tr.2がミンガスの曲で、それ以外はシピアジンのオリジナル。


【1239】☆☆☆
Ryan Kisor Quintet / Awakening
2002.12.19録音
Ryabn Kisor / tp
Grant Stewart / ts
Peter Bernstein / g
Sam Yahel / org
Willie Jones Ⅲ / dr
1.Awakening part 1 & 2 2.Sioux city 3.UFO 4.Harlem moon 5.Effing blues 6.Waht can I say? 7.Free as a bird
全曲カイザーのオリジナル。どれもタイトルが変。おまけに曲もちょっと変。tr.1はヘンテコなテーマにオルガンが絡むと雰囲気は70年代末のプログレかジャズロック(ペットということもあってイアン・カーを思い出す)。カイザーのペットは良いが、前述の通りにどことなくフリーな雰囲気が。心なしかバーンスタインのバッキングにやる気が感じられない。一旦part1で終わると思いきやドラムソロに続けてアップテンポのpart2が開始。スチュワートのソロは低音が太く、ペットと音域の相性が良い。続くのがカイザーのソロ(バーンスタインがなかなか出てこない!)。マイルスばっかり聴いていると上手いなあと思う。10分過ぎにようやく我らがバーンスタイン登場。いつもの同音反復を織り交ぜながら歌い始める。手グセが多めで、どことなくテンションが低い感じがする(tr.4でも手癖連発)。この傾向はアルバム全体に言える。というわけで、トータルでは決して悪く無いが、バーンスタインのギターを聴く盤としては些か物足りない。


【1241】☆☆☆☆
John Swana Quartet / On Target
2002.12.16録音
John Swana / tp,fh
Jesse Van Ruller / g
John Patitucci / b
Eric Harland / dr
1.Through my eyes 2.Mud puppy 3.Sweet sadness 4.On target 5.View from above 6.When love was you and me 7.Jitterbug Waltz 8.Suspended sentence 9.Philly jazz
メンツがここに載っている作品の中では個人的に最高レベルにスゴいが、残念ながら最高の作品にはならなかった。伴奏をジェシが担当するわけでそこはヨダレものなのだが、アップテンポのラスト曲など、珍しくジェシはスピードに飲まれてしまったのか同じ手癖の連発で、おそらく私の知るジェシ史上最もイマイチなソロである(正直彼の限界が見えたかと思ってかなりガッカリした)。


【1242】☆☆☆☆☆
Adam Rogers Quintet / Allegory
2004.4.26録音
Adam Rogers / g
Chris Potter / ts
Edward Simon / p
Scott Colley / b
Clarence Penn / dr
1.Confluence 2.Phyrigia 3.Was 4.Genghis 5.Angle of repose 6.Prpheus 7.Red leaves 8.Cleveland 9.Purpose 10.Angle of repose - reprise
これがアダムを聴いた最初の作品。とにかく1曲目のカッコ良さに尽きる。途中で超ハイテンポになってからのピアノ、ギター、サックスのソロがどれも素晴らしく、各々が他パートに負けていない。ジャズ界の達人の中の達人たちが織りなす音の洪水は聞き逃せない。尤も、アダムのベストフォームはポッターのリーダー作の方が(音色の関係もあって)比較的よく現れると思うのだが。


【1244】
Jonathan Kreisberg Trio / Nine Stories Wide
2003.10.30録音
Jonathan Kreisberg / g
Larry Grenadier / b
Bill Stewart / dr
1.Summertime 2.Just in time 3.Dana 4.My ideal 5.JUJU .That reminds me 7.Fever vision 8.Michelle 9.Relaxing
at Camarillo
DIGのディスクガイドでも取り上げられた彼の初期の名盤。曲良しメンツ良し演奏良しで言う事なし。ガイドにもあるtr.2のピックアップソロがとにかくカッコいい。ギターのトリオ作品としては出色の出来。オススメ。


【1263】☆☆☆☆☆
Adam Rogers / Apparitions
2004.4.26録音
Adam Rogers / g
Chris Potter / ts
Edward Simon / p
Scott Colley / b
Clarence Penn / dr
1.Labyrinth 2.Tytanny of fixed numbers 3.Persephone 4.Continuance 5.The Maya 6.apparitions 7.amophora 8.Moment in time
1242と同メンツ・同日の録音だが、曲の完成度と演奏はこちらが上回る。勿論、全曲ロジャースのオリジナル。前作tr.1のようなキラーチューンは無いものの、どの曲も起伏に富んだ緻密な構成で聴かせる。tr.1は前作の冒頭を思い起こさせる取っつきやすいテーマ。アルバムを通してギターの音色も変化に富んでおり、tr.2などは歪ませた野太い音でバリバリに弾きまくっていて素晴らしい。この曲はポッターも負けじと大爆発していてハイライトの1つ。tr.4もリズミカルなテーマの後、サックスのソロは明るく開放感に溢れた雰囲気ながら、ギターソロではビートがフリーな感じで始まって弾きまくる頃には超ハイテンポになったりと聴きどころ満載(ハイテンポ時のベースのグルーヴ感の凄さは前作のtr.1を思い起こす)。残りの曲も完成度が高く、何よりアダムのギターが他盤のどれよりもハイセンスに弾きまくっていて素晴らしい。個人的に現時点での彼の最高傑作と言ってよいと思う。必聴。


【1266】☆☆☆☆
Jonathan Kreisberg / New For Now
2005.10.13録音
Jonathan Kreisberg / g
Gary Versace / org
Mark Ferber / dr
1.Gone with the wind 2.New for now 3.Stardust 4.Peru 5.Five buchs a bungalow 6.From the ashes 7.Ask me now 8.all or nothing at all
クライスバーグのCriss Cross 1244に続くと思われる4?作目。tr.2,4,5,6が彼のオリジナル。オルガントリオが2000年代前半の彼のプログレっぽいメカニカルなフレージングに実によくマッチしている。今の手癖もあまり登場していない。音色が今の彼からすると非常に柔らかく、空間系のエフェクトもしっかりかけている。ドラムのマーク・フェーバーは以前紹介したアンソニー・ウィルソンの作品でも演奏しており、そこでお気に入りと書いたが、派手な叩き方はしないながらも後ろに重心が乗りすぎないグルーヴが秀逸で印象に残る。その意味でもウィルソンのオルガントリオと比較してしまうが、こちらのほうがよりコンテンポラリーでギターも縦横無尽。Versaceが結構弾きまくってて、トラディショナルなフェーバーのプレイとのミスマッチ感が逆に面白い。カートも演奏してるtr.7,8の比較をしてみると面白い。


【1270】
Alex Sipiagin / Returning
2004.10.11録音
Alex Sipiagin / tp,fh
Seamus Blake / ts
Adam Rogers / g
Scott Colley / b
Antonio Sanchez / ds
1.Returning 2.Extra chance 3.Miniature 4.Pictures 5.Snova 6.Son of thirteen 7.Turn out the stars
tr.4がロジャース、tr.5,6がメセニー、tr.7がビル・エヴァンスの作でtr.1,2,3がシピアギンの作。パット・メセニー・グループに加入して多忙を極めていたであろう頃のサンチェスを捕まえて録音したと推察される。tr.6,7はメセニーの2008年『Day Trip』の曲で、アレ時期が前後するなと思って調べたら、元々メセニーがこの作品のためにシピアギンに提供したとのことである。


【1273】☆☆☆
Jesse Van Ruller / Views
2005.10.19録音
Jesse Van Ruller / g
Seamus Blake /ts
Sam Yahel / org
Bill Stewart / dr
1.Silk rush 2.Super dry 3.Hiolistic 4.Sway 5.Amsterdam 6.Gladiator glamour 7.Tear jam 8.Strung out
前作と同じメンツで3年ぶりの録音。まずギターの音色が軽いのが気になる。さらに、演奏は格段に良くなっているのだが今度は曲が地味でイマイチ(代表曲のひとつtr.5もテーマに唐突な感じを受ける…)。というわけで、ジェシが好きなだけに厳しく前作同様に3つ星としたい。


【1277】☆☆☆☆
Donny McCaslin / Give And Go
2005.6.2録音
Donny McCaslin / ts,ss
John Swana / tp
Steve Cardenas / g
Scott Colley / b
Gene Jackson / dr
1.Outlaw 2.Scrappy 3.Drift 4.Give and go 5.The Liberators' song 6.Two/Three 7.Doom fuss 8.Eronel
tr.1〜7がマッカスリンのオリジナル、最後がモンクの曲。伴奏楽器がギターのみ、それもスティーヴ・カーディナスということで聴いてみたが、肝心のギターがイマイチ。音がペラペラで薄っぺらく、わずかに歪ませているために伴奏だけが古いラジオから聞こえてくるような音色で違和感を感じる(ギター好きの私と言えども通常のジャズのフォーマットから来る先入観が強い)。ソロも全曲で取っているわけではなく、前半の曲はかなりブルース寄りでさらに浮いている感が強まる。しかしリーダーであるマッカスリンのサックスが素晴らしく、縦の線やピッチはあやふやな感じがするけれども、ソロの組み立てというか感情の赴くままに吹きまくる様がフリージャズっぽさもあって素晴らしい。タイトルトラックのtr.4はシンプルなリフのなんということはない感じのテーマなのだが、マッカスリンのソロが凄い。対するスワナのトランペットが端正に聴こえ、その対照なキャラも楽しめる。後半になるにつれてカーディナスはバップ寄りなフレーズが出てきて音使いが興味深いが、不思議なことにこのあたりになるとその薄っぺらいこの音さえも「オルガンの変種」に聞こえてきたり、さらには「味があって意外に悪くないかも」と思えてくる。ジャズギターが苦手な人も楽しめる可能性が十分にある、スルメのような作品。


【1283】☆☆☆☆☆
Steve Davis / Update
2005.12.1録音
Steve Davis / tb
Roy Hargrove / tp,fh
Peter Bernstein / g
Anthony Wonsey / p
Nat Reeves / b
Joe Farnsworth / dr
1.Marie Antoinette 2.Fenja 3.Bird lives 4.Grove's groove 5.The maze 6.Daydream 7.Wildflower 8.Moment to moment 9.Leanin' & Preenin''
トロンボーンのデイヴィスが懇意にしているメンバーに加え、バーンスタインに当時超売れっ子で今は亡きハーグローヴを捕まえて新しめのスタンダードを録音した作品。なお、これがハーグローヴのクリスクロスデビューとのことである。ピアノとドラムが超一流どころと比べると弱いが(ピアノは音像も遠く存在感が薄い)、ハーグローヴの空気の読み方と脂の乗りまくったバーンスタインの歌心に加え、トロンボーンのリーダー作というレア感が絶妙にマッチ。テーマ楽器の音色がここまでバラエティに富み、それでいて安定したソロが聴ける隠れた良作。ギターファンにもオススメ。


【1286】☆☆☆☆
Adam Rogers / Time And The Infinite
2006.3.17録音
Adam Rogers / g
Scott Colley / b
Bill Stewart / dr
1.Night and day 2.Elegy 3.Time and the infinite 4.Young and foolish 5.Cheryl 6.Esteban 7.Without a song 8.Ides iof march 9.I lovees you,Porgy
説明不要の現代ジャズギター・トリオの金字塔。これを5つ星にしないのは勇気がいる。ライターの石沢さんもTHE DIG の JAZZ GUITAR で大枠掲載、ジャズギターマガジンでもtr.1の譜面が載っているなど、アマチュアギタリスト垂涎のスタンダード曲が多めで名盤に違いないのだが、やはり私の好みとは違う音抜けの悪い寝ぼけた音色であえてあえてあえーて減点させて頂く。。思うに、エコノミーピッキング等を使ってサックスの高速フレーズ並みのスピード感を獲得している彼のプレイスタイルには、高音域を削って粒立ちよくレガート感を出せるようなこの音色が合っているのだと思う。勿論それは分かっているのだけれど、彼がサイド参加した作品、例えばジェイムズ・カーターのリーダー作などではきちんとトレブルも持ち上げているのでその音色ならもちろん文句なしなのだが・・・(おそらくそちらではストラトを使ってる)。みんな大好きtr.9も、思ったより地味。


【1288】☆☆☆☆☆
Seamus Blake / Way Out Willy
2006.3.19録音
Seamus Blake / ts
Lage Lund / g
David Kikoski / p
Orlando LeFleming / b
Bill Stewart / dr
1.Fear of roaming 2.Badlands 3.Trust in you 4.Way out Willy 5.Hoi Polloi 6.The Jupiter line
全曲ブレイクのオリジナル。2年後に録音したcriss1317『Bellweather』はベース以外同じメンツ。出来はこちらが上。まずブレイクの曲が良い。起伏とバラエティに富んでおり、各メンバーの見せ場も十分にある。一番気になるLageのソロも良い。音色が今よりも軽めなのは好みとは違うが、この時期にしてはまずまず中域の詰まった芯のある音を聴かせており、8分音符を連ねるだけでなく速弾きも見せてスリリング。しかしMVPはピアノのキコスキー。リズム隊、特にドラムと絡んでの盛り上げ方が素晴らしい。ビル・スチュアートはいつも通りうるさくてイライラするが、他の奏者も負けてない。


【1295】
Jimmy Greene / Gifts And Givers
2007.4.5録音
Jimmy Greene / ts&ss
Marcus Strickland / ts
Mike Moreno / g
Danny Grissett / p
Reuben Rogers / b
Eric Harland / dr
1.Mr.Mclean 2.Greene Blues 3.Forever 4.Magnolia triangle 5.26-2 6.Blue bossa / Boudreaux 7.Eternal triangle


【1298】
Gary Versace / Outside In
2007.4.11録音
Gary versace / org
Donny McCaslin / ts&ss
Adam Rogers / g
Clarence Penn / dr
1.Dangerous land 2.The grand inquisitor 3.Blue soup 4.Now is then 5.Poster boy 6.Pinwheel 7.A thousand words 8.Many places


【1303】
Mike Moreno / Third Wish
2007.10.26録音
Mike Moreno / g
Kevin Hays / p, Fender Rhodes
Doug Weiss / b
Kendrick Scott / dr
1.I have a dream 2.Children of the night 3.Isotope 4.Lush life 5.Third wish 6.Another way 7.Street lights 8.A flower is a lovesome thing


【1305】
Ralph Bowen / Five
2007.10.20録音
Ralph Bowen / ts
John Swana / tr
Peter Bernstein / g
Sam Yahel / org
Dana Hall / dr
1.Step lightly 2.Baby girl 3.First Hiatus 4.Free time 5.Blues cruz 6.Drowning man 7.Rahsaan's run


【1307】
Lage Lund Quintet / Early Songs
2007.10.24録音
Lage Lund / g
Marcus Strickland / ts,ss
Danny Grissett / p
Orlando LeFleming / b
Kendrick Scott / dr
1.Scrapyard orchestra 2.Poppy 3.You do something to me 4.Vonnegut 5.Around the world in a bottle 6.Quiet now 7.Celia 8.The incredibly profound song
これが初めてラーゲを聴いた盤。カートが一連の作品を出してギターと金管の組み合わせが注目を浴び、現在のコンテンポラリーの「流行り」を作っていた頃の作と言える。若き凄腕を集め、どのプレイヤーも演奏は素晴らしい。この頃のラーゲは比較的分かりやすいラインでソロの出来はいい。音色もごくごくわずかに歪ませているか??と思わせるような太さがあり、ストリックランドの太い音色に負けていない。一方、作曲面ではまだまだ今ひとつというか、現在のほうがインスピレーションに富んでいる感じがある。トータルとしては4つ星。


【1310】
Jonathan Kreisberg / Night Songs
2008.6.13録音
Jonathan Kreisberg / g
Gary Versace / p
Matt Penmann / b
Mark Ferber / dr
1.Laura 2.Autumn in New York 3.September song 4.Prelude to a kiss 5.spring is here 6.I'll be seeing you 7.Blue in green 8.Nerertiti 9.Warm valley


【1313】☆☆☆☆
Adan Rogers / Sight
2008.12.19録音
Adam Rogers / g, p (1)
John Patitucci / b
Clarence Penn / dr
1.Sight 2.I hear rhapsody 3.Kaleidoscope 4.Yesterdays 5.Memory's translucence 6.Let's cool one 7.Hourglass 8.The moontrane 9.Beautiful love 10.Dexterity
前作1286と同様のトリオ作品でスタンダードも混じるが、ベースとドラムはこれまた凄腕に交代し、1曲目には彼のピアノが入っていたりと多少の雰囲気の違いはある。tr.1,3,7がロジャースの曲。ギターの音色はやはり同路線の、モワっと太くてコンプ感の強い音ヌケの悪い音色。やはりスタンダード曲で見せる彼のアウトなアプローチが興味深い。


【1317】☆☆☆☆
Seamus Blake / Bellwether
2008.12.11録音
Seamus Blake / ts&ss
Lage Lund / g
David Kikoski / p
Matt Clohesy / b
Bill Stewart / dr
1.Dance me home 2.A beleza que vem 3.Subterfuge 4.The song tha lives inside 5.Bellwether 6.Minor celebrity 7.String Quartet in G minor,opus 10
最初と最後以外はブレイクのオリジナル。出だしのtr.1がジョンスコの作で意表を突く。ラーゲには珍しくバップ的なフレーズが多く飛び出し、普通のジャズファンにも聴きやすいソロだ。この頃の彼は確かサドウスキーを使っていたかと思うが、音色が軽めで今の方が個人的には好み。tr.2でもスケール上下動のようなシンプルなラインを織り混ぜて面白い。tr.3はブレイクのライヴ盤でも演奏があるが、藤井さんが書かれている通り残念ながらラーゲの演奏はそちらの方が良い(ちなみに演奏の展開も似ている)。バラードtr.4のラーゲによるイントロのコードワークは私には一生かかっても弾けそうにないヴォイシング(しかしやはり音色が軽い…)。曲の出来としてはタイトルトラックのtr.5がなんとも沁みるメロディで良く(E・アレキサンダーが書きそう)、ラーゲのソロもアルバム中ではベスト。豪華なサイドメンの演奏も秀逸で、tr.7でのキコスキの叙情性はラーゲに負けていない。マット・クローシーはぐイんぐイん来る素晴らしいグルーヴを聴かせている。クラシックファンからするとラストのドビュッシーは無くてよかったかな。


【1321】
Lage Lund / Unlikely Stories
2009.11.5録音
Lage Lund / g
Edward Simon / p
Ben Street / b
Bill Stewart / dr
1.Swagger 2.Folly 3.Worms 4.12 beats 5.Truckstop queen 6.Drum 7.Life at the bottom of a lake 8.What we see


【1325】☆☆☆☆☆
Alex Sipiagin / Generations Dedicated To Woody Shaw
2010.1.25録音
Alex Sipiagin / tp,fh
Adam Rogers / g
Boris Kozlov / b
Antonio Sanchez / dr
1.Greenwood Ⅰ 2.Obsequious 3.Cassandranite 4.Beyond all limits 5.Windy bahn 6.Katrina ballerina 7.Chance 8.Blues for wood 9.Greenwood Ⅱ
tr.1,5,7,9がシピアジンのオリジナル。伴奏楽器がギターだけということもあり、一部ギターのバッキングがオーバーダブされている。ギターはtr.1からしてソロが長尺で、その後も大活躍。アダムファンは必聴・垂涎の盤に違いない。一方で、シピアジンの他の作品ほどには曲の魅力が薄く、これは編成がいつもの彼からするとこじんまりとしているせいもある。いずれにせよ、5つ星は譲れない。


【1330】☆☆☆☆
Will Vinson / Stockholm Syndrome
2010.6.2録音
Will Vinson / as&ss
Lage Lund / g
Aaron Parks / p
Orlando LeFleming / b
Kendtrick Scott / dr
1.Squeeze 2.Dear old Stockholm syndrome 3. Late lament 4.Dean street rundown 5.Icronic 6.You won't forget me 7.Everything I love 8.Party of one 9.Show type tune
今をときめくメンツがすごすぎる。これで名盤にならないほうがおかしい、のだが、どの曲もソロが短めでヴィンソンのライヴ盤The World[Through My Shoes]の方がさらに素晴らしい(あちらはピアノレスでよりラーゲが活躍しているというのもある笑)。そのライヴでも演っているtr.4はピアノで弾くとシンプルなイントロだけに少し間の抜けた感じ。これも5つ星にふさわしいのだが、前述の凄まじいライヴ盤を聴いてしまうと遜色は拭えず、☆1つ減点。でもオススメ。


【1333】☆☆
Stacy Dillard / Good and bad memories
2010.6.1録音
Stacy Dillard / ts
Craig Magnano / g
Orrin Evans / p
Ryan Berg / b
Jeremy 'BEAN' Clemons / dr
1.Pleasant 2.Can't and over 3.Over and over 4.There's no need 5.Stizzozo 6.PCH 7.West Lexington 8. Mean bean
知らないギタリストなので手を出してみたが、さすがにKurtやAdam,Morenoなど有名どころには相当遜色ある(クラシックのピアニストで例えるとキーシン・ヴォロドス・ルガンスキーから3段階くらい落ちる)。


【1338】☆☆☆☆☆
Mike Moreno / First In Mind
2011.1.18録音
Mike Moreno / g
Aaron Parks / p
Matt Brewer / b
Kndrick Scott / dr
1.Frist in mind 2.Soul dance 3.Airegin 4.By myself 5.But beautiful 6.Milagre dos peixes(Miracle of the fishes) 7.A flor e o espinho(the flower and the thoron) 8.In a silent way 9.Mantra #5
メンバーが凄い。モレノのオリジナルはtr.1のみで、その他はロリンズの超有名曲tr.3やJ.レッドマンのtr.2,9、ザヴィヌルのtr.8などが並ぶ。ギターの音色は柔らかく陰影に富んでいて空間系のエフェクトも強めにかかっている。この頃の使用ギターはギブソンかマルキオーネか、それともソリッドか不明(ジャケからするとマルキオーネに見える)。パークスのピアノは最高で、若い頃(まだ若いけど)のトンがった感じが薄れてきた辺りなのでモレノを喰ってしまうようなことはない。内容的にはコンテンポラリーな路線だが、音色や落ち着いたアレンジのせいでECMレーベルのような雰囲気がある。私はECMは好きだけれどもう少し個性的で存在感のあるギターが好きなので、実はモレノにはあまり手が伸びないのだが、凄腕メンバー達による演奏のクオリティがとんでもなく高く、ギタリストリーダー作であることも含めてややおまけで5つ星。


【1347】
John Ellis / It's You I l Like
2011.10.25録音
John Ellis / ts, bc(8)
Mike Moreno / g
Aaron Goldberg / p
Matt Penmann / b
Rodney Green / dr
1.What do you do? 2.Memory lane 3.It's you I like 4.Everything means nothing to me 5.Let's think of something to do 6.Because we're kids 7.You are special 8.Waltz #1 9.It's such a good feeling 10.Won't you be my neighbor


【1350】
Clarence Penn / Dali In Cobble Hill
2012.2.2録音
Clarence Penn / dr,per
Chris Potter / ts&ss, bc
Adam Rogers / g
Ben Street / b
1.The B 61 2.Cobble hill 3.A walk on the B-H-P 4.Dali 5.I hear music 6.Mr.C 7.Persistence of memory 8.My romance 9.Solato's morning blues 10.Zoom Zo0M
*tr.10は私の打ち間違いではなく、2つ目のZoomがZo0mになっている。


【1360】☆☆☆☆
Lage Lund / Foolhardy
2013.1.22録音
Lage Lund / g
Aaron Parks / p
Ben Street / b
Bill Stewart / dr
1.Tokyo 2.Taht it,then 3.Foolhardy 4.Unanswered call of the wild 5.Slo crow 6.Old horsey 7.Holiday for strings 8.Keystone 9.all or nothing at all
ピアノ入りのカルテット。トリオの1376との違いはパークスのピアノなわけだが、この差は大きい。まず音数が多いのでスチュアートのドラムがそれほどうるさく感じない(苦笑)。パークスのプレイはかなり空気を読んでいて彼としては地味なものの、やはり素晴らしい。曲の完成度というか取っつきやすさという点で全体的に1376の方が良く、その分星を減点せざるを得ないのが残念。tr.1も悪くはないが・・・アルバムの後半になるにつれてダレた感じがある。tr.7はハイテンポでユニークなユニゾンのテーマで見事な演奏を聴かせる(凄まじく脱力してピッキングしないと弾けなさそう)。ギタートーンはかなりふくよかで好みである。というわけで、曲の出来が惜しい。


【1361】☆☆☆☆
Dayna Stephens / I'll Take My Chances
2013.1.23録音
Dayna Stephens / ts & bs (4)
Charles Altura / g
Gerald Clayton / p, org (4)
Joe Sanders / b
Bill Stewart / ds
Becca Stevens / vo (6)
1.Good tree, good fruit 2.JFK international 3.Adrift 4.Dirty 5.Unrequited Ⅰ 6.Prelude to a kiss 7.Field of Landmines 8.I'll take may chances 9.Weezy 10.Unriquited Ⅱ
以前のレビューはコチラ


【1370】☆☆☆☆☆
David Binney/ Anacapa
2014.2.13録音
David Binney / as,ts,ss,vo,synths,b
Wayne Krantz / g
Adam Rogers / g

John Escreet / p,rhodes
Matt Brewer / eb
Obed Calvaire / dr
Dan Weiss / dr,tabla
Sergio Krakowski / pandeiro
Louis Cole / vo
Nina Geiger/ vo
1.She Loves, Introduction 2.The Golden Zone 3.Massive Humanity 4.Distant City 5.Anacapa 6.Waiting For The Blast 7.Imagination Sets Us Free 8.Heart Shaped Mind 9.Santo Spirito 10.She Hates, Outro
凄腕メンバーを数多く集め、全曲ビニーのペンによる渾身の作。1曲目のエレクトロニカな打ち込み風シンセとシンプルなビートから早くも極上コンテンポラリーを予感させる(私はこういうのが大好きである)。tr.2はギターも絡む回りくどいテーマの後、ビニーが音の洪水とばかりに吹きまくる。ドラムがやけに遠くてうるさいのでライナーを読むとどうやらツインドラムで、左chがCalvaire、右hがWeissとのことである。ドラムはアルバムを通して叩きまくりのバトルが展開している感じ。tr.3はロックなビートとギターのリフからシンセが近未来的で伸びやかなテーマを奏でる。主役はドラムの2人らしく、ソロなのかなんなのか分からないが、歪んだギターのコードに乗せてとにかく凄まじいドラミングが続く。ただし、音が遠いのでそこまで耳障りでない。tr.4はようやくピアノが登場し、通常のジャズフォーマットにほっとされる人もいるに違いない。基本的にはピアノのリフの上にビニ―が分かりにくいテーマを吹き、ギターが合いの手を入れるような感じ。ピアノがコード進行に沿って伴奏しつつ始まるギターソロは、音色とフレーズからロジャースとすぐわかる(ライナーには右chとある)。『Dice』で聴ける、シングルコイルの、おそらくストラトを少しだけ歪ませたカラっとしたサウンドで、ソロの内容もあんな感じの超絶アウト系変態ブルース。長尺で2000年代前半のような超絶技巧を駆使したブレスレスラインは聴けないので不満に感じる人もいそう。ソロの終わりにはヴォーカルのコーラスが入り、途端にアンビエント感が漂うがテーマに戻る。曲の半ば以降はギターのシンプルなリフに乗せてこれまたビニーが吹きまくる。タイトルトラックのtr.5、これがアルバムのハイライトか。ピアノとギターで静かに始まり、ビニーがテーマの動機を奏でていく。1分半ほど過ぎたところでようやくメインの主題が現れる。アルバム中でも最もキャッチ―でシンプルでなんということのないメロディなのだが、やけに耳に残り、曲を終える頃には忘れられないものになっている。エスクリートのセンスあるバッキングを支えに、ビニーがそろそろとアドリブをとり始める。ピアノとドラムの音像が遠いのがやっぱり気になる。徐々に音数が増えて盛り上がっていき、また静かなピアノのリフからメインテーマに戻る。 ギターソロはクランツ。ロジャースと違い、フュージョン寄りの分かりやすいジャズブルースでギターファンには一番美味しい。開放弦を絡めたトレモロも飛び出て盛り上げまくり、演奏は最高潮を迎える。思わず長くなってしまったので残りの曲は割愛するが、個人的にはシピアジンの1378と並んでコンテンポラリー・ジャズの代表的名盤と言ってよいと思う。ジャズだけが好きという人以外、すべての人にオススメしたい。


【1376】☆☆☆☆
Lage Lund / Idlewild
2014.11.6録音
Lage Lund / g
Ben Street / b
Bill Stewart / dr
1.Pumspringa 2.Intro to rain 3.Come rain or come shine 4.Son in love 5.Isn't this my sound around me? 6.Mirrors 7.Just one of those things 8.Intro to chance 9.Chance 10.Good morning heartacke 11.Straight street 12.Idlewild
tr.1,2,8,12がラーゲのオリジナル。tr.5はバーンスタインも演奏しているB・ハッチャーソンの曲。tr.1などでアコギの伴奏がオーヴァーダブされているので純粋なトリオ作品とは言えない(ジャケがGibsonのES-350??の写真なのでその音か)。オリジナルとスタンダードをバランス良く配置し、演奏も期待通りに秀逸。tr.3,5などを聴くと本当に巧いと思う。しかし、どうしても私はビル・スチュワートのドラムが嫌いなのである。どうしてこんなにタムをドタンドタン叩いて空気を読まずにうるさいのだろうか。そしてどうしてこんなにも彼は起用されるのか私には理解できない。それに加え、なぜかベースの音が遠くて小さく、録音の情報量が全体的に薄い感じがある。というわけで、ラーゲは良いのだが☆1つ減点。


【1377】☆☆☆☆☆
Dayna Stephens Featuring Walter Smith Ⅲ / Reminiscent
2013.10.29録音
Dayna Stephens / ts & bs (4)
Walter Smith Ⅲ / ts
Aaron Parks / p
Mike Moreno / g
Harsh Raghavan / b
Rodney Green / ds
1.Seems like yesterday 2.Isn't that so? 3.Blue in green 4.Unckle Jr. 5.A new beginning 6.New day 7.Contrafact 8.Our world 9.Walt's waltz 10.Blues up and down
tr.3,5,10以外はスティーブンスとスミスの作が並んでいる。最初に断っておくと、モレノのギターは全然出てこない(ジャケには全曲で参加しているように見えるが)。曲の良さに加え、2ホーンの出来とパークスの演奏が素晴らしい。テーマのほとんどでユニゾンではなくハモっていてクラシック的に言うと緩徐楽章が多いというか、室内楽的な雰囲気も感じられる(パークスの影響もあるだろう)のだが、ダブルテナーの重量級の太い音色が絶妙にマッチして行儀が良すぎない。かといってtr.10のようなアップテンポのブルースもあり、トータルとしてのバランスもいい。数曲のみ入るモレノは相変わらずの安定したプレイ。際立つフレージングはそれほどないが、2管の中でギターの音色が絶妙な清涼感を醸し出しており、名プレーヤーが多い中でもダイナがわざわざ起用したのも頷ける。ギターファンには物足りないが、オススメ。


【1378】☆☆☆☆☆
Alex Sipiagin / Balance 38-58
2014.10.6録音
Alex Sipiagin / tp,fh
David Binney / as&ss
Adam Rogers / g
John Escreet / p
Matt Brewer / b
Eric Harland / dr
1.38-58 2/Way to her 3.Momentum 4.Echoes of thought 5.Balance 6.Yragon 7.Trio whale
大傑作。tr.1-5がシピアギン、tr.6,7がビニーの曲である。多彩な曲にメンツに演奏に、何もかも最高すぎる。tr.1は変拍子の不可思議なテーマで始まり、シンセとエレベの伴奏にペットにアルト、ギターの音色が見事にマッチして完全に私の好きなコンテンポラリー・ジャズ。私が最も好きなドラマー、E・ハーランドがとにかく全編に渡って最高で、手数が多く色々やってくるのはB・スチュワートみたいなんだけど彼よりもうるさくない(苦笑)tr.3は音数の多いテーマから始まってまずはロジャースがソロを取り、テンション高いまま管の2人が絡み合いながらソロ。続くエスクリートのソロが大爆発で、クラシックで例えると初期のシチェドリンとか、エシュパイとか、ロシア系作曲家の打撃系大爆発な演奏で最高!!そこにハーランドのこれまた最高なドラミングが煽りまくりで、カートの『レメディ』のtr.3みたいなピアノとドラムの脅威のシンクロが聴けて大興奮。リーダー作品はイマイチ好きになれないベースのブリュワーのエレベも随所で良く聴いている。tr.4も各楽器のテーマのモアレが美しい。tr.5はいつものジャズなフォーマットと作風で一息付ける。そしてtr.6、実はこのアルバムの主役はエスクリートであったことに気付かされる。緊張感と高揚、クラシックとジャズ、そしてロックのダイナミズムを内包して弾きまくる彼のソロはtr.4に続いて名演。肝心の我らがギタリストのロジャース、前半は手グセのアウトフレーズが多くイマイチだが後半になるにつれて大活躍。音色もリーダー作みたいに鼻詰まりのような音になってない。そして最後のtr.7は歪んだギタートーンによるリフで始まるロック風な曲。おそらくはストラトのシングルトーンとディストーションの音色だと思うが、この内容てんこ盛りのアルバムのラストを見事に飾っている(1箇所、ミスったのかリフで音抜けがあるようだが)。録音もいつもながら良い。書き忘れたがリーダーのシピアギンも時折フリューゲルホルンに持ち替えて音色の変化を出しつつトランペットのアルバムにありがちな「胃もたれ感」が起きないよう構成力のあるソロを聴かせている。個人的にはクリスクロスを代表する名盤だと思う。超オススメ。


【1379】☆☆☆☆
Adam Rogers - David Binney / R&B
2014.2.18録音
Adam Rogers / g
David Binney / as
Reuben Rogers / b
Gerald Cleaver / dr
1.Ah-Leu-Cha 2.Instrospection 3.In love in vain 4.Africaine 5. Don't misunderstand 6.Sippin' at bell's 7.Skydive 8.My ship 9.I feel a song coming on
ロストトライブ時代からの盟友同士による双頭作品。2人のオリジナルはなし。タイトルに偽りありで、基本的には思い切りジャズ。前半はギターとサックスが絡んだテーマで、似たような雰囲気の曲が多くて胃もたれするのだが、tr.6など何も考えずに楽しめる曲もあるので後半につれて印象が良くなってくる。ロジャースのバッキング能力の高さに驚かされる。ど真ん中スタンダードtr.3の出来が良い。でもやはり金太郎飴な感は拭えず、鍵盤が欲しかったかな。


【1393】☆☆☆☆☆
David Gilmore / Transitions
2016.9.19録音
David Gilmore / g
Mark Shim / ts
Victor Gould / p
Carlo DeRosa / b
E.J. Strickland / dr
Gregoire Maret / harm tr.4
Bill Ware / vib tr.8
1.End of daze 2.Beyond all limits 3.Blues mind matter 4.Bluesette 5.Both 6.Spontanuity 7.Kid Logic 8.Farralone 9.Nem Un Talvez
ギルモアのオリジナルはtr.1,6、tr.3,8がハッチャーソン、tr.5がG・ピーコックの曲。ギルモアは別レーベルのリーダー作を聴いてちょっと合わないかなと思って敬遠していたが、クリスクロスなら聴かねばなるまいと購入。これが当たりだった。アップテンポでロックの激しい雰囲気があるオリジナルtr.1、W.ショウのtr.2、お喋りなブルースのtr.3、静かに始まってハーモニカが主役のtr.4(この演奏が凄すぎて感動した)、カントリー・ジャズみたいでセリフも入るtr.7など、曲ごとに極めてバラエティに富んでいる。ギターは取り立てて個性的な演奏はないが、バップでもなくかと言って先鋭的過ぎでもなく、強いて言えばメセニーの第3世代という印象。もう1つのオリジナルであるtr.6でもわずかに歪ませてテナーと絡み、ソロにはジョンスコみたいなところも垣間見える。ハッチャーソンのtr.8にはヴィブラフォンを入れたのも洒落ていてストレートなジャズに仕上がっており、アルバムの中では新鮮に聞こえる(ギターソロでは一瞬メセニー風フレーズも聞こえる)。今をときめく個性的なギタリストのようなキャラクターは無いが、トータルとして完成度が高く、聴きごたえがある。オススメ。


【1402】☆☆☆☆☆
Lage Lund / Terrible animals
2018.4.26録音
Lage Lund / g & effects
Sullivan Fortoner / p
Larry Grenadier / b
Tyshawn Sorey / dr
1.Hard eights 2.Aquanaut 3.Suppressions 4.Haitian Ballad 5.Ray Ray 6.Octoberry 7.Brasilia
これは傑作。「エフェクツ」とわざわざクレジットにあるように、いくつかの曲でふぉおお〜んとピッチが揺れるギターかなにかの変な音(失礼)がオーヴァーダブされている。いわゆる普通のジャズファンは毛嫌いするかもしれないが、しかし広い意味でプログレ、音響系にも漸近したこの作品のクリエイティブな質の高さを聞き逃すのはあまりに惜しい。YouTubeにもライブが上がっているtr.1は、こちらの完成度のほうが高いのが彼のエフェクト使用の成果だろう。tr.3の展開の妙、tr.4の開放弦を絶妙に活かしたギターの音色も語り口も素晴らしい。前述のYouTubeライヴ(大盤振る舞いで1時間以上ある)より、ジャズには珍しいスタジオワーク感のある的なこの作品の雰囲気のほうが個人的には好み。



スポンサーサイト



Criss Cross Jazz レーベル | コメント:0 | トラックバック:0 |

ラーメン食べ歩き記録(2021/2/5)

2店追加(2/5)
通算100軒到達(2020/10/21)→99軒の間違いでした(2021/2/2)
醤油ラーメンについて追記(2020/6/11)
頻度を削除し、何店か追加(2020/4/10)



ラーメンが好きだ。

週に1度は必ずどこかで食べる。今までに食べたラーメン屋を、一覧にしてまとめようと思い立った。全く、暇というのは人間にあらぬ行動を思い立たせるものだ。ラーメンの種類か、店名順か、それとも場所で分類するか、悩んだがとりあえず適当に並べてみる。ネットで閉店が確認できたものはその旨を記載した。長いこと行っていない店もある。自分の為の備忘録的な一覧である。

満足度:100点満点で適当に付けた。
95点:その店に出かけるために用事を作りたくなる
90点:いつ食べても大満足できる
80点:いつ食べてもほぼ満足できる
75点:食べて満足するか後悔するかの分岐点
70点:いつ食べても若干の不満が残る
69点以下:基本的に2度と行かない

【2021/2/4現在101軒】

<青葉>
中華そば青葉中野本店:84点
中華そば青葉池袋サンシャイン点:83点
中華そば青葉新宿店:83点
中華そば青葉北千住丸井店:85点(閉店)※ラーメンにハマるきっかけを作った店
中華そば青葉吉祥寺店:83点

<大勝軒>
東池袋大勝軒本店:72点 ※例の閉店ギリギリに初めて食べる。1時間半並んだ
大勝軒足立区役所前店:67点(閉店)
東池袋大勝軒 新化家(調布):59点

<ラーメン二郎>
二郎池袋東口店:70点
二郎新宿歌舞伎町店:69点
二郎小滝橋通り店:77点
二郎目黒店:72点
二郎神田神保町店:78点
二郎桜台駅前店:90点
二郎新小金井街道店:87点
二郎府中店:89点
二郎立川店(休業中)85点
二郎ひばりヶ丘店:88点
二郎西台駅前店:91点

<二郎系インスパイア>
ラーメン富士丸神谷本店(王子神谷):77点
ラーメン富士丸西新井大師前店:79点
ラーメン富士丸板橋南町店:75点(閉店)
麺や あかつき(駒込):77点
ラーメン英二(北府中):76点
郎郎郎(調布):72点
蓮爾登戸店:68点

<麺屋武蔵>
麺屋武蔵池袋店:83点
麺屋武蔵渋谷店:82点
麺屋武蔵新宿本店:78点
麺屋武蔵高田馬場店:85点
麺屋武蔵吉祥寺店:83点 ※メニューと味が結構変わる

<中本ほか辛い系>
蒙古タンメン中本新宿西口店:76点
蒙古タンメン中本上板橋店:76点
旨辛ラーメン表裏水道橋店:82点
麺創研 紅 府中店:95点、80点(鬼紅)
麺創研 紅 国分寺店:92点

<東京都東部~西部>
麺屋吉左右(木場):96点
田中商店(六町):76点 ※ 店の最寄りが梅島駅だった頃はよく行った
武藤製麺所(竹ノ塚):85点
中華そば 椿(西新井):94点(閉店)
中華そば 椿(池袋):92点(閉店)
中華そば 椿(王子):90点(閉店)
中華そば屋 伊藤(王子):80点
The Outsiders(大崎):76点
一蘭 渋谷店:72点
ラーメンむてっぽう西池袋店:74点
俺の空 池袋店:73点
俺の空 高田馬場店:72点
つけ麺屋やすべえ池袋店:79点
つけ麺屋やすべえ水道橋店:77点
めん徳二代目つじ田 御茶ノ水店:95点
TOKYO UNDER GROUND RAMEN 頑者(池袋):92点
麺屋優創(新大久保):93点(魚介味噌)、92点(豚骨和出汁)
俺の麺 春道(新宿):86点
くじら軒 新宿店:76点(閉店)
桂花ラーメン 新宿 東口駅前店:72点
つけ麺 五ノ神製作所(新宿):80点
つけ麺えん寺吉祥寺総本店:82点
めん処 本田(東十条):95点※ 旧店舗 現在 95点
燦燦斗(東十条):85点
中華めん処 道頓堀(成増):78点
味噌一 常盤台店:70点
morris(大山):90点
らーめん一番(小竹向原):79点
丸長 沼袋店:70点(閉店)
無鉄砲中野店:72点 ※ 沼袋が最寄り
つけ麺花みずき(野方):82点 ※ 峰竜太さんが1人でいらっしゃっていて後日アド街で「食べた」と発言されていた(偉い)
たいほう(武蔵関):75点
麺処 井の庄(石神井公園):80点
幸来(上井草):76点
麺屋わおん(上井草):83点
奨苑(上石神井):70点
一圓(上石神井):69点
ラーメン屋ジョン(武蔵関):85点(特製醤油)、81点(特製煮干)
丸源ラーメン 練馬関町店:73点
荻窪中華そば春木屋:75点
麺屋さくら井(三鷹):90点
中華そば しば田(仙川):80点
柴崎亭(つつじヶ丘):85点
らーめん HAGGY(柴崎):84点
熊王(国領):73点
和屋(国領):80点(閉店)
横浜ラーメン 武蔵家(国領):74点
中華そば いしかわや(国領):74点
八王子ラーメン 如拙(国領):65点
つけめんTETSU 調布店:87点
たけちゃんにぼしらーめん(調布):80点
喜多方ラーメン坂内調布店:73点
横浜家系 助格屋(調布):70点
たから家(調布):70点
たつみ(調布):71点
江川亭小金井本店:72点
らーめん愉悦処 鏡花(立川):84点
楽観(立川):74点
麺処 井の庄(立川):79点
立川中華そば ととホンテン:72点
味麺おがわ屋(八王子):74点

<東京都以外>
味の三平(札幌):69点
和醸良麺 すがり(京都烏丸):91点
麺匠 たか松(京都四条):82点




この中で最近最もお気に入りなのが府中の『麺創研 紅』の紅ラーメン。

紅

アラフォーになるにつれて辛いものが好きになり、ラーメンも例外ではなかった。有名な中本は蒙古タンメンを何度も食べ、いよいよ北極に挑戦しようと思いココイチで4辛を食べるなど事前に練習してチャレンジしたが、それでも辛過ぎて味を楽しめなかった。水道橋の表裏は中本に不足していた「ガッツリ感」と「肉感」を、特製麺と特大の唐揚げで見事に充足してくれたが、スープの旨味と深みのある辛さが物足りなかった。

そこに登場したのがである。コクのある豚骨に熟成味噌を加えたスープは辛さに負けない存在感があり、何より太さが不均一な自家製乱切り麺がモチモチした生パスタというか山梨のほうとうのようで最高に旨い!そして、中本に不足していた肉を喰らう満足感も大量の豚のバラ肉で満たしてくれる。極めて完成度の高い一品。以前は北口すぐの線路沿いにあったが、今は南口すぐの商業施設1Fに移った。そこでも大行列である。国分寺にも同様の店舗がある。

※追記:同店で最も辛い鬼紅ラーメン(バラ肉増し)を初めて注文。

鬼紅

辛さは中本北極ほどでなく食べやすいが、大量に増えたラー油??でスープ表面に油の層ができてしまい、ヌメヌメと油っぽく味が薄く感じられてイマイチ。80点。




私はスタンダードな中華そば・醤油ラーメンをあまり好んで食べないが、コロナ自粛前と最近の宣言解除後にたまたまラーメンデータベースで醤油ラーメンランキング3位麺屋さくら井(三鷹)と11位の中華そば しば田(仙川)を食べたのでちょっとだけコメントを。

上のレビューを見ればわかる通り、私が都内で食べた(それほど多くはないが)中華そば・醤油ラーメン系で最も好きなのは、大山駅近くのmorrisである。言葉は悪いが、本当にスタンダードなラーメン。しかし、無化調で優しい味ながらも物足りなさを感じさせない滋味深いバランスの素晴らしい味なのだ。私が通っていた時は行列などできる気配もなくて心配したが徳島に新店を出されるなど順調なようだ。職場が変わって以来、久しく行っていないので、また訪れたい。お近くに行かれる際は是非。

※ ラーメンとは全然関係ないが、大山にあるビストロ クレール(Bistro Clair)というフレンチも大変オススメである。ご夫婦は嫁の友人であり(たまに給仕を手伝っていたらしい)、さらに奥様は私の高校の先輩でもある。いかに飲食店の経営が大変で、どれほど人生を懸けて日々料理を提供されているかを聞いているので、この状況下にあってささやかながら応援したく、紹介した次第。




新規来訪や再訪の度に更新する予定・・・(その度に上げると鬱陶しいかな)


グルメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

麺処 ほん田 東十条店

その機会は思いのほか早くやってきた。


思いがけず平日昼間に職場を抜け出す時間が取れたので、遠路はるばる(というほどでもないが)東十条まで行ってきた。麺処 ほん田 である。前職の時によく自転車で通ったのを懐かしく思い出す。個人的にラーメン最高峰のほん田が季節限定?とは言え二郎系を作っているというのだから、期待に胸が踊る。


まず食券を買ってから並ぶシステム。近所からクレームが来たのか、なんと道路の反対側に行列を伸ばしていくようになっていた。12時少し前に着いたが、行列は8人待ちほど。回転が早く、並び始めて10分も立たずに入店、ロットの最後という運の良さで席について数分で着丼。


IMG_20210203_181309.jpg


注文したのは小ラーメン、野菜ちょいマシ、にんにく少し、である。麺の量は250g、ビジュアルは完全に二郎系のそれだが、少しこじんまりとしているか。麺は私の好きな極太の府中二郎と比べると細く感じるが、二郎的には標準的な中太で、ややモチモチしており、ちぢれ具合も適度でスープへの絡みが良い。そのスープだが、一口飲んだときのインパクトは二郎本流よりも薄い。しかし、私にはこれこそが二郎系インスパイアに求めていたバランスなのだとすぐに悟った。齢40を過ぎ、もはや二郎系の喫食後半は味がクド過ぎる身体になってしまったからだ。カエシの甘味がほんのりと残り、醤油と脂の後味は(二郎系としては)最後まで美味しく頂ける濃さ。キャベツともやし半々の野菜が適切な箸休めとなって、再び麺とスープと格闘が続けられる。チャーシューはデフォルトで写真のように大きめのが2つ。ホロホロと柔らかく脂が滲みすぎておらず、やはり塩加減も適切。少しだけ入れてもらったにんにくを途中で混ぜてスープを味変。あっという間に完食した。


率直に言って感動した。


以前、西台二郎が私的過去最高の二郎だと書いたが、このほん田はそれを上回った。脂に塩加減、麺の量、野菜、いい歳のおっさんには何もかもがちょうど良い。是非季節限定と言わずにレギュラー化して欲しい。

というわけで、足を伸ばして食べに行く価値のお店であった。次は野菜マシ、にんにくちょいマシが私には良さそうだ。また再訪したい。

グルメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

ラーメン屋ジョン

テレビのニュース番組で見かけたお店に行って見た。西武新宿線武蔵関徒歩1分、「ラーメン屋ジョン」である。


店主はベトナム人??で、夫婦で切り盛りしている。店主名店として知られる「麺処ほん田」で修業したという。ほん田と言えば、前の会社に居たときに東十条の本店にはよく通ったものだ。今は秋葉原に本店が移転し、抜けた東十条にはなんと二郎系をopenさせたらしく、訪問する機会をうかがっている。

さて、ラーメン屋ジョン。煮干系が人気らしいが、まずはベタに特製醤油中盛を頼んでみた。

johon.jpg

ここ数年(10年経つ??)「無化調醤油」が流行りなのか最近では三鷹の麺屋さくら井が記憶に残っているが、一口すすってみてまさしく同系統の味である。

・出汁を活かすためにかなり薄味
・ワックスのようにテカテカ光ったスープ
・ほうれん草などの緑の野菜がin
・チャーシューは低音調理で鶏ハム風含め数種類

という特徴でくくられよう。スープは非常に繊細で、最初の一口はシンプル過ぎて出汁感も感じられないのだが、ストレートの細麺ですすると徐々に鶏ベースの深い滋味深さが目立ってくる。「さくら井」同様に脂は強めなものの、二郎系の豚脂とは違い、テカテカしていながらサラサラとしていて脂っこさは強くない。後味は甘味が強く、ここが「さくら井」と違うところだ。薄味スープが麺に負けないように麺は細め。日本そばのような雰囲気もあり、スープの絡みもよい。煮玉子もスタンダードな火の入り具合で、やはり薄味で統一感が取れている感じ。

本音を言うと、この「鶏ガラベースの無化調醤油」ラーメンは一番好きなタイプではない。だが、作りが丁寧でどのお店も外れが少なく、嫌いではない。個人的にはもっとクッキリした味わいで「太麺」「肉感」を出したラーメンの方が好きなのだが、それでもこの完成度の高さには85点はあげられる。夫妻の丁寧で親切な接客も印象に残る。


次に行く機会があったら煮干系をオーダーしてみたい。
グルメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

Keith Cross & Peter Ross / Bored Civilians 再発アナログLP

思い入れの盤の再発LPが出ているとは知らず、とっくに売り切れだったが、このご時世に運良くAmazonで海外から安く届いた。

Keith Cross & Peter Ross / Bored Civilians

bored.jpg

クラシックにしろジャズにしろ、あるいはロックにしても、リアルタイムで音楽シーンを追いかけていないために、情報が後手後手になってしまうので毎度ながら反省(基本ユニオンで中古で買うせいかな・・・)。

アルバムの内容は以前のレビューを見て頂くとして、音質面の話。

私が持っているのは、

①「時の旅人」の邦盤
②ESOTERIC盤
③今回の再発アナログレコード

だ。ちなみに現在、ディスクユニオンが店舗でもヤフオクでもオリジナル盤を売りに出しているが、税込みで7万overという価格である。4年前に私がオリジナル盤を買おうかどうか悩んだときは4万円行かないくらいだったので、この数年で2倍になってしまってもう完全に手が届かない。。


さて、気になる音質。


①は、元々がデッカの優秀録音なので文句無し。ギターを嗜む人間として、アコースティックギターの音色が良い判断材料になるが、弦の振動の艶やかさが見えるようでこれでなんの不満も無い。

②は、音にうるさいESOTERICのリマスターだけにさらに高音質。煌びやかさというか、音がよりクリアに、見通しが良くなった感じ。ただし、耳馴染みの良さという点では①のほうが自然かも。イコライジングでいじっただけではないかという人がいるかもしれない。私の場合は車の中でBluetoothで飛ばして聴くことが多いので、この環境下では②のほうが好みだ。

そして今回届いた③のアナログ。これが素晴らしい。音色が太く、レコード特有の空気感の表現が秀逸極まりない。デフォルメされた表現ながら、なぜか音に生っぽさが加わるのが不思議だ(これはD・フェイゲン「ナイトフライ」でも感じた)。アコギの弦を震わせるボディの鳴りまでが見えるような感じで、コーラスの厚みがより前に出てくるような迫力がある。ヴォーカルの高音域がややヒリ付くが、これは元の録音のせいもあるかもしれない。とにかく、これが4000円弱で手に入るのなら、アナログ好きの方には見逃して欲しくない音質だ。


というわけで、買えないオリジナル盤の留飲を下げるのに十分すぎる音質であった。改めてアナログの魅力に気付かされた。先日のジミヘンのアナログも、もう少しセッティングを煮詰めて聴き直してみようと思う。こんな凄い盤の発売に数年間気付かなかったなんて、危なかった。。もう少し定期的に情報を仕入れるようにしないと。
アナログレコード | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>